MP40's Modelguns Forum

International Forum for Modelgun enthusiasts
 
HomeFAQRegisterLog in

Share | 
 

 Transferred pages from Shiraaya's Website

View previous topic View next topic Go down 
Go to page : Previous  1, 2, 3, 4, 5 ... 9, 10, 11  Next
AuthorMessage
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:26 am

MGC MP40


MGC製 シュマイザーMP40


 全金属製MGC・MP40の登場。ちょっと古手のマニアには垂涎の逸品。

 モデル自体の詳しい内容などは、「GUN誌・2004年1月号」の「モデルガン銘鑑」に掲載されるというお話なのでそちらをお読み願いたい。

 なお、今回のモデルは私のものではない。同好の士「ハイキャパ」さんのご厚意によりお預かりしたもの。
 既にご本人の手でCP化(オリジナルは紙火薬オープンディトネーター仕様)がなされ、P220カートを使用すると快調なブローバックが味わえるという。
 以前から、CP化に成功したらお預かりし、ムービーを収録、アップすることで話がついていたものである。

 今回それがようやく実現。待望の発火レポートである。

 実物を手にした最初の印象は「重い!」。さすが全金属製。
 CPに際しての変更箇所はただ一点のみ。ディトをCP用にするだけである。
 もちろんメーカー純正でそのようなものはないので、自作するかカスタム品を手に入れるしかないのだが、「ハイキャパ」さんの場合はカスタム品を購入されたとのこと。

 はじめ、ボルトフェイスを見た限りは、通常エキストの反対側にあるカート保持用のアゴの部分がないので少し心配であったが、次弾がうまく下から支えているようでエジェクトに不安はなかった。

 一通り、内外観を確認したあと、すぐに発火に入る。
 まずはP220カートを20発用意。
 今回は収録場所を変え、一部屋外(自宅敷地内)で撮ってみた。周囲を見渡し、ご近所から見られていないことを確認して、すかさず発火
^^;
 「ダン、ダン、ダン!」とスローなペースで快調に発火が続く。発火音も身近で聞くと結構大きい。
 惜しくもカートが原因で18発目で連射はストップしたが、最高に面白い!こんなにリコイルショックが気持ちよいモデルははじめて!絶妙のバランスとしかいいようがない。

 うれしくなって今度は30発カートを用意する。
 やはり屋外では気が引けるので、サンルームに移動。
 正面から一気に30連射。これは完璧!思わず「やったー!」と声が出る(笑)

 もう、堪らなくなり、また30発カートを準備。もちろんカートはきれいに洗ってオイルをひいてある。
 ストックを伸ばし、しっかり肩付けして再度一気に30連射。またもや一切問題なし!

 いや、凄い!正直、こんなに調子がいいものとは思わなかった。傑作マルシンMP40と比べても遜色はない。
 個人的には、発火性能だけでなく、メンテナンスや補修パーツの入手の容易さを考えれば、総合的にマルシンモデルが優れていると思うが、こと発火の面白さだけとらえればMGCモデルに軍配が上がるのではないかと思う。
 少しスローな発火サイクルと適度に重いリコイルに、完全に魅了されてしまった。

 紹介してあるムービーは、上に述べた18連射、30連射、30連射の計78連射。それに、スロームービーもプラスしてある。
 ただし、ちょっと画質を上げて収録したので、サイズが大きくなっているのに注意願いたい。
長さ30秒以上、1.5メガほどあるのでご注意を。

 このモデルをお持ちの方、実にうらやましい。おそらく大半の方は発火などせず大切にしまっておられることと思うが・・・。
 しかし、そんな中にも「ハイキャパ」さんや「SMG」さんのように、遠慮なく発火される方がいるのは心強い。
 それに忘れちゃならないのは、Mr.マーク。ネット上にMGCMP40の発火ムービーをアップしたのは彼がはじめてだった。
 また、私が知っているだけで、これらの方々以外にもCP発火を目論んでいる方が何人かいらっしゃる。嬉しいね
(^o^)丿。
 飾っておくだけじゃ宝の持ち腐れ。ブローバックモデルは発火させなきゃ!

 さて、「ハイキャパ」さんからは、もう1挺お預かりしているモデルがある。
 MP40と同様に、既に絶版モデルで法律上製造販売譲渡が禁止されているもの。私の知る限りでは、発火ムービーが紹介されたことはない。こちらもP220カートで快調に作動するというお話。楽しみである。




_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Sun Mar 27, 2011 6:43 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:29 am

MGC MP40



MGC MP40 Schmeiser


MGC MP40 All Metal appearance. The ex-soldier enthusiasts coveted little gem. Including details of the model itself, "GUN magazine 2004 January issue" of "in light of a model inscription," I hope there is to read the story of being published.

