MP40's Modelguns Forum

International Forum for Modelgun enthusiasts
 
HomeFAQRegisterLog in

Share | 
 

 Transferred pages from Shiraaya's Website

View previous topic View next topic Go down 
Go to page : Previous  1, 2, 3, 4 ... 9, 10, 11  Next
AuthorMessage
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 2:28 pm

MGC Beretta M9


MGC製ベレッタM9



 MGCのベレッタM9ABS)。
 購入したものではなく、同好の士「ハイキャパさん」から無償でいただいたもの。
 私の手元にあるベレッタはマルシンのものばかりで、
MGCのベレッタは初めて。発火性能は一級品ということであるので、大変楽しみである(^^)。

 お譲りいただいた段階では、トリプルキャップ仕様のカスタムカートを使用するように変更されていたが、さすがにこれは怖く、発火仲間の「
GUN_PBさん」からオリジナルのディトを譲っていただき(いつもすいません^^)、通常のCPカート仕様に戻してある。

 マルシンのモデルと比べてみると、まず各SP類のテンションはMGCのほうが格段に強い。
 特に顕著なのがハンマー
SP。マルシンの倍近くのテンションがあるのではなかろうか。私のマルシンベレッタは、同社のM712用ハンマーSPに換えてあるので、オリジナルの状態よりもかなり強力になっているが、それでもMGCよりは弱い。
 また、リコイル
SPも強力。マルシンのほうが自由長は長いが、SP自体の系はMGCのほうが太い。
 強力な
SPによるハンマー打撃面の変形防止用に、MGCハンマーには鋼材が埋め込まれている。
 ショートリコイルの方式も違う。機構はうまく説明できないのでパスするが(
^^;MGCのほうがスムーズにバレルが後座する感じである。
 エジェクターの先端形状も
MGCのものは手が込んでいる。
 外観は当然ながら大変よく似ており、黙って手渡されると、一瞬どちらがどちらかわからなくなる。

 なお、
MGCのモデルには、マルシンに対して絶対的な有利なポイントが一つある。
 それは錆びないこと。もちろん当たり前の手入れは必要であるが、その当たり前の手入れをしても、まま錆びるマルシンのマガジンに比べ、
MGCのマガジンはほとんど錆びない。これはお見事というしかない。このことだけで、MGCモデルに軍配が上がるのではないだろうか。

 今回のモデルは塗装がされていたが、これがどうしたことか内部のレール部にまで及んでおり、いただいた段階では動きが大変渋かった。
 聞けば、「ハイキャパさん」も、何かの折に譲られたものだそうで、その段階で既に塗装され、カスタムカート仕様に変更されていたそうである。
 とにかく、このままではまともに動きそうになかったので、レール部の塗装を剥がし、動きが滑らかになるようにした。外部の塗装も剥がしたいが、それは後日ということにする。 

 発火ムービーはマガジン、計45発。
 まず、
CPカート、HWインナー、銀キャップで一気に15連射。これは途中2回ほど不発があり、ダブルでリカバーしている。
 ついで、
CPカート、ガス抜きインナー、銀キャップで4カットで15連射。時折炎が見えたりして面白い。
 最後は、
CPカート、HWインナー、金キャップでこれも一気に15連射。こちらは不発もなく完射。ただし、向かい風の状態であったので、煙幕がかかったような状態になってしまった。
 それでも、最終弾発火後、霧が晴れるようにガスが消えるにしたがい、モデルがはっきり現れてくるところは面白いかもしれない。

 発火音は正直言って期待倒れ。もう少し大きいものと思っていたが、ちょっとしょぼかった。バレル内径が細いためだと思う。基本構造はまったく一緒な40口径の
M96はいい発火音がするらしいが・・・。

 でも気に入りました(
^^)。素材はHWより丈夫なABSだし、マガジンは錆に強いとなれば、発火には最適。ただ、心配なのは、パーツ類の供給体制。今でもバレル、手に入るのかな・・・。



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 22, 2011 3:12 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 2:30 pm

MGC Beretta M9



MGC Beretta M9 Models



MGC Beretta M9 ABS
Rather than bought, like-minded person, "says Haikyapa" What you in for free.
Beretta in hand just what I Marushin, MGC Beretta is the first time. Since the fire performance is that the trimmer is very fun (^ ^).

At you transfer it, which had been modified to use a cart custom design cap triple, this truly is a scary, fellow fire "GUN _ PB's," you hand over Dito original to (sorry always ^ ^), a CP back to normal cart specifications.

Compare models and Marushin and each of the first kind of tension MGC SP is much more intense.
Most notably the hammer Spring. I fear there is tension in the Marushin nearly doubled. My Marushin Beretta the company's M 712 Spring I have replaced hammer, and has become much stronger than the original condition, still weak from the MGC.
The Spring powerful recoil. Marushin free length is longer better, SP system itself is rather thick MGC.
SP powerful hammer blow for the prevention of deformation of the surface, MGC has been embedded with steel hammer.
Shotorikoiru have different methods. Although mechanisms can not explain the path (^ ^;, MGC is a barrel after a smoother sit feeling better.
The shape of the tip of the ejector MGC are tricky things.
Are very similar in appearance, of course, to be passed in silence, one moment you will understand that either.

In addition, MGC's model, there is one absolute point advantage for Marushin.
It will not rust. Care must be taken for granted of course, but also to its natural condition, without rust than the Marushin magazine, MGC magazine is almost rust. That this is just amazing. This alone, MGC would not do the models capture the title.

Although this model has been painted, and extend to the internal part of the rail for some reason this stage, you are very渋Katta movement.
I hear, "says Haikyapa" also, but it was ceded to it the occasion of what has already been painted at that stage, so that specifications had been changed to a custom cart.
Anyway, anyway, so it was not moving properly, the paint peeled off the rail, so that the smooth motion. The coating also剥Gashitai outside, it will be a later date.
The magazine firing three movies, from 45 in total.

First,
CP cart, HW inner stretch cap 15 blazing silver. It has a misfire during a couple of times, to recover double.
Then, CP cart, inner vented, silver cap blazing 4-cut 15.
Flames could be seen occasionally for fun.
Finally, CP cart, HW inner blazing metal caps 15 which also stretch. This is complete without a shot explode. However, it was a head wind conditions, has become such a condition took a smokescreen.
However, after firing the last bullet, according to disappear like fog to lift gas, where the model clearly emerges might be interesting.

Firing sound is expected to fall to be honest. I was a little bigger, a little Shobokatta. I think so thin inner barrel. The basic structure with 40-caliber M 96, but seems quite good・・・firing sound.

I like it (^ ^). Made from durable ABS HW However, if it comes to the magazine rust resistant, perfect for firing. But the concern is, parts supply system. Barrel still Maybe・・・get.


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 22, 2011 3:32 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 2:35 pm

MGC BERETTA M9 VIDEO


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:34 am; edited 2 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 2:37 pm

MGC BERETTA M96
MGC製ベレッタM96



MGC製の40口径HWベレッタM96。
 M9(92)シリーズの一つとして発売されたものであるが、あまり数は出ていないそうである。
 使用カートは40S&W弾を模したリアルタイプのもの。
 このタイプのカートを使用するモデルガンはこれしかなかったように思う。
 販売数が少ないことから、コレクターの方には人気が高いようでオークションなどを見るとかなりいい値段で取引されている。
 なお、内部構造はM9と同様。

 今回のモデルは、先日、同好の士「ハイキャパさん」からお預かりしたモデルの内の一つ。
 オリジナルのバレルが破損したことから、M9のバレルチャンバーを約1ミリ広げて40弾が入るように加工(すごい!)し、それとスライドのスライドストップの作動面を少し手直ししてあるらしいが、それ以外はまったくのノーマルとのこと。

 「発火専用だからぶっ壊してもかまわん」との力強いお言葉をいただき、遠慮なく発火させていただくこととした。

 9ミリ弾よりも太い40弾を使用するため、マガジンへの装填数は10発となっている。
 45弾ほどではないにしろ、9ミリ弾に比べるとややずんぐりしたカートにHWインナーをセットして、いざ発火。
 いや、こりゃ面白い!
 前回発火した9ミリM9とは発火音がまるで違う。えらく大きい。
 それにHWであるからリコイルショックも強く、実に愉快痛快。
 以前から、「発火するならM96」と聞いてはいたが、確かにそのとおりだと思う。

 嬉しくなって、そのまま収録に突入。
 連続して3マガジン30発を一気に発火したが、あったトラブルは不発が1回だけ。
 それもすぐダブル操作でリカバー。
 最終弾発火後のホールドオープンもピシリと決まり、もう感激である(^〇^)/。

 いいですねぇ、このモデル。
 ただ、心配なのはバレルとかの消耗パーツが今でも入手可能かどうかということ。

 あと、カートに関してであるが、40S&Wと旧45CPスモールカートとは互換性があるということを以前聞いたことがある。
 ただし、私は未確認。
 ご存知の方がいらっしゃればご一報願いたい。

 数が少ないモデルということで、お持ちの方も未発火のまま大事にされているかもしれない。
 別に無理強いするつもりはないが、この得がたい快感をすぐにでも味わえるのに、みすみす、見逃しておられるというのはなんとももったいない。
 是非発火をお勧めする。




_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 22, 2011 3:35 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 2:40 pm

MGC BERETTA M96

MGC Beretta M96



MGC 40 caliber Beretta HW M96. M9 (92), which was released as a series, much of it is not out. 40S & W using the cart of the type that mimics the real bullets. Using a model for this type of cart that I had to this.
From the small number of sales, collectors who have been trading at pretty good prices at auctions and make you look popular. The internal structure is similar to M9.



This model was recently, like-minded person, "says Haikyapa" one kept from the model. Corrupted from the original barrel, M9 bullets so it can process 40 extends approximately 1 mm in Bareruchanba (fancy), and there seems to be a little rework of the operation side of the slide stop it and slide it It is quite normal and not.
"It does not matter even if only from the fire ruined," you strong and your words, you feel that you will be fired.
To use a 9mm bullet shells thicker than 40, the number of magazines has become loaded with 10 rounds.
In about 45 bullets, if not slightly stocky compared to Cart 9 HW millimeter bullets to set the inner fire emergency. Well, funny exciting! M9 9 mm and the last fired firing completely different sound.
Kii Hiroshi mighty. And from the HW Recoil shock stronger, thrilling really funny.
Historically, "If the fire M96" was heard, but I think certainly that's true. Been happy, as it entered the recording. The 30 shots fired at a stretch continuously for 3 magazine, has only once had trouble explode.
Recover it immediately double operation. Pishiri also decided to hold open after firing the last bullet, the more excited (Yes ^ ^) /.
What a good model. But the concern is that if parts are still available or barrel wear.
Also, be on the cart, 40S & W and the former is a small cart and 45CP have heard before that it is compatible.
However, I'm not sure. Hopefully If anyone know let me know. The small number of models that may have not even care who still have fire. Coercion is not going to separate, but now I enjoy the pleasure of this得Gatai, Misu Misu, that is a shame he missed them?. Recommend the firing means.



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 22, 2011 3:44 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 2:43 pm

MGC BERETTA M96 VIDEO


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:36 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 2:56 pm

MGC SIG SAUER P210
MGC製SIGP210



 MGCブランドのSIGP210。
 このモデルを見ると懐かしさを感じる方もいらっしゃるのではないだろうか。二度にわたる規制後、初めて発売された樹脂製オートマチックブローバックモデルガン(当時の製品名は「
SP47/8」)。大げさに言えば、モデルガン史に歴史を刻むモデルである。

 私も発売当時購入した。雑誌の広告で見かけ、後先を考えずに通販で注文し、両親にど叱られたことをはっきり覚えている。
 ただし、初めて手にとったときの気持ちは複雑。その軽さと樹脂特有の暖かな感触に強い違和感を感じた。
 樹脂は少し青味がかったもので、グリップは茶と黒のまだら模様だったように思う。外観も、スライド上部は波打っておりエッジもそれほど立っておらず、何かしら形というか造形に「曖昧さ」があった。

 そして内部構造も実に簡素。オリジナルとはまったく異なるMGC独自のもの。当然ショートリコイルしないストレートブローバック方式で、独立したディスコネクターもなく「引き落とし方式」。そのため、ハンマーがコックされていなくとも、トリガーを絞ると「カコン、カコン」とシアとトリガーの噛み合う作動音がする^^;。

 このモデルを目の当たりにし、モデルガンの将来に嫌気がさし、離れていったマニアもいらっしゃったと聞く。確かに黒い金属モデルで育った方にとって、このモデルの軽さと妙な暖かさは大きな打撃であったに違いない。

 使用するカートもまだキャップ火薬が発売される前であったので、当然紙火薬仕様のオープンディトネータータイプ。発火方式もサイドファイアであった。
 ただ、一般のサイドファイアモデルとは異なり、独立したFピンが設けられており、それもなんと金属!ところが、カート打撃面は偏心しており、いうなればリムファイアのようなスタイル。そのため、何度も同じカートを使用するとリムがボロボロに凹み、まったく用をなさなくなるのにはまいった。

 あまりのことに頭にきて、私、MGCに文句の葉書を出した(-_-メ)。
 曰く「これじゃ、カートが持たない。何とかして」と。
 そうしたところ、「安全対策であり納得願いたい」という内容の返事が返ってきた。
 しかし、国内で最も入手しやすいのは22口径リムファイア弾。たまたま、このモデルのカートは22口径によく似ており、そうすると、いわゆるリムファイア形式のほうが危険性が高いのではなかろうか。当時からそう考えており、その気持ちは今でも変わっていない(--)。

 ただし、子供のつたない字で書かれた、あまり好意的でない葉書にもちゃんと返事をくれた当時のMGCの姿勢には感服するし、感謝する。
 新たな樹脂製モデルを根付かせるために、メーカーとしても一所懸命であったに違いないが、それ以上に、子供であっても同等のモデルガンマニアとしておろそかにしないその態度には「モデルガンが大好き!」というMGCの情熱を感じた。
 かつてはそのような時代があったのである。

 さて、今回のモデルは再販もののHW製。いつものショップで新品購入したものであり、定価15000円のところ、・・・・・円で入手。ほかにもいろいろあったが、手にとって見ると懐かしくなり、また、実はこのスタイルに魅力(クラシカルで色っぽい!これに比べればP220やP226はダンプカー!)を感じていたため、30年ぶりに自分のものとすることになった次第。
 最初はきれいにブルーイングして飾っておこうかと考えたのであるが・・・。

 自宅に帰り、改めてよく見ると、やはりひけがかなりある。また、基本的には昔のままの金型を使用しているわけだから、造形の甘さはかつてのまま。内部構造も同様。
 なお、Fピンだけは樹脂製に変更されていた。
 表面の状態もざらざらしているので、少しきれいにしようとペーパーをかけたが、思いのほか荒れがひどくかなり削り込まなければならないため途中で断念。
 結局発火する羽目に・・・。


 カートは5ミリキャップタイプのCP。サイズはP08用と同じ。
 さて、サイドファイアというと装填時の暴発が付き物。念のため、カートに空キャップを仕込んで、装填時のカートの発火ピンの位置を確認すると、どうも当たっているとしか思えない。「これじゃ強制フルオートスペシャルじゃないの」と心配になったが、まあ、いっぺんやってみようとカートを6発準備し、早速発火。
 まずは装填時にいきなり暴発。「あちゃ、先が思いやられるなぁ」と思ったが、なんとそれ以降一度も暴発なし。これは今でも不思議。
 ただし、フィーディングかエジェクトが悪いのか、エジェクションポートにカートが残るジャムが発生。何度か分解して原因を確かめようとしたがどうもわからない。
 ところが、何度か発火させていると、暴発もしていないのにカートが2発飛び出すことがあった。「さては」と思い、マガジンリップを確認すると少し開きすぎでカートがぎりぎりの状態で保持されていることを発見。そこで、リップを両側からほんの少し閉めて再度発火したところ、これが大当たり。まったく問題なく連続発火に成功した。その後、2マガジン発火したが実に快調。
 ただ、びっくりしたのはインサートが抜けてきたこと。このモデルにインサートは前後に分割されており、前半部分はただ差し込んであるだけなので発火の衝撃で抜け出てきた。押し込んでも、発火すればまた抜け出してくるだろうから今は外してある。後日、バレル補強の意味で瞬間接着剤で再接着をする予定。バレルはメッキタイプなので耐久性が心配だ。そういえば、昔のモデルのバレルも割ったっけ・・・。

 なお、お遊びでフラッシュパウダーを使用してみたが、これが見事に決まった。あまりにうまく決まったものだから、それだけスローにして紹介してある。5ミリキャップカートとパウダーって相性がいいのかな?

 同じカートを使用するP08と同様、発火音は大きくガス抜けもよいので、予想外に迫力があり楽しめる。また、スライドもガバほどではないがまあまあ重みがあり、反動もそこそこ感じられる。意外と言っては失礼だが、実に面白い。
 考えてみれば、簡易な構造で発火に特化したモデル。作動の確実なCPカートを使用すれば、快調であるのは当然なのかもしれない。今ごろになって、かつてのMGCの設計のすばらしさがようやくわかった気がする。
 MGCさん、昔、変な葉書出してごめんね。

 金額面では留保がつくが、モデルガン初心者、あるいは発火マニアにはお奨めの一品。同じ価格帯なら、マルシンガバ(コマンダー)があるが、どちらを選ぶかはお好み。
 ただ、アフターのことを考えるとマルシンのほうが上かな・・・。




_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 22, 2011 3:46 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 3:01 pm

MGC SIG SAUER P210

MGC SIG P210



What some people might actually feel nostalgic look at this model. After two rounds of regulation, which was released first オートマチックブローバックモデルガン resin (product name of the time "SP 47 / 8"). Put a big, carved model of a model in the history of history.



I bought at launch. Look at magazine advertisements, by mail order without considering the consequences, that I distinctly remember my parents scolded etc..
However, when taken in his first feeling is complex. I felt a strong feeling uncomfortable with the warm light of the specific resin. A little bluish in the resin, I think that the grip was a brown and black mottling. And appearance, the upper edge of the slide is not too much standing and waving to form some kind of plastic or "ambiguity" was.
And internal structure than simple really. MGC something completely different and unique original. Of course not Shotorikoiru straight blow-back scheme, independent disco no nectar "withdrawal method". So, without necessarily being the hammer cocks, and squeeze the trigger, "Kakon, Kakon" to be operating with Russia and trigger mesh ^ ^.


To witness this model, disgusted with the future of a model, enthusiasts began to pull you come and listen. For those who grew up in a black metal model indeed, a strange light and warmth of this model must have been hard hit. Because it was released before the cart still used gunpowder caps, of course gunpaper Open Cartridge specifications. Fire was also side-firing system. However, unlike ordinary Side Fire models and independent F pins are provided, how the metal too! But the striking surface is eccentric to cart style if you will like Rimfire. Therefore, the same force again and again

Dent in the rim and battered the port to use, to become a for Nasanaku It came at all. It's so mad, I, MGC issued a complaint to the postcard (-_-menu.)
He says "Well it does not have the cart. To do something" with.
I do, "and hopefully convince safety" has responded stating that.
However, the country's most accessible Rimfire .22 caliber bullet. Happened to cart This model is similar to the 22 caliber, but then I fear more in the high risk form of the so-called Rimfire. So we have the time, that feeling still has not changed (--).


However, letters written in poor children, who then may still respond to the postcard very unfavorable position of the MGC will be impressed, thank you.In order to take root in the new plastic models, but also as a manufacturer must have been hard, more than that, the attitude of equal pay careful attention as a model enthusiast, even children, "a model I love! "I felt the passion of MGC. Once there was a such a time. Now, although this model made by HW resale. New purchases are always in the shop, just get , yen 15000 yen price. There were also many other's and nostalgia for the hand Kunari also really attracted to this style (classic and sexy! P226 and P220 are compared to this dump!) Because it was felt, and soon it was my first time in 30 years. I thought at first, but I'll be graced with a beautiful bluing. Back at home, look closely again, still have a good sink. Also, because it basically does is still using the old molds, plastic is still the old sweetness. Same internal structure.
Incidentally, Firing pin was changed to plastic. Since the state of rough surfaces, the paper tries to put a little cleaner, so should be abandoned rather badly cut込Manakere surprisingly rough. Eventually wind up firing.
Cart is designed to use 5mm cap CP. The size is the same as for P08. Well, that went off during loading and the inherent meaning and side-fire. As a precaution, the cap pulls an empty cart, and check the position of the cart when loaded firing pin, I can only imagine hitting that much.
"Well it's not compulsory Furuotosupesharu" was worried that, well, from 6 to prepare to try the cart perfunctory, firing once. First, sudden outbursts at the time of loading. "I need Oh, I have no idea what is going to happen," I thought, since it never went off without costs. This is still a mystery. But what's wrong with feeding or eject, jam occurs remains Ejekushonpoto cart. I do not know very much tried to ascertain the cause to break down a few times. But that will be fired several times, the cart that had 2 jump from even though I have not explode. "'m Guessing" and I found that the state is held in a narrow cart is a little too open and to confirm the magazine lip.
Therefore, we made a little fire from both sides again and close the lip, hit this. Successful continuous firing just fine. Later, two magazines fire was really good shape. But I was surprised that the insert has been missing. This model has been inserted before and after the split, the first part has been the impact of the fire get out there, so just plug in only. Push too, will come out of it and if the ignition has been removed.
Later, the bond will be re-drying glue in the sense of reinforcing the barrel. I'm worried about barrel plating type, so durability. By the way, what was the old model broke barrels. Incidentally, I use flash powder for fun, this is perfectly fixed. Too well because I dont have to slow to introduce all. Maybe I go together with powder 5 Mirikyappukato? P08 used the same cart as the sound may be missing because the gas ignited large unexpected fun there is power.
In addition, the slide also has a governor as decent weight, but also felt fairly reactionary. Sorry to say but surprisingly, very interesting. Come to think of model-specific fire with a simple structure. CP can be used reliably operate the cart on a course might be going smoothly. I turned around, I think I know once you finally MGC design excellence. MGC's, old postcards out weird sorry.
In terms of money, but get a reservation, a model for beginners, enthusiasts recommend firing or dish. If the same price range, Marushin (Commander) is there, or which to choose your favorite. However, how to think on Marushin better after that.