In addition, this model is not my thing. Like-minded person "Haikyapa" was entrusted by the courtesy of. CP of you already in the hands of his (original design gunpaper Opunditoneta) is made, P220 Blowback food from a good shape that you use the cart. Before, CP預Karishi If you succeed in, recording a movie, which was up about that story. We finally realized it. The long-awaited report of fire. The first impression you get is the real "heavy!". Indeed all metal.
CP of changes to the occasion but only one point. Dito is only for the CP. Nothing is so pure and such manufacturer, of course, but only you get to write your own custom products, "Haikyapa" If that's purchased and custom products. First, as far as the bolt face, because there was little concern for holding part of the jaw on the opposite side of the cart Ekisuto usually anxious to eject from the bottom seems to be well supported by the following There was no bullet or. As one after verifying the view outside, into the fire immediately.
P220 available from the first cart 20. This included changing the location, some outdoor (home site), I took on. [Overlooking around to make sure that the neighborhood has not been seen, firing it immediately ^ ^;.
"Dan, Dan, Dan!" Followed by a slow pace and fire at a good clip. I asked a pretty big fire sound familiar. Eyes of fire from 18, but unfortunately due to the cart stops, the most interesting! Rikoirushokku the first time such a pleasant model! Is not to say other than the exquisite balance.

Now is pleased to provide a cart to 30 shots. Still outside, so feel intimidated, go to the solarium. 30 blaze from the front stretch. This is perfect! Thinking "Yeah!" Voice out Laughing Longer be堪Ranaku, 30 shots and ready to cart. Of course, oil is caught Cart Wash. Extend the stock all at once again with 30 blazing shoulders firmly. No problem at all again! No, amazing!
Honestly, I did not think so and in good condition. Marushin MP40 masterpiece and compares favorably not.

Personally, firing as well as performance, given the ease of maintenance and repair parts available, I think is better overall Marushinmoderu, if only the interest of fire Toraere declared victor by the MGC model I think in the rise. And moderate to heavy recoil a bit slow firing cycle, had been completely fascinated. Introduction to the movie with the above-mentioned 18 automatic fire, automatic fire 30, a total of 78 rapid-fire blazing 30. Besides, the movie also throws a plus. However, raising the quality level it was recorded a little note of hope has grown in size. 30 seconds in length, there are about 1.5 megabytes, so Beware.

If you have this model, really jealous. Most people probably think that he has gone without care or fire. But even in such "Haikyapa" and added "SMG"'s like, what is more reassuring feel to be fired. Why do you have forgotten it, Mr. Mark. Uploaded on the net MGCMP40 of the first movie that he was firing. Also, I only know that, besides these people come some more CP is looking to fire. I am glad (^ o ^) 丿. Then you decorate just useless treasure. Senakya Burobakkumoderu is ignited! Now, "Haikyapa" from friends, there are models that take your other naval vessels. MP40, as well as those that are prohibited by law in the manufacturing and sales model is transferred out of print already. As far as I know, the movie is being introduced is not firing. P220 also operate smoothly in the story of the cart. Be fun.



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Sun Mar 27, 2011 7:02 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:32 am

MGC MP40


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:56 am; edited 2 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:34 am

MGC STERLING Mk V
MGC製スターリング Mk Ⅴ



 MGC製全金属SMGスターリング。
 メインフレームやストックは鉄プレス。バレル、ボルトは亜鉛合金製。
 長物規制前のモデルなので、当然にバレルは貫通している。
 今では製造販売譲渡は非合法。所持のみが許されている。

 このモデルも前回紹介した
MP40と同様「ハイキャパ」さんの所有モデル。
 元々はオープンボルト紙火薬仕様だけれど、CP用ディトネーターをセットし、P220カートが使用できるようにされている。

 実銃はイギリス製。左サイドからマガジンを装填するスタイルなどはステンと同じ。
 ただしマガジンはダブルフィードタイプで、外観もわずかに湾曲している。
 また、グリップがモデル中央に位置しているので持った際のバランスはステンと比べ物にならないくらい良い。