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 22, 2011 4:56 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 3:07 pm

MGC SIG SAUER P210 VIDEO


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:37 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 3:11 pm

MGC Sig Sauer P21 Slow-Mo Video

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:45 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 3:13 pm

MGC LUGER P08
MGC製・ルガーP08


(概要)

ABS製キットモデルです。

本来ストライカー方式であるファイアリングシステムがハンマー方式に変更されるなど、内部構造はMGC独特のもので、実銃とは全くかけ離れています。

反面、作動を最優先して設計されたようで、その発火性能には定評があります。

しかし、メンテナンス性は最低レベル。同社のオートマグと同様、前日から気合を込めていないと分解する気にはなりません。

初期には紙火薬使用のものがあったらしいですが、私のモデルは5ミリキャップの撃ちがらをインナーのガスシールとして使用する旧タイプのCPモデルです。

カートの大きさの割にはとんでもなく大きな音を出し、ガス抜けも最高レベルで発火好きにはこたえられないモデルです。

ただ、あまりの音の大きさに発火を憚れ、私、実はあまり発火させていませんでした。おそらく、10年以上は発火させたことがないはずです。

たまにオイルをさす程度で放置していたのですが、あまり発火していなかったためそれほど内部の状況は悪くないようです。それとマガジンがメッキされているので助かります。

装着してあるサイレンサーはマズル部にアタッチメントをかぶせ、それにねじ込むタイプです。

取説を見ますと、銃身に深くかぶせるタイプのもの(プローブLXさんが、発火シーンで使用されているタイプ)しか、ふれられていません。



私の所有するのは金属モデル時代のものなのかもしれませんが、詳細は記憶していません。サイレンサー本体も鉄プレス製で相当な重量がありますが、純正のようにきっちり固定されます。

ただし、アタッチメントと接触する照星の部分はしっかり削られますが、もう全然気にしません。どうせボロですから(笑)。

もう1本装着可能なサイレンサーがありますが、写真に写っているものよりもう一回り太目のものです。

いずれも、そのままではマズルとの間から発火ガスが漏れ何にもならないので、ゴムシートでガスシールをつくり、マズル部との接点にセットしてあります。


ストックは鉄プレス製の伸縮タイプのもの。

これも本来は金属モデル用だったはずですが、プラ製モデルにも問題なく装着できます。

ただし、かつての金属モデルであれば、ストック内に4インチ、6インチ、8インチの各モデルが収納できるのですが、プラ製モデルは出来ません。

金属モデルの場合ショートリコイルしましたので、若干ショートリコイルさせ前後を圧縮した状態で収納するのですが、プラ製モデルではショートリコイルはしませんし、そもそも外観も相当ディフォルメされていることからサイズが全然合わず収納は不可です。

相当古いもので錆びだらけでしたが、スチールウールで磨きどうやら少しは格好がつくようになっています。

本体は、当時販売されていたマルシンの専用塗料「スチールブルー」で、また、グリップはパテ埋めの後、ホワイトのラッカー塗料で塗装しております。近くでは見られたものではありません。ぼろぼろです。

このモデル、発火を続けるとバレルフレーム後部のプラ部分がはがれたり、トグルの固定ピンが外れたりしますが発火には影響ないようです。

私のモデルもフレーム後部のプラ部分がはがれましたが、作動には影響していません。トグルの固定ピンも1本しかありませんが問題ないようです。

このほか、バレルの根元にも小さなクラックがありますが、気にしません。バレル部は、金属チャンバーにプラの外装をかぶせたような構造ですから、プラ部の損傷は作動にあまり影響しないようです。

なお、ひとつだけ困ったのは、トリガー、トリガーバー、シアの力の伝達があまりよろしくないのか、トリガーを引いてもハンマーが落ちないことがよくあります。

この点の調整方法(トリガーバーの、フレームとの接触部分を削り、シアとのかかりを深くする)も取説に記載されていますが、引き金を引くとき、強く左側に押し付けるようにすれば概ね正常に作動するので、現在はそのままにしてあります。

このモデルで暴発や不発、あるいは後退量不足等による作動不良を経験した記憶はありません。とにかく作動に関しては何も問題のないモデルです。



(発火)

10年振りの発火です。

長く放置していましたのでどうしようかと思ったのですが、手動で作動させた感じでは何も支障がないようでしたので、発火前の調整は一切しておりません。オイルをつけただけです。

ただ、カートだけはきれいにして、オイルをひいておきました。

サイレンサーなしとサイレンサーとストックを装着しての2種類の動画を用意しました。

最初のものは、サイレンサーなしのものです。

実銃は確か8連発のはずなので、マガジンに8発装填しようとしたのですが、7発までしか入りません。あれ?皆さんのもそうですか?

そこでチャンバーに1発、マガジンには7発装填して8連射に挑戦しました。

結果はご覧のとおりです。あっけなく成功。相変わらず発火音もでかく、ガス抜けも最高。反動は軽いですが、痛快です。う~ん、さすがMGC。感服いたしました。

ただ、思ったよりもエジェクトされたカートの飛びが良くありませんし、飛ぶ方向にもバラツキがあります。これがちょっと残念。

2つ目は、サイレンサーとストックを装着したものです。

狙撃銃のような雰囲気になります。

装填数は6発。

これも順調に発火しております。

発火音は高音域がカットされたようなこもった音になりますが、それほど小さな音にはなりません。もしかすると、バレルとの接合部から僅かですがガスが漏れているのかもしれません。まあ、気分だけのものですから気にするものではありませんけど。

なお、最終弾の発火に若干手間取っているように見えますが、これは上記で述べた引き金の不具合が生じたためです。

余談ですが、サイレンサーの状況を見るためにサイレンサーをセットし収録前に一度発火したのですが、サイレンサー内部の赤錆が盛大に飛び出しえらいことになりました(笑)。

あと、ガスシール用の撃ちがらの寿命は1回だけですね。1回の発火でずたずたになります。

これは今回初めて気が付いたのですが、発火後のバレルの汚れが全然少ないのです。

他のモデルで10発も発火しようものなら、バレルからは黒い汚水が流れてくるのに、このモデルではそんなことがありません。発火後すぐディトネーターを見ても汚れているようには見受けられません。5ミリキャップだからでしょうか?メンテナンスのやりにくいモデルですからこの点は大いに助かります。

ただ、発火後、一度はがれたため接着しておいたバレルフレーム後部の一部がまたはがれました。作動には影響ないのですが、ちょっと気に入りません。もう一度接着面をきれいにして、再度補修するつもりですが、少し発火は控えた方が良いかもしれません。そろそろ、パーツ取り用のジャンクの入手を考えた方がいいかな・・・。

オークションでもよく出品されていますが、結構手ごろな値段のものもあるようです。正直申しまして、内部構造だけでなく、外観も結構ディフォルメされていますので、ディスプレイ派の方にはどうかなと思います。発火派専用モデルといっても過言ではないでしょう。ディスプレイ派には何よりリアルなマルシンの金属製P08をお勧めします。ちょっと高いけど・・・。

平成15年5月10日追加

 しばらく前、同好の皆さんのサイトでこのモデルのことがちょっと話題になっており、その際、タナカパラカートのインナー(発火ピン)がそのまま使えるということを知った。
 そこで、こりゃいいことを聞いたと、早速試してみた。
 オリジナルのインナー(私のは空キャップを使用するタイプ)とタナカのインナーを並べてみると確かにサイズは一緒。何で今まで気がつかなかったのだろうかと不思議に思う。
 オリジナルでも不満があるわけではないけれど、空キャップをセットするのが面倒だったが、タナカのインナーが使用できるのであれば、その分、楽になる。
 後は実際に発火してみてどうかということだけど、皆さんのお話によれば全然問題ないということなので、テスト発火もせずいきなり収録することとした。


発火シーン


 ムービーは真横からのラピッドファイア7連射から始まり、背後からのアングルで4連射、ちょっと凝って逆光の中から5連射、最後は正面どアップで7連射。
 いずれも笑っちゃうほど快調で、とにかく発火音はでかいし、ガスはバンバン抜ける。前回不調だったトリガーのコンタクトも改善しており、気持ちよく連射が可能。
 ただし、インナーのOリングの寿命は短い。というか、まず発火後は必ずOリングは外れるといって良い。
 5ミリキャップCP系のインナーのOリングは概ねどのモデルもすぐ外れたり、切れたりするが、このモデルも例外ではない。
 外れたOリングがカート内に止まっていてくれれば問題はないのだが、勢い余ってチャンバー内に飛び込みそこに張り付いたりするとフィーディング障害の原因になる場合がある。今回もそれで1度だけだがカートが詰まった。
 発火後、チャンバー部分も含め完全分解したところ、ポロポロとOリングが3つ転がり落ちてきたし、中には発火中マズルから飛び出したものもあった。Oリングの再使用も3回くらいが限度だろう。CP系5ミリキャップカートにとっては、予備のOリングは必需品(それもたくさん)である。
 前にも記載したが、このモデル、プラ製のバレルフレーム後端が良く欠ける。しかし、実際の作動のほとんどは内部の金属フレームが受け持っているので、多少の欠けやひび割れはなんら問題はない。
 こんな変な格好のP08、ディスプレイなどする必要はない。皆さん、これは遠慮なく、ぶっ壊れるまで発火すべきモデルである。





_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 22, 2011 4:59 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 3:14 pm

MGC LUGER P08

MGC Luger P08 steel



(Overview)

Model kit made by ABS.

Such as changing the method is a method Firing system hammer striker originally peculiar to the MGC internal structure, and a real gun is far away at all.

On the other hand, seems designed to prioritize work, have a reputation for its fire performance.

However, the lowest level of maintenance. Automag as the company's mind is put to decompose not be fired from the previous day.

There was something in those early use of gunpowder is a paper model of my old type of gas used as the inner seal of the cap while shooting 5 CP mm model.

The percentage of the size of the cart out ridiculously loud, like firing at the highest level is the model also can not resist outgassing.

However, the magnitude of inflammation 憚Re sound much, I really did not let too much fire. Perhaps there should be no more than 10 years, it was ignited.

I was allowed to stand at around sometimes refers to oil, so inside the situation because they did not seem too bad to catch fire. It survives because the magazine has been plated with it.

A silencer attached to the muzzle of the attachments to cover, screw type with it.

Instruction manual to see what type of overlay Kuni Hukashi barrel (LX's probe, the type that are used in the fire scene), but has not yet been touched.



I have to own what may be an era of metal models, the details are not stored.
The press has made considerable weight silencer body iron is fixed exactly as genuine.

However, the attachment portion of the bead in contact with the firm will cut does not care at all anymore. From a rag anyway Laughing

There is another book that can be attached silencers, is one of the more chubby than those around the photo.

Both add up to nothing so just in gas leak from between the muzzle fire, making a gas seal rubber sheet, set to be muzzle contact with the unit.


What type of expansion and contraction of the stock made the iron press.

This is also true for the model was supposed to be metal, plastic-made models can be installed without a problem.

However, if the old metal models, four inches in the stock, six inches, I can hold an 8-inch models, the model can not be made of plastic.

For models with metal Shotorikoiru so that when compressed to accommodate it will be around a little Shotorikoiru, the model is made of plastic Shotorikoiru is not, at all fit the size of that first look is well worth deformed Osamu Osamu is not without.

It was full of rusting old equivalent, apparently little has been polished with steel wool to get a fair game.

The body paint was sold only at the time of the Marushin "Blue Steel", and also filled with putty after the grip, we are painted with white lacquer paint. Near those seen in the no. It is worn out.

This model, or peeling back part of the plastic frame and barrel continue to fire the ignition is off, or toggle the pins do not seem to affect fixed.

The plastic portion of the rear frame Hagaremashita my models, the operation is not affected. It seems this problem has only one toggle pins are fixed.

In addition, there is also a small crack at the base of the barrel, do not care. Barrel from the exterior of the structure is covered with plastic, such as a metal chamber, Phra damage does not seem to affect much of the operation.

Note that only one in trouble, the trigger, trigger bar, not the best or the transmission of shear force, often pulling the trigger but the hammer fall.

How to adjust this point (bar triggers, cut the portion in contact with the frame, the deep-consuming and Malaysia) have been described in the instruction manual even when the pull the trigger, generally do so press the left strongly it works properly, and now have been left alone.

In this model, storage and unexploded flares have experienced a setback or a malfunction is not due to insufficient quantity. Anyway, working on a model without any problems.



(Inflammation)

It is 10 years since fire.

I wondered what to do, so I had a long leave, was operated manually in the sense that it did not have any trouble, before the adjustment is not firing at all. Just put the oil.

But just to clean the cart, I've caught the oil.

Prepared for two types of videos with no silencer and silencer attached and stock.

The first one is, without a silencer.

Since it should be a real gun 8 volley sure, I tried to load 8 rounds in the magazine, just put up from 7. Huh? I see you too?

So from one chamber, the magazine tried to load from 7 to 8 blaze.

As you can see the result is. Kou Shigeru too soon. The sound still huge fire, the best outgassing. Recoil is light, is delightful. Well, indeed MGC. We admire.

Not just referring to its better jump than I thought, eject the cart there are also variations in flight direction. This is a bit disappointing.

Second, is fitted with a silencer and stock.

Will feel like a sniper.

The development of six charge.

We also successfully fired.

The firing sound like muffled sound but was cut, treble boost is not such a small sound. And maybe, maybe that is a small gas leak from the junction of the barrel . Well, the Toshiba does not care but it is just not feeling.

However, some appear to be lingering in the final round of firing, this is the trigger for the defects mentioned above.

As an aside, I was fired once before to set the recording to see the status of the silencer, the silencer is great now that the rust out within a grand silencer Laughing

Then, while shooting for the life of the gas seal it only once. Be mangled in a single firing.

This is the first time, I noticed a small stain at all after firing barrel.

If I even try to fire 10 rounds from a barrel, in other models, but the sewage flowing in black, this model is such a thing. As I look to dirty Ditoneta seen immediately after the firing Raremase I. Is it because of the cap 5 mm? From this point of the model is hard to do much maintenance is helpful.

However, after firing, the rear portion of the frame and barrel Hagaremashita've adhered to for once stripped. The operation is not affected, a little 気Ni入Rimasen. To clean up and repair, the adhesive once again I'm going to catch fire, but might be a little better ahead. soon, and I thought I better get for taking part ・ ・ ・ junk.

Has often been exhibited in the auction, some of which seem pretty reasonable price. Shimashi to be honest, as well as internal structure, it is also fairly deformed appearance of the school who think that if the display.
Would not be an exaggeration to say fire pro-only model. Display faction metal Marushin P08 recommend anything realistic. ・ ・ ・ Little expensive but.

Added May 10, 2003

Some time ago, it has become a little talk about this model in your like-minded sites, while the inner Tanakaparakato (firing pin) that can be used without the knowledge.
We heard that and I got to my tests. The original inner (type I used caps sky) and indeed see the size of the inner side by side together with Tanaka.
I wonder what will not notice until now. But there is not even the original complaint, but was tired of empty cap set, you can use if inner Tanaka, the minutes become easier. But after that I really do try to catch fire, so that no problem according to your story, we decided to test fire without recording a sudden.

Fire scene



The movie starts at 7 rapid fire of automatic fire from the side, behind the angle of the four blazing, blazing five little stiff from the backlight, etc. end up in front of blazing 7. In both laughing so smoothly, the sound is just a big fire, the gas exits Bambang. Contact has also improved the trigger was the last slump, can comfortably blazing. However, the inner O-ring life is short. I mean, after the first fire is always good to say out O-rings. 5 CP mm inner cap O-ring system which models or just outside in general, or is broken, and this model is no exception. O give me off if they stopped the problem in the cart but not the ring, which may cause failure and feeding stick or dive into the chamber where the momentum surplus. The cart is filled with so once again.
After the fire, including the portion was perfect decomposition chamber, and fell down flake has three O-rings, were also rushed in from the muzzle during firing. O would be about three times the maximum reuse of the ring.
5 Mirikyappukato CP system for the necessary spare O-rings (which are many) is. Has been described previously, this model lacks good rear frame made of plastic barrels. However, most of which is in charge because the actual operation of the internal metal frame, a little chipping and cracking is not no problem.
Funny looking like P08, and should not display.
Ladies and gentlemen, do not hesitate this is the model to be fired up to break Bukkake.




_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 22, 2011 5:20 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Fri Jan 21, 2011 3:20 pm

MGC LUGER P08 VIDEO


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:47 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 10:41 am

MGC AUTOMAG

MGC製・オートマグ




【概要】 でかくてピカピカ光るマグナムオートマチックです。
 聞く所によりますと、実銃よりもほんの僅か小さく、マルシンの金属製モデルのほうがリアルサイズに近いそうですが、とにかくそんなことが気にならないほどの大きさです。
 私の所有するのは、ずいぶん以前にキットで購入したCP仕様のABSシルバーメッキモデル。
 このモデルの場合、ボルトもチェンバーもABS製です。最終的にはHWモデルも販売されましたようですね。
 初期モデルは紙火薬仕様でかなりの量の火薬を使用し、金属製ボルトとチェンバーを装着して重量感あふれる迫力のあるブローバックを実現していたそうです。
 ただし、内部構造は実銃とは全くの別物。作動優先のMGCオリジナルメカです。
 組立は結構面倒くさく、変な構造と思いましたが、とにかくたいした調整もせずにそのまま発火して、調子が良かったことを記憶しています。
 ただ、ABSモデルの欠点である、ボルトのひび割れが発生し、長らくディスプレイモデルに甘んじていたのですが、なんとか初期の紙火薬仕様のブローバックモデルを入手し、金属ボルトに換装できたことから発火モデルとして蘇りました。


 ボルトの換装に当たり、内部の金属パーツは出来るだけ磨き上げています。
 特に、どのモデルでも重要なポイントであるハンマーとブリーチ(ファイアリングプレート)下面の接触面は、念入りに磨き、出来るだけハンマーがスムースにコックされるようにしています。
 なお、長く発火を続けたモデルですと、ファイアリングプレートの先端部分、カートのリムを叩く部分ですが、ここが変形して、ボルト内部での動きが悪くなるようです。
 具体的に言うと、ファイアリングプレートが最も後退した位置で、変形した先端部がボルトのレール部分に食い込み、プレートの前進を拒むようになります。そうすると、ハンマーの打撃力がそれだけ減殺され、不発の可能性が上がりますので注意が必要です。

 なお、最初はボルトだけを金属に交換し、他の内部パーツは元のメッキモデルのものを使用したのですが、やはり長年の使用による癖といいますかパーツ同士の馴染み具合が違うことから、作動が思わしくなく、結局内部パーツはほとんど総入換になりました。


 また、このモデルは本来のチェンバーの上にバレルが被さり、ディトネーター固定用ネジとめくらピンで固定されるようになっております。
 ところがどうしたものか、私のキットモデルには最初からこのめくらピンがセットされていませんでした。
 どうやら接着だけで固定されていたようです。後から教えていただいたのですが、こういうロットのモデルもあったそうです。
 そのためか度重なる発火の衝撃で接着がはがれ、ある日、ずっぽりと抜け落ちてきました。
 そこへもってきて、たまたま、その頃にオークションで紙火薬仕様モデルを入手したのですが、届いたモデルを見ると、なんと、前所有者の方が無理やりめくらピンを穿り出し、チェンバーを取り出せるようにしてありました。
 結構「ありゃりゃ」と思ったのですが、まあこれも何かの縁(なんのこっちゃ?)と思い、チェンバーも金属製に交換(実はメッキモデルのプラチェンバーにひびが入っていた)。
 おかげで重量感は倍増です。
 ただし、こんな私がいうのもなんですが、このチェンバー固定用のめくらピンは改造防止のためと思いますので、外すべきではないでしょう。
 何より、通常のやり方ではまず取れません。大事なモデルを相当傷つけないと取れないと思います。
 実際、私の入手した紙火薬仕様モデルはかなりひどく痛んでいました。
 まっ、止めときましょうね。


 このモデルで特徴的なのは、トリガーを引かない状態では、内部パーツがボルトを強制的にストップさせ、装填時の暴発を防ぐような機構になっている点です。
 同社の金属製M16シリーズも同様な仕組みになっていましたが、ほんと、良く考えたものだと感心します。
 でも、これとて完全ではなく、ごく稀にですが、バーストすることはあります。実にモデルガンらしくて結構なことです(笑)。


 オリジナルのプラ製ボルトのときも十分ブローバックが楽しめましたが、金属ボルトになると格段に迫力が上がります。
 結構でかい専用CPカートを使用しますが、発火すれば気持ちよく蹴り出します。ほかのCPカートに比べインナーピストンのストロークが長く、重いボルトでも問題なくフルリコイルします。
 弱点はメンテナンス性の悪さ。
 とにかくメンテナンスのしにくいモデルです。ボルトが簡単に外せれば良いのですが、そうはいきません。やたら長いネジを延々と回し続けないと外れません。
 このあたり、裏技もあるそうなのですが・・・。



【発火】

 5連射と6連射のシーンを1本につなげてあります。
 カートが重いためそれほど遠くへ飛びませんが、エジェクトは快調ですし、ホールドオープンも確実です。
 ほかの機種に比べバレルからのガス抜けの状況が悪いように見受けられますが、発火音を聞いていただいたらわかるように、結構いい音をさせていますから抜けが悪いことはありません。
 かなり強いスプリングと重いハンマーのおかげで不発はほとんどありません。
 発火していて面白いモデルです。金属ボルトの重い反動が少しでも感じられたらなと思います。

 オートマチックマグナムハンドガンのモデルとして、ハドソンのDE44と迫力の点では甲乙つけがたいところです。
 サイドファイアながら作動性の良さと信頼性ではオートマグに分があるかもしれません。
 しかし、特筆すべきメンテナンス性の良さと最長のリコイルスライド量を誇るDE44も魅力十分。
 私ならDE44。皆さんはどちらを選ばれますか?