 特徴的なのがマズルとストック。
 MGCモデルではマズルの造型を省略してあるが、実銃ではどこがセンターかちょっとわからないような感じになっていたはず。
 また、ストックは良く考えられた作りになっており、これはMGCモデルでも見事に再現されている。
 このストックの動きを何とかムービーで紹介したかったのだが、どうしてもスムーズに伸縮できなかったので写真で我慢いただきたい。

 「ハイキャパ」さんのお話だと、先日レポートしたMP40並に調子が良いというお話であったので、かなり期待して発火に挑戦。

 しかし、結論からいうと、ちょっとうまくいかなかった。
 「ハイキャパ」さんからの事前の注意事項では、マガジンの固定が甘いので、発火の際には少しフレーム側に押さえつけるようにというお話であったが、コツというか加減があるようでそれがうまく掴めず、また、カートの先端(穴のふち)とディトが接触していた。
 そのためだろうけれど、フィーディングにトラブルことがあり、長い連射を決めることができなかった。マガジンがダブルフィードなのも少し影響しているかもしれない。

 それでもうまく連射が決まると迫力ある。
 発火音はMPより大きく、ガス抜けも良好。
 ボルトはMPに比べれば軽いので、少しサイクルは早いし、カートの飛び具合も段違い。
 最初、反動はさほどないだろうと思っていたが、意外に手応えのある反動を感ずることができ、これは嬉しい驚きだった。

 「ハイキャパ」さんからは「もっとがんばって長い連射決めてよ!」と激励叱咤いただいたが、借り物のモデルであまり無茶なこともできず、また、カートの傷みも結構激しいのでご辞退させていただいた。

 最初は自分が収録したムービーだけで編集しようと思っていたのであるが、モデルを返却後「ハイキャパ」から、ご自分が収録されたムービーを送っていただいたので、それらを合わせて編集してある。
 ストックをたたんだ状態のものが「ハイキャパ」さん、伸ばした状態のものが私。
 フルマガジンによる連射がないのでちょっと食い足りないかもしれないが、そこは編集でごまかし^^;。十分、面白さは感じていただけると思う。

 このモデル、私も以前所有していたのであるが、いまだ発見できずにいる。
 今回は約20年ぶりの対面、感慨深いものがあった。

 このような機会を設けていただいた「ハイキャパ」さんに深く感謝
m(__)m。ありがとうございました。
 また、何か面白いネタがあればお声をかけてください・・・、エッ?まだあるって?何、今度は?・・・・・オホッ
(^.^)!。いいじゃん、それ(^o^)丿。
 次、決まりね!!




_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 29, 2011 4:03 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:35 am

MGC STERLING Mk V

MGC-made Sterling Mk Ⅴ



MGC Sterling SMG all metal products. Press and stock steel mainframe. Barrel, bolt is made of zinc alloy. Because the regulations before folding model, which passes through the barrel of course. Now the illegal manufacture and sale be transferred. Are allowed only possession. This model was also introduced last like 40 MP "Haikyapa" model's own. Although I originally open-bolt design gunpaper, CP Set for Ditoneta, P220 has been used to allow the cart.

Real gun made in England.
Style magazine and load a system from the left side is the same application. However, the double feed type magazine, which looks slightly curved. Also, with the balance when it has good grip in the middle model with applications far beyond systems. Muzzle and stock is distinctive. MGC model has been omitted, but the molding of the muzzle, the gun was supposed to make it real I do not know it was kinda like where the center. The stock has been considered well made, which the MGC is also beautifully reproduced models. Featured in the movie, but I wanted to do something about the movement of this stock, I'd put in the picture could not be absolutely smooth stretch.

"Haikyapa" and it's story, the story reports that last Sun MP40 was so good to average condition, a lot of hope to challenge the firing. But rather the conclusion, it did not work a little. "Haikyapa"'s in advance from the notes, so sweet a fixed magazine, when the fire was suppressed in the story that so few frames, grab it well so that there is moderate or rather tips without, and the end of the cart (lip) was in contact with Dito. But probably because it has trouble feeding it could not determine the long blaze. May have little effect on a double feed magazine.Are determined and powerful still blazing well. MP is greater than the firing sound, good outgassing. Since it is light compared to the MP bolt cycle is a little fast and jump so the cart is also uneven. First, the reaction would not have thought so much, you can feel the backlash telling surprisingly, this was a pleasant surprise. "Haikyapa from" friends "it is harder to determine the long blaze!" I received encouragement and scolding, not even a model borrowed too hard, and you will be fine even decline because of severe pain in your cart . Which had at first just going to edit your recorded movie and then return to the model "Haikyapa" from, so you send your movie that was recorded, edited to fit them there . Have the stock folded state "Haikyapa" says, I have the extended state. Since there may be a bit of fire from食I足Rinai full magazine, there is deception in the editing ^ ^. Enough, I think you feel the fun. This model, which had previously owned but I have yet unable to discover. This meeting of about 20 years, there have been profound. You the opportunity like this, "Haikyapa" thanks to the added m (__) m.
Thank you. Also, please say hello if you do something amusing, edge? I still there? What now?
----- Ohotsu (^.^)! .
Come on, it (^ o ^) 丿.
Next, I decided!
!