2003・6・22追加

 発火シーンの説明は後に回し、今回ちょっと気が付いた点があるのでそれを先に説明させていただく。
 収録中、エジェクト不良が何度か発生し、ちょっと不調気味になった。
 単純にHWインナーのOリングが磨耗しているのか、あるいはカート内の汚れが原因かと思ったが、エジェクターの先端部分が斜めにそがれたように磨耗しているのを発見。
 どうやらカートとエジェクターとのコンタクトが浅くなったため、うまくカートがエジェクトされなかったようである。そこで、エジェクターの先端を心持ち内側に向け曲げてみた。
 その上で発火してみるとポンポンカートを蹴り出し、少なくともエジェクト不良は一切発生しなくなった。
 実はジャンクも含めるとMGCオートマグは手元に4挺あり、これを機会に、それぞれの内部フレームを確認したところ、エジェクターの形状が2種類あることを発見。ほぼストレートにエジェクターが前方に伸びているものと、全体が僅か内側に傾けられた上、更に先端部が内側へ曲げられたタイプがあるのを発見。おそらくストレートに伸びたものは初期の紙火薬仕様で、曲げられたものはCP仕様でなかろうか。
 ちなみに、今回のモデルは、元々はCPモデル用フレームであったが、前回、紙火薬モデルのボルトとチャンバー
(いずれも金属製)に交換した際に、フレームも紙火薬用モデルのものを移植してあった。
 紙火薬仕様モデルをCPに変更された方、一度エジェクターの形状を確認されてはどうだろうか。


 
 発火は、最初はシルバーモデルのみの予定で収録したが、出来上がったものを見るとちょっと寂しく感じたので、最後にもう1挺ブラックABSモデルも登場させている。3挺分のジャンクを寄せ集め、完成させたもので、本体及びチャンバーはABS、ボルトはHW、内部フレーム及び発火方式はCPというもの。発火させるのは今回がはじめて。
 というわけで、ムービーは最初シルバーモデル単独の連射が続き、最後の1シーンだけペアガンとなっている。

 まお、途中失敗した簡易プロップムービーも含まれている。どれかわかるかな(^^)

 もう少しアングルやズームを考えればよかったのだが、ちょうどイングラムの発火で疲れてしまい、ちょっと迫力不足。また、単独で発火するとそれぞれ調子がいいにもかかわらず、いざ本番、カメラを回し2挺同時に発火し始めると、フルオートになったり不発が発生したりと、すぐぐずる
(TT)。
 紹介してあるものも、ブラックの初弾とシルバーの初弾の間がつないであるし、発火数のカウントを誤り、シルバーの最終弾の発火が間の抜けたものになってしまっている。まっ、いいか・・・^^;。
 余談であるが、ブラックモデルのエジェクトカートがシルバーモデルに何度も当たりそうになり、その度にビビってしまった。こいつのカート、でかくて重いから当たればメッキに1発で傷が付いてしまう。
 イングラムの際にも思ったことだが、「もうやんないぞ!」




_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 22, 2011 5:23 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 10:43 am

MGC AUTOMAG


MGC Automag


Abstract

It is with huge shiny Magnum Automatic According to the hearing office, only slightly smaller than the real gun, but it is more close to the real size of the metal Marushin models are about the size of that do not mind anyway.
Of my own, long before the kit was purchased from CP Shirubamekkimoderu ABS specifications.
In this model, the chamber can also bolt is made of ABS. It sounds like eventually HW models were sold.
The initial model uses a significant amount of gunpowder, seems gunpaper specification was to achieve a powerful blow-back is attached to the chamber filled with heavy metal studs. However, the internal structure is completely different and a real gun. The original mechanism is the preferred operating MGC.
Assembly quite annoying, but I thought a strange structure, as it is fired without adjusting for much anyway, remember that the tone was good. However, ABS is a drawback of the model, causing cracking of the bolt, I had long resigned to the display model to get an early gunpaper specifications Burobakkumoderu managed to fire a metal bolt that could be retrofit to revived as a model.

Hit retrofit bolts, internal metal parts are polished as possible. In particular, the bleach is a hammer and an important point which model (firing plate) on the bottom contact surface is carefully polished, to be cock hammer smoothly as possible.
The model and continued to fire long firing tip of the plate, but hit the rim portion of the cart, this is deformed, it seems as bad moves inside the vault. Specifically speaking, in the most backward position firing plate, caught the rail portion of the deformed tip of the bolt, the plate now refuse to move forward. Then, only that the diminished force of the hammer blow, you must be aware of the increase could explode. The first is simply replaced with a metal bolt, but other internal parts of the plate using the original model, so familiar with each other from different parts of years of use what is called habit still思Washikunaku the operation, after all the internal parts are now into almost total replacement.

In addition, this model is on the barrel chambers被Sari originally ordered to be turned over and pinned Ditoneta screw. But somehow, the model kits I had not been turned over from the first set of pins.
It seems only bond was apparently fixed. I tell you later, there was a lot of these models.
Peel off adhesive or repeated shock or fire, so one day have to missing Zutsu Pori. There has been, by chance, but you get a model of the auction design gunpaper that time, and view the model received a whopping穿Ri pin out of the previous owner turned over more force, to retrieve the Chamber to there. Fine, "dad-gummed" I thought, Well this is also the edge of something (tea stiff for what?), I thought, also replaced the metal chamber (Purachenba had cracks in the plating model actually.)
Thanks are times heavy. However, this is what I also say, for a blind pin fixing this chamber to prevent remodeling so I will not be taken off. Above all, in the normal way can not be removed first.I take considerable damage to an important model. In fact, I obtained gunpaper specification model was hurting pretty badly.
Wait, I stopped Tokimashou.

Characteristic of this model, while the trigger pull, the bolt will be forced to stop internal parts is that is a mechanism to prevent accidental discharge during loading. M16 metal company had also become a mechanism series, really, and thought it admirable thing. But not with this completely, but in rare cases, it may burst.
It is indeed a good thing to Moderuganrashiku Laughing .

[b]The blowback could enjoy well-made bolt when the original plastic, and much increase is impressive as a metal bolt.
CP uses a fairly large private cart, you can feel a kick out of ignition.
CP other than the long stroke of the piston inner cart, the heavy bolts Fururikoiru no problems.
The downside is poor maintenance. Maintenance is difficult to model anyway. It would be nice to have easy bolt外Sere, not so. 外Remasen to proceed with random turn on and long screws. This area, so there is a trick.


[Fire]

Have been connected to one of five blazing scenes with six automatic fire. The cart is heavy飛Bimasen so far, to eject it is surely open smoothly, hold. The situation is seen as a bad exit from the barrel of gas than other models to help you hear the sound Itadaitara fire to escape from bad things will not sound pretty good. Thanks dud very strong hammer spring Ito Shigeru rarely. They are interesting models to catch fire. I feel a little recoil Raretara Ino Shigeru metal bolt.
Automatic Magnum handgun as a model, in terms of power and DE44 Hudson is just hard to put better.
The operation of reliability and good side but there may be fire in Automag minutes. However, it boasts the longest amount Rikoirusuraido significant maintenance and good DE44 appealing enough. I would DE44.
Are you the chosen one?


Additional 2003.6.22

  Description of the scene after firing once, let me explain you first noticed it because there is little point now. During recording, eject failure occurred several times, was feeling a little upset. HW or just the inner O-ring that is worn, dirty because I thought it in the cart, or found to have worn diagonally Sogareta the tip of the ejector. Contact with the ejector was shallower for the cart and apparently did not eject the cart as well. So I tried to bend slightly inward end of the ejector. Kicking the cart on the tummy and try to ignite the ejection, at least no longer poor at all.
Including the fact junk Automag MGC has four elongated hand, this opportunity, make sure of the interior of each frame, two found that the shape of the ejector type. And extending almost straight forward ejection, on the whole slightly tilted inward, discovering that there is a type of tip bent inward more. Perhaps those stretched straight early in the design gunpaper, or bend the CP not have been specified. By the way, this model originally was a CP model frame, the last bolt and chamber gunpaper models (both metal) when the replacement, the model for those transplanted gunpaper frames as well had been. CP gunpaper specification model to the modified, the shape of the ejection is confirmed once doing?

The fire first, but will be recorded by a silver model only, because I felt a little sad to see what the finished extrusion one last black ABS models that appear in the book. Junk-minute patchwork three naval vessels, was completed in, and the chamber body ABS, bolts HW, and firing methods, CP thing inside the frame.
Be the first time that the ignition.
So, the movie followed by a barrage of first single silver model, cancer has become one of the last and only pay for a pair. Mao has also failed Puroppumubi simple way. Can you see any (^ ^) But I should think a little more angle and zoom, Ingram firing away tired, just missing a little Tsutomu Sako. Moreover, despite their good form when ignited by itself, a production emergency, fire and begin to turn the camera together two elongated, and you may experience a misfire or become fully automatic, just get cranky (TT). Have also introduced, entertainment, tied between the first shot the first bullet of the black and silver, the error count of the number fired, they've become something missing between the last firing silver bullets.
Wait, can I・・・^ ^.
Is a digression, it becomes many times per Ejekutokato silver model of a black model, had scared every time. The cart guys, they scratched it hits the plate in one shot with heavy strapping.
But when I thought that Ingram, "I'm not you do it again!".



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Wed Mar 23, 2011 10:31 am; edited 3 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 10:55 am

MGC AUTOMAG VIDEO #1


MGC AUTOMAG VIDEO # 2

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:50 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 10:57 am

MGC H&K VP70

MGC製 H&K VP70



概要】

 大変ユニークなモデルです。
 実銃の方は、ダブルアクションオンリーのセミオートながらストックを利用すると3点バースト射撃が可能となることや、使用実包が9ミリパラなのにライフリングを深くすることにより作動方式をストレートブローバックにした点等で有名ですが、何より格好が変。
 未来的であるように見える反面、水鉄砲のようにも見えます。
 MGCもよくぞこんな物をモデルアップしたものです。
 モデルガン全盛期の産物でしょう。

 モデルガンのほうもストライカー方式によるダブルアクションオンリーモデル。
 マガジンはダブルカラアム、ダブルフィードの20連でブローバックの方法はオープンディトネータータイプ。
 変則的CPカートモデルの発売のアナウンス(「Gun」誌1983年1月号に特集あり)もあったようですが実際に販売されたのか私は存じておりません。
 その頃に遅れていたストックもようやく販売されたようですが、ストックに関する事情は有名ですので割愛いたします。
 とにかく3点バーストは困難という話でした。
 あまりに個性的なためか、それ程人気があったモデルとは思えませんが、有名なゲーム「バイオハザード」の「2」で、主人公の初期設定のサイドアームとして登場してから急に人気が出てきたような気がします(私もやりこんだ方で、隠し武器を全部ゲット。何より手持ちミニガンが快感)。
 ネットオークションを見ますと相当高額な値段で取引されているようです。
 特にストックは希少品のようですね。

 映画で観た記憶があるのは「エイリアン2」だけ。
 その未来的なフォルムからか、海兵隊のサイドアームとして使用されていましたが、あまり記憶に残っていません。
 個人的にはクライマックス近くの通風管での戦闘において、マッチョな女性海兵隊員(この人「T2」にも出てた)が連射するS&Wのシングルアクションオートの方が印象的でした。
</BLOCKQUOTE>

【入手の経緯】

 当方の掲示板で常連の方が不要なVP70がある旨申し出られたことから、管理人としての地位を悪用し強引に入手したもの(笑)。
 それは大げさかもしれませんが、希望者多数の場合は抽選という話のところ、一等最初に管理人が手を挙げたものですから他の方々が遠慮された様子。
 立場が立場なので、多少道理の分かった行動をしなければならないのでしょうが、そこはマニアの性。これは治らん_(_^_)_。
 同様にストックの提供を申し出てくれる方が現れないかと期待している次第です(笑)。
</BLOCKQUOTE>

【お掃除】

 入手いたしましたのはスライド内部に鉄板が鋳込まれたパーカーグレー色のものですので、後期型かと思います。
 初期のもののスライドには、赤茶けた色のHW材が使用されていたそうです。

 入手前からジャンクというお話でしたのでそれなりに覚悟。
 汚れや傷であれば気にしませんが、主要パーツの欠損や破損となりますとどうしようもなくなります(最初から発火が目的)ので、手元に到着するまでは結構ドキドキしておりました。
 いざ入手し、手に取った段階での状況はと申しますと、まず引き金が引けない、スライドエンドのストライカーカバーが勝手に脱落。
 スライドとフレームに分解して内部を確認いたしましたら、金属部分は錆、錆、錆。バレル内部のディトネーターも完全に固着、錆びて膨らみ光も通らない有様。
 スライド内部も表面のプラスチック層がはがれ、その下の金属(鉄?)部分(ここにも錆)が見えています。
 これは確かにすごい状態です(+_+)。
 前所有者の方が処分されようと思われたのも無理はありません。
 当HPは「ジャンクボックス」を看板に掲げておりますが、まさにその名にふさわしいモデル(笑)。

 とにかく、全体の汚れを取らないと作業が進まない状況なので、まずは完全分解。
 この時点ではマニュアルはない(後日「皇帝」様から1部いただきました。感謝!)ので、頼りは「Gun」誌の紹介記事に掲載されていた透視図だけ。
 構造は簡単なので助かりはしましたが・・・。
 面倒だったのはディトの取り外し。
 マズルからロッドを差込、プラハンマーで気長にコンコン叩きますがなかなか出てきません。
 もともと気が短いほうですので、ついには業を煮やし、トンカチで一撃。
 これが効いたようで、錆だらけで一回りほどデブになったディトが抜け落ちてきました。
 ディトも真ちゅうブラシで磨きましたら案外綺麗になりましたが、オープンタイプですので、サイズが適正値の範囲内にあるのかちょっと心配です。

 粗方綺麗になったパーツを並べ、透視図と比べてみますとこの時点で3つのパーツが足りないことが判明。
 まずはスライドエンドのストライカーカバーをスライドに固定するネジ。
 これは既製品のイモネジでぴったり。
 ついでファイアリングプレートとストライカーブロックを仲立ちするファイアリングピン。
 これもジャンクから適当な太さの金属ロッドを見つけ出し、切断して代用。長さは発火の状況を見て調整する予定。
 なお、後日カートケースからオリジナルのFピンが出てまいりました。よく見ておけばよかった・・・。
 最後はファイアリングプレートとスライドの間にセットする小さなスプリング。
 おそらくFプレートに後ろ向きのテンションを加え、装填時の暴発を防止する役目を担うものと思います。
 これはオリジナルのテンションが不明なため、不都合なく収まるサイズの物で代用するしかありません。

 機能的にはいざ知らず、一応パーツとしては全部揃ったこととなりますので組み立てに入ります。
 初めてということもあったかもしれませんが、組み立ては結構厄介。
 オートマグやP08に共通したものを感じましたね。
 まあ、何とかなりましたけど。

 カートの状況もひどい物でしたので、一晩サンポールに漬け込んでおきました。
 ちょっとやりすぎたかな?
 とにかく手がまっ黒ならぬまっ茶。
 そうして組上げてみますと、トリガーも問題なく操作できるようになり、その他特に作動には支障がないようで一安心。
 でも、長いトリガーストロークと重いトリガープルが相まって、トリガーの感触は独特というか変(?_?)。


【調整】


○前途多難

 一晩サンポールに漬け込んで汚れを落としたカートに空キャップをセットし、手動でフィーディングの確認。
 さすがオリジナルだけあって何もトラブルはありません。
 しかし、カート内にあれほど酷くこびりついていた汚れが、綺麗に取れているのにはびっくりします。
 恐るべし、サンポールの威力!

 発火は週末までお預けのつもりだったのですが、予想外に早く本体、カートとも一応完体で揃いましたのでちょいと発火してみることといたしました。
 6発のカートを用意し、内部にグリースを塗布し、7ミリキャップをセット。
 初弾は暴発が怖いのでゆっくりとスライドを戻し、変なトリガーを絞っていきます。
 初弾、次弾とも綺麗に発火。しかし、3発目以降は最初不発でしたがそれぞれダブルでリカバー。
 暴発はありませんでしたが、不発が目立ちます。
 念のため分解したところ、ありゃ、代用品のFプレートスプリングが曲がっている!これが原因となり、打撃力がうまく伝わらず、不発が発生した様子です。
 この時点で発火は中止。またスプリングを見つけなくっちゃ・・・。


○深まる困惑

 翌日、再度6発2で試射。
 最初の6発はまったく問題なし、しかし次の6発はバースト(>_<)。
 うーん、お前は一体なんじゃ。
 カートに空キャップをセットし、勢い良くスライドを閉鎖しますとカートが激発位置まで移動してしまいます。
 閉鎖時の慣性でストライカーブロックが前進し、カートが前進してしまうのが原因でしょう。
 そこで、暴発しないようにゆっくりとスライドを操作しキャップの位置を確認いたしますと、ほんの僅か、1ミリちょっとしかディトとキャップとの間には余裕がないよう。
 かなり微妙です。
 ディトの位置が適正位置よりも僅か前に出ているのかも知れません。
 しかし、最初の6発は暴発がありませんでしたので、一層悩むところ。
 カート内部に十分にグリースかオイルを塗布することにより、エアクション効果を高めればうまくいくかも。
 確かに最初の6発のカートはきれいにした上、オイルをきっちり塗布しましたが、2回目は汚れをティシュで拭っただけですから、カート内壁とディトの間に入り込むオイルが少なくエアクッション効果が低かったのかもしれません。
 又は、火薬を入れての発火では、フルストロークの後退が得られていないという可能性もあります。
 手動での確認の際は一杯までスライドを後退させて確認しました。
 こちらの方が勢いが強いと考えられます。
 この日はここまでとし、あとは後日の宿題。


【発火ムービー】

 とか何とか言いながら発火。
 全然良くありませんがムービーに収録しました。
 最初は調子が良いのですが、後半7、8発を超えたくらいから不発と暴発が発生しやすくなります。
 ムービーでも最初の8連射は問題ありませんが、そのあとは暴発ばかりです。
 ディトの汚れが関係しているのでしょうか?
 収録した以外でも結果は散々で、お見せできるレベルの物はこの程度が精一杯です。
 やはり、オープンディトネーター、ダブルアクションオンリー、ストライカー式発火、というのはモデルガンとしては条件が悪すぎるような気がします。
 まずは、装填時の暴発を防止することが肝要なわけですが、そこからつまずき前に進みません。
 私ごときのレベルではこの程度が精一杯かと。

 マルベリー380カート又はM59カートを使い調整する手段もありますが、それは今後の課題といたします。
 途中で放り出したようで心苦しいのですが、現状の報告ということでご理解ください。
 気合が入れば再度挑戦します。




_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Wed Mar 23, 2011 10:34 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:00 am

MGC H&K VP70

MGC H&K VP70



Abstract:

Model is very unique. If you are a real gun, and that it is possible to use burst fire with three points while the stock semi-auto Daburuakushononri, operating system and points to Sutoretoburobakku deeply by a life ring, but the shot shell using 9 Miripara It is well known, appears with anything strange.

On the other hand appears to be a futuristic looking like a water gun. MGC is this thing I uploaded the model well. Will produce a model in his prime. Using a model system Daburuakushononrimoderu striker even more. Daburukaraamu magazine, in a sequential manner blowback double feed Opunditonetataipu 20. Announcing the launch of anomalous CP cart model ("Gun" featured in the January issue of 1983 magazine) that I do seems to have been actually sold is not well acquainted.
The stock also looks like it was finally sold in those days was slow, the situation on the stock will be omitted because it is famous.
3-point burst just say that was difficult.
How much for a unique model and was popular, but think Sore程, the famous game "Resident Evil" "2", and suddenly they became popular as a side arm emerged from the initial configuration of a hero As we feel that (the way I do it today, get all the hidden weapons. minigun is pleasure than anything else on hand.)

It seems that is trading at a hefty price to see a substantial auction.

Stock seems to be a rarity in particular.
Memories have watched the movie "Alien 2" only. Or from a futuristic form that was used as a side arm of the Marine Corps does not remember much.
Personally, in the climactic battle at a nearby uptake, Marines macho woman (who "T2" was out as well) to blaze the S & W's Shinguruakushonoto more impressive.


[Available] Background

If you do not need regular bulletin boards offer me the fact that there is VP70, was obtained by force by exploiting its position as the manager Laughing . Although it might be exaggerated, if not just say that many who wish to draw, how other people were refraining from their hands are listed first Hitoshi Hazime management. Because the position is a position that will have to understand the behavior of some reason, there is a sex maniac. This _(_^_)_.治Ran
What is up with the hope that those who appear to offer a stock offering as well Laughing .

[b][Cleaning]

We are available in gray, so Parker is a steel plate inside鋳込Ma slide, I think late model. Slide the early ones are rusty-colored HW He was in the material used.
Since it was Satoshi Satoshi story in its own way into that junk from the front.
If you do not mind dirt and scratches, and will no longer do anything major parts missing or damaged (fire aimed from the beginning), so until it arrives at hand is to Orimashita rather nervous.
Get emergency situation at hand and the name is taken, the trigger引Kenai first fall on their own, cover the end of the striker slide.
Itashimashitara decomposed to confirm the internal slide and frame, metal parts are rust, corrosion, rust. Completely fixed to the inside Ditoneta barrel, light can pass through swelling rusty affairs. [/color]Inside the surface layer of peel off the plastic slide underneath the metal (iron?), Portion (also rust here) are visible. This is certainly great state ( _ ).
No wonder that people think it will be the disposal of the previous owner does not.