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Mar 29, 2011 4:19 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:40 am

MGC STERLING Mk V Video


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 9:59 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:42 am

MGC PATRIOT CUSTOM

MGC製M16ベースカスタム「ぱとりおっと」



Note: Photos from e-hobby Asia's site of Airsoft Patriot rifle


おふざけカスタムである。酔った勢いでMGCのM16ABSモデルに乱暴狼藉を働き、素面に戻った後あわてて収拾を図った成れの果てである^^;
 以下、その所業を記す。



Note: Photos from e-hobby Asia's site of Airsoft Patriot rifle


○バレル部
 ストック内部のメインスプリング収納チューブの長さと、前後のバランスが取れる程度の長さで適当にカット。ガスチューブもどきはあっさりと捨てる。


Note: Photos from e-hobby Asia's site of Airsoft Patriot rifle


 ハンドガードは適当なものがなかったので、古い金属製CAR15コマンドサブマシンガンのものを一時的に流用している。ただし、そのままでは固定できないので、前部に水道配管用の樹脂ぱパイプを短くカットして突っ込み、下からイモねじで締めこんで固定している。それでもくるくる回るのはご愛嬌。






○フレーム部
 キャリングハンドル部分はあっさりとカットする。そのままではみっともないので、プラ版を組み合わせ見よう見まねでピカティニーレールもどきをでっち上げ、カットした箇所に接着しごまかす。

○ストック部
 実銃のパトリオットはメインスプリング等がフレームの上部に設けられているが、そこまでの改造スキルは私にない。
 しかし、ストックを取り外しただけでは、内部の細い金属チューブがむき出しとなり格好が悪い。そこで、ホームセンターで見つけたスポンジチューブをかぶせる。



 内部には手を入れていない。しかし、長年の使用がたたり、少々調子を落としている。特に、30連マガジンとの相性がよくなく、エジェクト不良がよく発生する。まぁそれも愛嬌。いざとなれば、PBさんにお願いしてセンターファイア化してもらおう。

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Thu Mar 31, 2011 9:53 am; edited 4 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:43 am

MGC PATRIOT CUSTOM

MGC-based custom-made M16 "Patriot"



Note Photos from e-hobby Asia's site of Airsoft version


Teasing is custom. MGC's drunken violence M16ABS a rough model to work, aimed at settling the outskirts then hastily returned to the sober ^ ^;
Hereinafter referred to their doings.



Note photos from e-hobby Asia's site of Airsoft version]

The length of the tube inside the stock main spring barrel Osamu Osamu ○, suitably cut is balanced about the length of the front and back. Discard the frankly fake gas tube.



Note photos from e-hobby Asia's site of Airsoft version

Hand guard did not have something suitable, an old metal CAR15 temporarily diverted to Komandosabumashingan things. However, as it can not be fixed, plunged into the short cut plastic pipe for water pipe in front Bomber, today has been fixed from the bottom screwed potatoes. The charm is still spinning.

The cut portion of the frame unit carrying frankly. As is so ugly, concocted a faux version Pikatinireru by watching a combination of plastic, where it adhered to the cut cheating.

Stock of the real gun ○ Patriot is being provided on the top of the frame and the main spring, not far skills modifications to me.
However, just removing the stock, and look absurd inside a thin metal tube is exposed. We overlay the tube sponges found in home centers.

Do not put your hand inside. However, the use of a curse for many years, has cast a little tune. In particular, compatibility with the magazine Yokunaku 30 stations, which often occurs eject failure. Well, it is also charming.
When it comes to, PB I'll have to ask friends to the center of fire.

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Thu Mar 31, 2011 10:10 am; edited 3 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 11:46 am

MGC BERETTA M12S
MGC製ベレッタM12S





 かつてのMGCが販売していたプラ製SMG。
 キットのみの販売であったが、それも通常のキットではなく、一般のプラモデルのように接着が必要なものであった。いうなればマルイのつくるモデルガンシリーズのMGCバージョンである。
 なにせバレルまで左右貼り合わせという徹底振り。フルオート発火モデルでそれをやるのであるからたいしたもの。かつてのMGCの凄さがうかがい知れる製品である。

 実銃はベレッタ製。デザインなどはさすが。
 L型ボルトを使う戦後SMGという点ではUZIやイングラムと同様であるが、そのデザインセンスはまったくもって天と地ほどの差がある。前後の、前傾したグリップの間にちょっと後傾してセットされるマガジンの角度など絶品。
 実銃の性能は知らないが、綺麗なオネエチャンには是非ベレッタをお持ちいただきたい。おじさんなど、それだけで昇天してしまいそうである。

 もちろん新品で購入など不可能で、今回も中古を入手した。
 カートも何もなく本体だけ。その本体もトリガー作動は不良、いくつかの接着面ははがれているといったほぼジャンク。
 しかし、どうせ発火し倒すモデルだから大して気にせず、カートなどは適当に流用が効くだろうと思い軽い気持ちで作業を始めた。
 が、これがとんでもない大違いであった。

 以下の記述には何等参考となることは記載されていない。ただの失敗の羅列。馬鹿の足跡。アホの行状。そういうつもりでお読みいただきたい。




 まず分解。
 取説はないが、過去の「G」誌上の紹介記事を探し出しそれを参考に行う。
 トリガーの不具合はすぐ改善。ここら辺は鼻歌まじりであった。
 ボルト表面に貼られていた装飾用アルミテープは摩擦の原因なので剥がしてしまう。その跡を綺麗にペーパーで剥いて動きを良くする。バレルを抜き出すと、接合部がはがれていた箇所があるのでアクリルサンデーを流し込み再接着。
 くわえタバコでスーイスイ。・・・そう、ここまでは・・・。

 しばらく時間をおいた後、流用カートを決める作業に入った。
 当初、9ミリリアルCPかP220又はUZI用カートが流用可能と考えていた。
 ところがそれを阻む大きな障害が1点あった。それはディトの太さ。太い!オープンタイプほどではないにしろ、一般の閉鎖系カート用のディトとしてはちょっと太すぎる。手持ちの9ミリ系カートがいずれも入らないのである。マガジン、ボルトフェイスへの納まり具合からいえば9ミリリアルかUZI用なのだがとてもそのままでは使用できない。

 普通のモデルであれば、ディトを取り外し、周囲を削り細くしたり、他のモデルのディトを流用するのであるが、このモデル、ディトはインサートと一体でバレル内にはめ込まれ、そのまま接着されているので外せないのである。

 こうなるとカート側で工夫しなければどうにもならない。
 そこで仕方なく、9ミリリアルCPの先端ホールをリーマーで拡大した。その状態で、数発フィーディングを確認したが・・・駄目。今度はランプの辺りにカートが詰まりチャンバーへ送り込めない。なだらかなランプの形状と9ミリCPの鋭角な先端角度の相性が悪く、突っ込みを起こしてしまう。
 まいった。

 そこで今度は、カート先端を1ミリほど平坦に削った。
 これで再度確認。先程よりはましになったが、どうも一度ランプに激突してから、チャンバーに潜り込むようで、よく見ていると一旦ボルトは止まったような動きを見せる。ここでもう一度念入りにカートの先端部分の加工とホールの再拡大を行う。

 三度目の確認。ようやくスムーズなフィーディングを見せてくれるようになったが、それでもカートの加工に微妙な差があるようであり、うまくいかないときもままある。

 これ以上やるのも面倒になってきたので、一度火薬をセットし、テストしてみることとした。
 10発用意し、発火。あれっ?どうも不発が多い。どうやらマガジンSPのテンションでボルトの前進スピードが減殺され、発火に至るまでの衝撃を加えられないようである。3、4発装填した状態では綺麗に発火する。
 あ~ん、困った。

 そうやって何回かテストしていたときであった。一際大きな発火音がした。なんじゃ?と思い確認してみると・・・、ガーン!カートからインナーが飛び出し、ランプを傷つけているではないか!余りに薄く、かつ、ホールを広げすぎたため、内部から突き上げるインナーの衝撃に先端が耐え切れず、インナーが飛び出したようである。
 ヘロヘロ。

 気を取り直し、バレルの状況を見る。どうやら大したことはなくランプが少しへこみ、小さなひびが入った程度。これくらいであれば裏側からABS板を溶着すれば補修は可能。
 しかし、困ったのはカート。加工して先端部が薄くなったCPでは同様なことが起こる可能性大。ここは丈夫なPF系で勝負するしかないと判断。
 ただ、そのためにはもっとディトが細くならないと無理。そこで思い切って、バレルを分解し、インサートごとディトを取り出すこととした。

 バレル左右の合わせ目に沿って、細めのドライバーをさし込み、加減しながらゆっくりと剥がしてゆく。幸か不幸か組み立て方が雑だったのであろう。案外簡単に剥がせた。
 その上で何とかインサート兼ディトを取り出し、作業開始。これでようやく問題解決かと思ったが・・・、まだ罠があった。

 よくよく見ると、亜鉛製のインサートの先端部(チャンバー側)がロッド状に突き出しディトのベースとなっているのであるが、その先端にはキャップ状の鋼材が被せられている様子。ディト全体がキャップをかぶったボールペンだとすると、ボールペン本体がインサートから伸びたロッドで、キャップが鋼材という関係。
 鋼材は当然に薄く、削りすぎると外れる。そうなると先端部の長さが変わるということ。カートによっては発火不能となる危険性大。でもそのことに気が付いたのは粗方削ったあと。
 フニ~、どうなることやら。

 この時点で削るのは止め、バレルを再度組み立てることとした。
 念入りに洗剤で洗い、よく乾かしたあと、アクリルサンデーを使用しその後万力にセットして2昼夜放置。接着を確認した後、ドキドキハラハラ、不安な気持ちを抱きながら発火。
 ところが・・・、あ~れ~。
 初弾発火後、何かポロリと黒いものが落ちてくる。あ~ん、やっぱりディトの先端(鋼材部分)!削りすぎたため、衝撃に耐え切れず折れちゃったよう。長さは3ミリ弱だけど、発火不能になっちゃった。

 一難去ってまた一難。
 このモデルにここまで手を焼かされるとは思ってもいなかったので、腹が立ち一時真剣にぶっ壊してやろうかと思ったが、それはグッと堪えた。
 
 さてどうするか。このままディスプレイモデルにするか。しかし、それには綺麗なオネエチャンが不可欠であるが、当方、手持ちは妻と娘のみ。とても「キレイ」、などといえるものではないのでこれはパス(これ読んだら怒るだろうな~)。

 ほとんどめげてきたが、今しばらく、うじうじ考える。
 発火が不能なのは、ディトの長さが足りないのが原因。これを延長するのは不可能なので、あとはカート側で工夫するしかない(って、なんだ最初から全然進展してないじゃん)。 
 UZI用カートの使用を前提に思いついた方法は2つ。まずはインナープラグを長くすること。もう一つは発火ピンを長くすること。

 インナーを長くするのは二段重ねにすればよいし、発火ピンを長くするのはM16用カートのリムを使えばよい。早速インナープラグを二段重ねにして発火テスト。
 でも駄目~。発火すれどもまったく動かず。やはりディト先端の形状が合っていないため、発火した途端にインナー中央のガス抜きホールからガスが漏れ、ブローバックに必要な後退力が得られていないようである。これではインナーを一段にしてリムをM16用カートにしても同様。
 脳が痛くなってきた。

 ここで役に立ったのがM712の経験。あの時、色々カートの組合せを考えたことを思い出し、いけそうな方法が閃いた。
 それはCP用インナーを使用する方法。旧タイプの空キャップを使用するインナーに通常通り空キャップをはめ、UZIカートのケースに前後反対にしてセットする。これであれば、ガス漏れは発生しないし、ディトの長さを補い、かつ、ストロークも改善する(はず?)。


 早速発火。
 ヤッホー!成功!マズルからのガス抜けは微々たる物であるが、きれいにブローバックし、エジェクト。セミでのテストであったが、ボルトはちゃんと後退ポジションでロックされている。
 嬉しくなり、早速10発準備。
 ・・・ところが・・・。まだ、落とし穴が用意されていた。

 いそいそと10発マガジンに詰め、フルにセットし発火。でもうまく連射できない。2、3発ごとに後退量不足が生じている。うまくいって、4発が限度。なんでだろう?理論上(って、私にたいした理論があるわけでないが・・・)うまくいくはずなのにと思い、カートを確認してみると・・・、分かった。インナーがカート内で傾き、完全に前進しきらないことがあるため、十分な後退量をボルトに伝達しきれていないのが原因であった。
 柔らかいキャップをガイドとして使用しているため、ディトに激突したときや撃発したショックでインナーが傾きそのまま前進、カート内部の段差に先端の発火ピンが接触してそこでストップするようである。インナーが傾かず前進したときはうまくブローバックするみたい。
 う~ん、奥深い。まるで難易度Sクラスのロールプレイングゲームのラストステージのようである。
 さてさて、どうするか。

 とにかく、方向性は間違っていないことが分かった。あとは、インナーが傾かないようにすればいいだけ。HW用インナーを使用すれば傾きは発生しないのであるが、これだとほとんど発火音が聞こえない。空キャップを使用するものだと、密閉度が低いことが幸いして音もそれなりに大きく、僅かであるが前方にガスが噴出したが、HW用インナーだと密閉度が高いため、何もアクションを感じない。それではちょっと面白くない。

 ほんじゃまと持ち出したのが、CPカートのプライマー。これを前後逆にし、インナーとしてセットする。ほんの僅かカート内壁に比べ径が小さいように感ずるが、これが幸いするように思える。
 早速1発用意し、セミにセットし発火。カコーン!といい音をさせて綺麗にブローバック。ボルトのロックもOK。ようやく成功か?

 なお、調整の途中で、リコイルSPをマルシンXMのものに交換してある。この方がテンションが強く発火も確実になる。

 そこで、またまたカートを10発準備。今度こそと思い発火。
 が、駄目!最高で4連射。CPプライマーも発火後、カート内で傾き後退力を伝達しきれていない。
 もういい加減うんざりした。

 ちょうどこの頃、北陸地区のオフ会が開催され、その際「XSさん」からこのモデルのオリジナルカートを10発いただいた。ありがたく頂戴したが、なんという皮肉・・・。

 この段階で入手後2ヶ月近くが経過していた。しばらく時間をおき、各パーツを確認していたところ、ディトが傾いていることを発見!いくらカート先端のホールをリーマーで拡大したといってもオリジナルと比べると狭いことから、チャンバーへの装填の都度過剰に接触していたらしく、その影響で上へ曲がっている。これでは早晩駄目になることは見えている。なにせディトの材質は亜鉛合金。寿命は短い。


 で、どうしたかというと、結局「XSさん」からいただいたオリジナルカートを使用することとなった。
 そのままではディトの長さは足りないので、プライマーとキャップ火薬の間にスペーサーが必要。ここにはPFカートのプライマーを使用。ストロークが短くなるところは、HWインナー(オリジナルは空キャップ使用タイプ)のパンチ力に期待して眼をつぶる。

 早速テスト発火。これは何とか成功。しかし、カートのエジェクトの勢いがない。排出されたカートは遠くへは飛ばず、エジェクションポートの周辺でじたばたしているだけで。
 PFカートのインナーには中央に穴があいていることから、発火後その穴に沿ってキャップに穴があき、ガスが後方へもれているようである。
 もう、がっくり・・・。なんとか、フルでの発火には成功したが、これでは面白くない。

 そこで、CPプライマーを二段重ねにして挑戦。ストロークは目いっぱい短くなったがパンチ力に期待。これは成功!10連射がきれいに決まり、カートエジェクトの勢いもかなりある。
 心底ほっとした。

 ただ、4ヶ月近く、あ~だ、こ~だと悩んだ末、結局、オリジナルカートを使用することとなってしまった。一体この4ヶ月間はなんだったのだろうか・・・。むなしい・・・。

 ということで発火シーンである。

 最初は先に述べたPFカートのインナーをスペーサーにしたもの。カートがエジェクションポートの周辺でじたばたしているという状況がお分かりになろう。
 それ以降は「必殺CPプライマー二段重ね」によるもの(笑)。といっても5連射と10連射なので大したことはない。結構元気で、回転も速い。10連射などあっという間である。
 なお、すべてリコイルSPはマルシンXM177のものを使用している。


 このモデル、たまにオークションに出品されている。もう絶版モデル、それも絶好調時代のMGC製ということもあるのか、結構いい値段がついたりしているようだ。個人的にはそんな価値はないと思うのだが・・・。
 ディトネーターの耐久性は一般のモデルより劣るだろうし、バレルの衝撃吸収ラグは発火を続ければボロボロになり用をなさなくなる。補充パーツが容易に手に入るのならばいいだろうが、現状ではカートの入手も困難。よほどこのスタイルにほれ込んだのであれば別だが・・・。
 とにかく発火を目的で購入されるのであれば、必ずオリジナルカートも併せて入手されるようにすべきであろう。

 最後に。
 「XS」さん。カートありがとうございました。おかげで何とかものになりました。感謝します。


2003.10
 前回レポート後、専用カートを別に入手できたので、それを使用しての発火である。
 発火シーンは、手当たり次第にくっつけて編集したもの。気取って、ストックの展開シーンを入れたり、ちょっと気合が入りすぎているが、気にせず笑い飛ばしていただければ結構
(^^;。一応、最後にはスローも付けてある。
 本体の調子はまあまあ。ただ、このモデルもボルトフェイスのカートをマガジンから抽出するあごの部分が磨耗し始めており、カートの保持が悪くなっている。そのため、エジェクトの方向はバラバラだし、ごくたまに、カートがボルトフェイスからこぼれ作動不良を起こす。ステンⅢで行ったように、フェイスだけ再生すれば完璧に発火するようになるとは思うが、そこまでの気は今のところない。
 ステンやこのM12Sに限らず、ボルトフェイスのあごの磨耗はオープンボルトファイアモデルには共通した問題に思う。あごの部分くらいは鋼材で別パーツで作製してくれないものだろうか・・・。



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Thu Mar 31, 2011 10:43 am; edited 2 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 12:18 pm

MGC BERETTA M12S

MGC Beretta M12S




MGC-made plastic was once sold by SMG. The kits were sold only, not the usual kit, too, was something like a plastic model glue required in general.MGC model gun series, basically creating a version of the Marui.
A thorough shake-bonded to the barrel right at any rate. No big deal to do it from the model of full auto fire. MGC former spy out the terrible of the products come out.

Beretta made a real gun. Design and truly. L-bolts use a war in terms of the UZI SMG is similar to Ingram, and the design sense that has light and shade at all. Around, and excellent magazine is set to the angle of inclination of the grip after a little while before the trend.
Not know the actual performance of the gun, and the beautiful Oneechan'd come have a Beretta. And uncle, I knew I would be up for it just dies.

In almost impossible to buy new, of course, you get used again.
Cart not only the body or anything. The body of work also trigger bad junk about some of the adhesive surface and is peeling.
But do not worry much anyway because it ignited the model down and started working with Kurt and I will have a light feeling suitably diverted.
But this was an unexpected big difference.

The following description is not any kind of references to be listed. Just a series of failures. Foolish footsteps. Doings of a fool. Please read on such a plan.




Decomposition first.
Instruction manual, but in the past "G" find it helpful to do a post about the magazine.
Failure of the trigger for immediate improvement. Pure around here was humming.
Decorative aluminum tape was affixed to the surface of the bolt, so they stripped the cause of friction. Improve the movement to strip off the paper trail to clean. He pull out the barrel, poured into Sunday acrylic replantation was peeling because the junction point.
Suisui tobacco mouth. ・・・So far・・・.

After some time I've entered the cart determine the diversion work.
Initially, the real-mm or 9 CP UZI or P220 can be diverted thought cart.
There was one point, however severely hamper it.It Dito thickness. Fat! In the more open type, if not a closed system cart Dito for the general public a little too thick. Both systems are going in a 9mm hand cart. Magazine, 9 mm or speaking from the real condition of Mari Osamu UZI bolt face so as is but can not be used for that.

If the normal model, Dito remove or cut around the thin, Dito will be diverted to other models, this model, Dito is fitted together with the insert in the barrel, which is bonded directly Because of the trouble releasing.

Do not even have to twist in the cart this would happen.
So reluctantly, expanded at a real 9 CP mm reamer tip holes. In this state, confirmed the development of feeding・・・useless. Now送Ri込Menai cart around clogged the chamber of the lamp. 9 mm smooth shape of the light CP poor compatibility of the sharp tip angle, the thrust would cause.
It came.

Now, we shaved about 1 ms flat top cart.
Now check again. But better now than earlier, and then crashed into a lamp so much time, so dive in the chamber, once the bolts have seen a move that drew well. Hall expansion and re-do the process again, carefully tip the cart here.

Check the third. It became finally show us the smooth feeding, and processing so that there is a subtle difference in the cart yet, there remains even when things go wrong.

I do it has become more troublesome, once set the explosives and decided to try the test.
Provided from