This HP is "junk box" is a sign listed in our model that deserves the name exactly Laughing .

Anyway, I stuck in a situation to take the dirty work of the whole, complete digestion first. At this point there is no documentation (at a later date, "Emperor" from a different part Itadakimashita. Thanks!), So relying on "Gun" was just published in perspective introduction of magazine articles. Because the structure助Kari・・・Although simple.
Dito was the removal of cumbersome.
Rod from the muzzle plug, Naka Naka has not come out on strike Purahanma patiently knock. I feel so originally shorter, and finally in frustration, in hammer blow. Worked in this way have become fat as Dito slipping around in a rust.
Is now pretty well surprisingly Dito磨Kimashitara brass brush, because it is an open type is worried about what the appropriate value in the range of sizes.
Parts ordered were mostly clean, found that the three parts is missing at this point than try and perspective. Slide the cover screws to secure the striker's end slides first. It screws right off the shelf potatoes.
Mediate Faiaringupin striker plate blocks then firing.
Find a suitable thickness of the metal rod from the junk again, cut to substitute. The length will be adjusted to see the status of the fire. The original case to the cart at a later date we have F-pin out. I wish I had・・・common. Last spring a small plate and slide set during firing. F probably add negative tension to the plate, I think that play a role during loading to prevent outbursts. This tension is unknown because the original, the only thing that fits no substitute inconvenience.
Functionally, knowing emergency, as part once it enters the assembly will be equipped with everything.
There may be a first assembly quite difficult. P08 Automag and I felt something in common. Well, I will somehow.
Since it was a terrible situation of the cart part, you will overnight soaking in the Saint Paul.

What is a little too far?
Hand out black tea just waiting grave.
Then try and assembled, will be able to trigger the operation without problems, especially with other work that would not be impeded by a relief.
However, combined with a long trigger stroke Torigapuru Ito Shigeru, I feel rather unique trigger changes (?_?).

[Adjustment]

○ rocky

Empty cart set the cap down to the Saint Paul overnight soaking in the dirt, checking manually feeding. Any problems there is not only truly original.
But as bad as the dirt that was stuck in the cart, to take up beautifully is that will be surprised. Dreadful, the power of Saint Paul! I was planning to fire, but wait until the weekend, the body faster than expected, and decided to try and catch fire, so little once We now complete in both the cart body. 6 available from carts, and grease inside the cap set 7 mm. Slowly slide back the first shot went off, so I'm afraid, we'll squeeze the trigger strange. First shot, fired bullets and also a nice following.
However, after the 3rd shot was a misfire is recovered in each of the first double.
There were no outbursts, misfire is noticeable. As a precaution and was digested, whoa, F substitutes plate spring is bent! This is the cause, good power hitting right message is how the misfire occurred.
Stopped firing at this time. ・・・見Tsukenakutsu tea and spring.


○ puzzle deepens

The next day, again from 6 2 test-fired. No problems at all from the first six, however, burst from the next six (>_<). Well, you are an integral Bye. Empty cart set the cap would go to the closed position and slide the cart broken out vigorously. Forward inertia of the striker block when closed, they will move forward because the cart. We will confirm the position of the cap to slide to the operation to prevent accidental discharge slowly, just slightly, between 1 mm and the cap is only slightly Dito not afford that. It is rather subtle. You may only have to appear before the proper position from the position Dito. But from the first six did not have it explode, I worry even more.
By applying a grease or oil well inside the cart, you may work by increasing the effectiveness Eakushon. Cart is certainly the first six from a clean, tightly applied to the oil, but is only the second time wiped clean with a tissue, fewer lower oil enters the air cushion between the inner and Dito Cart Maybe. Or put in the firing of explosives, it might not be obtained in a full stroke back. Check the manual when confirmed by retracting the slide to the full.
More likely to have strong momentum here.
On this day, and so far, after the homework later.

[Movie] fire

Fire or something she said. Recorded for the movie is not good at all. The first is in good shape, 7-8 second half is likely to cause much more than that from the misfire and explode. Blazing in the first eight movies are fine, then it just went off.
What is involved Dito dirt?
Apart from the results recorded in the terrible, things that show you are my best level for this degree. Again, Opunditoneta, Daburuakushononri, striker fired expression, as a model that there is a feeling that the condition is too bad. First, it is not vital to prevent outbursts during loading, before stumbling proceed from there.
私Gotoki the utmost level of what this is about.
M59 380 Mulberry cart or the cart using some means to adjust, and it will be solved. I threw like pains along the way, please understand that in the present report. The yell will soon try again.



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Sun Mar 27, 2011 5:55 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:04 am

MGC VP70 VIDEO


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:51 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:06 am

MGC S&W M59
MGC製S&WM59




 MGCS&WM59ABS)の登場。
 ただし、私の所有モデルではない。同好の士「ハイキャパ」さん所有のモデル。
 以前から、「手持ちのモデルをいくつか預けるので、ムービーをアップして」とご依頼があり、今回実現したもの。 


 樹脂製S&Wオートというと、ほかにマルシン製モデルがあるが、内部構造のリアルさではマルシン製モデルに軍配が上がる。
 マルシンモデルは擬似的にショートリコイルを再現しており、そのほかも、サイドファイアである点を除いては構造は実銃に酷似している。
 それに対し、
MGCモデルはバレルが固定であることをはじめ、内部構造はMGCのオリジナルに近い。GM2やオートマグ、P08と共通する設計である。
 しかし、作動に関しては完全に
MGCが上。
 同じサイドファイアであるけれども、調子は
MGCのほうが優れている。

 今回のモデルは
CPカート(7ミリ)仕様モデル。
 リアルサイズではなく、サイズ的には380程度の大きさ。
M76と共用のはず。

 「ハイキャパ」さんからは、「
HWインナーは強力すぎペケ。ガス抜きインナーがよろしい」と助言いただいたので、発火はガス抜きインナーを使用した。
 しかし、手持ちのガス抜きインナーとの相性が悪かったのか、1マガジンあたり3発ほど不発が発生し、結局15連射は出来なかった。
 それ故、ムービーはいつもどおり編集でごまかしてある(
^^;
 「ハイキャパ」さんのお話では、1マガジンあたり不発はせいぜい1回とのことであったのだが・・・。
 収録した時期が梅雨の盛り、それも雨の日というのも影響しているのかもしれない(言い訳)。
 

 ABSのためブローバックのリコイルショックは大きくないが、反面、軽やかに作動し発火していてかなり楽しめる。
 しかし、正直言えばセンターファイアモデルが欲しい・・・。

 「ハイキャパ」さんからは、このモデルのほかに、あと2種類お預かりしている。それらも順次アップする予定であるのでお楽しみに(^^)。


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Sun Mar 27, 2011 6:03 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:07 am

MGC S&W M59

MGC S & WM59




MGC-made S & WM59 (ABS) appeared. However, I do not own model. Like-minded person "Haikyapa" model's own. Historically, "I leave a few models on hand, up the movie" in the request, and this was realized.
Plastic auto S & W and say, there are models made by Marushin addition, the internal structure of the real models made by Marushin capture the title. Shotorikoiru Marushinmoderu are reproduced artificially, even the other, except that the fire-side structure is very similar to the real gun. In contrast, MGC, including models that are fixed barrel, close to the original internal structure of the MGC. GM and Automag 2, P 08 and a common design. But for the working entirely on the MGC.
[b]Although the same side of fire, how the MGC that is better.
This cart model CP (7 mm) model specification. Rather than the real size, of magnitude in size with 380. Should be shared with the M76. "Haikyapa" From added, "HW inner Pequena too powerful. It had an inner venting" I advise you, and used the inner fire venting. But what was wrong with the chemistry of the inner venting hand, misfire occurs from about 3 per one magazine, 15 rapid-fire could end. Hence, the movie is edited as always by cheating (^ ^. "Haikyapa" The story says, but a dud of each magazine was that・・・at most once. Were recorded during the rainy season Rino Mori, maybe that is partly due to the rain, too (excuse).

Rikoirushokku ABS blow-back is not great for, while, Rite Kana they enjoy working with light ignition. However, the model you want Centerfire speaking honestly. "Haikyapa" from friends, in addition to this model, to take your two later. [b]Stay tuned because they will also turn up (^ ^).


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Sun Mar 27, 2011 6:14 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:11 am

MGC S&W M59 VIDEO


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:53 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:15 am

MGC M16A1 (ABS)
MGC製・M16A1


MGC・M16A1



(概要)

 ABSキットモデル。中古でオークションで購入したものです。

前所有者の方から、未発火であるが調子が悪いという連絡を受けましたが、分解してみたらがエジェクターの取付け方が間違っており、直しましたら絶好調(MGCだから当然か)になりました。

ただ、前部のハンドガードがしょぼく、経年劣化で合わせ目がゆがんでいます。

それに、全体がABSプラ製のため、マルシンのM16系を操作したあとでは、剛性感に欠けた妙に薄っぺらな印象を受けてしまいます。HW製のものであれば大丈夫なんでしょうけど。

また、私のはバレルが少し下に曲がっているようです。熱湯かドライヤーで温めて直そうかとも思うのですが、面倒(実は自信がない)なのでそのままほうってあります。

でも、発火性能はさすがです。バン、バン、と勢い良くカートをはじき出します。カートのメンテナンスさえ怠らなければさして調整の必要はないようです。

それに、マルシンのM16系と違い、ファイアリングプレートがカートのリム全体を押し出す方式(プラ製だから許される)ですのでカートが傷まないので助かります。

ただ、聞いたところによれば、発火を繰り返すとカートが膨れるというのですが、私のはまだ発生していません。そうなると厄介です。もう新品カートの入手は困難ですからね。

20連と30連のマガジン、それにカートも50発以上所有しているので一度マグチェンジしながら、50連射してみたいと思うのですが、元来貧乏性でピカピカのカートを見るともったいなくて躊躇してしまいます(苦笑)。


(発火シーン)
 
 20連マガジンにフルに装填してのチャレンジです。途中軽くポジションを変えて再度の発火・・・。て嘘です(汗)。本当は20発連続発火するつもりだったのですが、途中1発だけ不発になったことから、そこからポジションを替えて改めて発火したものを編集でつなげたものです。言い訳ではありませんが、結構いい具合に編集できました。特に後半カメラに向かっての発火は長いバレルからもガスが噴出し、迫力があります。
 何よりも、私の背後のウサギ君がチャームポイントです!!

もちろん、撮影が終わった後、必死にカメラを拭きました!

マルシンのXM177と比べるとガスの勢いや発火音に違いがあるのが良くわかります。

後は、根性なく垂れ下がったバレルを何とかすれば完璧なんですけどね。
 

MGCM16A1追加ムービー(2003.2.8追加)
 久し振りのMGC製ABS・CPタイプM16A1です。
 前回のレポートの際、バレルが下がり気味と記載しました。
 その後、どうにかしてこの垂れ下がったバレルをまっすぐにしてやろうと、ドライヤーで暖めたり、添え木をして放置したりと色々やってみたのですが、効果なし。
 最後は頭に来て、ライターの火であぶったところ、見事ゆがんでしまいポシャ()/~~~。 で、すっかり頭の血管が切れてしまったので、ついでにバレルも切っちゃいました(^^;)v

 でも冷静になって考えると、どうも格好悪い。
 どうにかしようと思い、手持ちのパイプとか色々あてがっていたところいいものを発見。
 まずは最初から付属していたバードケージタイプのフラッシュハイダー(だっけ?)。それと、なぜか手元にあった、MGC金属M16A1用の三又タイプのフラシュハイダー。
 これを組み合わせてはめ込むとなんとなく格好になります。
 SF映画などで使用されるステージガンのバレルみたいと一人で喜んでいます(^^


【補足】
  最近、掲示板でこのモデルのことが話題になりました。その際皆さんからお聞きしたことを、参考までに記載しておきます。

○エジェクタープレートの補強用ボール
 このモデルのエジェクターの作動方式はMGC独特のアレンジによるものです。
 ボルトが後退すると、ボルト左脇にセットされたエジェクタープレートが相対的に前方にせり出し、ボルト先端のエジェクター本体に接触、結果エジェクターがカートを蹴り出すような動きをします。
 初期のモデルでは、このプレートはただのプレス板だったのですが、後期のモデルではエジェクター本体との接触面の磨耗(めくれ)防止のため、接触面に小さなスチールボールが埋め込まれているそうです。
 私のモデルは初期型ですからそのような処置はしてありませんので、接触面が結構傷んでいます。
 ただ、作動の際には今のところ問題は生じていません。それ程発火する機会のない方であれば、あまり気にすることはないのかもしれませんね。


暴発防止策
 これについては私よく分からないので、勝手ながら常連の「かあばいんさん」が掲示板に書き込まれた内容を下にコピーさせていただきましたので、そちらを参考に願います。
 「かあばいんさん」ありがとうございます。

color=#006666]「ABS製M16A1ではボルトが閉鎖時にボルトヘッドが慣性で前進してしまい暴発し てしまうため、同ABS製キットではOリング(ゴム)をボルトの上のパーツの孔(ガスチューブが入る部分)入れ、クッションとしていました。
 XM177E2ではボルトヘッドにクリック機構を追加して慣性で前進しないようにしています。
 ガスチューブが入るパーツにボルト方向へ垂直に孔があり、そこにボールベアリングとスプリングが追加され、ボルトヘッドにもクリック用のくぼみが追加されました。
 なお、私は両キット共、組立ましたが、発火させたのはA1のみで、それでも暴発は皆無でした。
 ちなみにOリングはキット付属のモノは大きすぎてそのままでは入らず、モデルガンチャレンジャー誌に載っていた方法で一部をカットした「C」の状態にしてセットしました。
(ジャストサイズのOリングがあれば問題ないかも知れませんが、サイズが大きい方が中で収まって出てこないのでそちらの方が良いかも知れません)」以上。
[/color]

○インナー(撃針コマ)
 以前「プローブLXさん」から教えていただいたことですが、ほかのCP用カートのインナーと比べ、M16用カートのインナーはごく僅か短いようです。通常のものが約8・6、7ミリ程度のところ、M16用は約8ミリ程度。
 理由は良く分かりませんが、これももしかすると暴発防止のためかもしれません。
 他のCPインナーと一緒にしてしまいますと、ちょっと見ただけではどれがどれか分からなくなります。どうかお間違えのないように。


【発火】
 ムービーは最初、件のマズル先端のアップ。背景が白いのでガスが見えずに残念。
 その後、アングルを変えた短いカットが続いたあと、最後は18連射(のはず・・・)。こちらはガスが噴出しているのが確認できます。
 長物にしては発火音も大きく、相変わらず快調なモデルですが、心配なのはハンマー。亜鉛合金製なのですが、打撃面がかなり凹んでいます。それ程頻繁に発火はしていないのですが、傷みが激しいような・・・。
 もう1丁同機種を所有していますし、ハンマーの予備も1個は確保しましたがちょっと不安です。

 カートの内部を綺麗にしてオイルをひき、インナーのOリングの状態に気を付けて発火すれば、ほぼ完璧な作動をしてくれる優秀なモデルです。

 2002年末、MGCからM16シリーズの一つ、HW製M725(だったっけ?)の再販がアナウンスされました。以前に比べ高額になっているのは仕方のないところですが、リアルさ、発火作動の確実さでは、マルシンのM16シリーズより正直言って1枚も2枚も上手。HW製なら剛性感もあるはず。気軽に発火できる長物を希望の方は、是非お買い求めになるべきでしょう。
 これでパーツの供給も一安心かなと思っているのですが・・・。どうなのだろう?





_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Sun May 29, 2011 1:05 pm; edited 2 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:19 am

MGC M16A1

MGC M16A1
[/img]


MGC・M16A1



(Overview)

ABS model kit. I bought at an auction in the Middle Ages.

From those of the previous owner, received a call that will be upset but not firing, the wrong way and the installation of the ejector Why do not decompose, 直Shimashitara top form (MGC or so of course) becomes Mashita.

However, the front hand guard Shoboku are distorted by the aging joint.

Besides, the entire ABS plastic products for the Marushin M16 series after the operation, will receive the impression of lacking a sense of rigidity strangely thin. What a fine, but if the HW made of.

Also, I like the barrel is bent down a little. I think I can fix it with warm or hot dryer, trouble (not sure actually) has been unchanged since Houtsu.

But the performance is indeed firing. Bang, Bang, and vigorously Hajiki出Shimasu cart. There is no need to adjust the maintenance of the cart If you keep this terribly.

Besides, unlike the M16 Marushin system, pushing the entire rim of the cart system firing plate (made of plastic because it allowed), survives because of wear and tear so the cart.

But from what I've gathered, is that repeated inflammation swells the cart, and I have not yet occurred. The trouble then. I'll get the other new cart is difficult.

Series of 20 stations and 30 magazines, while it owns more than once Maguchenji 50 cart from it, I would like to blaze 50 Mottainaku away hesitant to cart to see the original shiny 貧乏性Masu Laughing


(Fire scene)

The challenge of fully loaded magazine with 20 stations. Firing by changing the way light ・ ・ ・ position. I lie (sweat).
I was going to fire from 20 consecutive Actually, that was only one shot to explode the way it was edited by concatenation of changing the position from which to fire again. Is not an excuse could be edited fairly good condition. Firing at the camera, especially the second half to blow gas from a long barrel, there is power.
More than anything, is your charm point behind my rabbit!

Of course, after the shooting, the camera frantically wiped!

The XM177 Marushin better understand the differences in the sound momentum of the gas or fire than this.

After that, although I somehow do a perfect barrel without sagging spirit.


Add Movie MGCM16A1 (2003.2.8 added)

MGC after a long time I made M16A1 type CP ABS・. When the last report, the downside is specified with the barrel. Then, I will make this pendant to straight barrel anyway, and warmed by the dryer, I tried a lot and leave with a splint or no effect.
Finally came to head in at a lighter roast, wonderful distorted away Posha ( )/. In the vessels of the head, so I lose all had barrels cut in passing tea (^^Wink v And we become calm, but somehow ugly. I try to somehow find something good or I was Ategatsu various hand pipes. FLASH birdcage-type first came with from the beginning (was it?) I also was on hand for some reason, MGC M16A1 Flash hider types of metal for the three-pronged. Yoshi Tadasu and somehow makes it fit together. SF alone and I am glad the stage like a barrel of the gun used in movies (^ ^

[Supplement]
Recently, this model will be talking about the bulletin board.
When you have heard it from you, leave your information listed. Ejecureto reinforcing ball

Operation of the ejector system for this model is arranged by a unique MGC. When the bolt back, relatively protruding forward from the left side is set Ejekutapureto bolts bolt touch the tip of the ejector body, the movement as a result ejectors kick the cart.
In early models, the plate is was a pressing plate just a model of late wear contact surface with the body of the ejector (curl) to prevent, it seems to be embedded in a steel ball a small contact surface . My model is an initial model from such treatment is not so to the contact surface is considerably damaged. However, when the operation is not caused problems so far. If you've Sore程no opportunity to fire, that you may well not worry too much.

Prevent accidental discharge
This is because I know the regulars without permission "I will Abain or" copy, so we have what has been written down to the Bulletin Board, please refer to there. "I will Abain or" Thank you.
"ABS-made M16A1 because they went off away to move forward inertia bolt head when the closed bolt in the ABS kit made by the O-ring (rubber) hole parts on the bolt (the part that contains the gas tube) into was as a cushion. XM177E2 advance to avoid adding to the inertia and click mechanism in the bolt head. There are bolt holes perpendicular to the direction of the part that contains the gas tube, ball bearings and springs have been added there, has been added to the bolt head recesses for even clicking. The kit and I both have組立Mashita, the fire was not only the A1, was still none went off. O-ring is attached to the kit the way things are just too big not enter, how to cut the part was included in a model magazine Challenger "C" - set to the state. (Just the size of the O-ring if there might be a problem, because there might be better fit coming out in the larger size) or more ".

Inner ○ (piece firing pin)
Earlier "LX probe's" I can tell you from other than the inner cart CP, M16 seems to be a short inner cart minimal. The usual stuff about 8 millimeters・At 6-7, M16 for about 8 millimeters. The reasons are well understood and may possibly prevent outbursts as well. To the CP and the other with the inner will, in one glance know which is.
On us to not make a mistake.

[Fire]
The first movie, tip of muzzle-up reviews. I pity the white background is invisible gas. Then, after changing the angle followed by a short cut, the last 18 automatic fire (・・・should be.) Here you can see that the gas begins to blow. Folding is greater for the firing sound, but still good shape model, the concern is with a hammer. It is a zinc alloy, is quite striking surface is dented. Sore程frequent fire is not to such a severely damaged・・・. And owns a pair of the same model again, one can spare a little uneasy with the hammer is secured. Heat oil to clean the inside of the cart, the inner O Watch out if the state fire ring, an excellent model for us to operate a near-perfect. The end of 2002, MGC from one of a series M16, HW made M725 (was it?) Was announced resale. Has become expensive place than before but no way, be realistic, reliable operation in the ignition, the Marushin M16 2 can be a good one from the series to be honest.
If you feel there should be rigid steel HW. If you wish to folding can be easily ignited, will by all means should be purchased. I think that is what this part also provide a relief・・・. How about it?

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Sun May 29, 2011 1:04 pm; edited 2 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10733
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:25 am

MGC M16A1 VIDEO


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:54 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Sponsored content




PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   

Back to top Go down
 
Transferred pages from Shiraaya's Website
View previous topic View next topic Back to top 
Page 3 of 11Go to page : Previous  1, 2, 3, 4 ... 9, 10, 11  Next
 Similar topics
-
» Kildare gaa website
» Protrack Website - Profiles
» BMFA Website
» Now that's a county GAA website........
» Great website for random hotrod parts

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
MP40's Modelguns Forum :: Sharaaya's Web Pages-
Jump to: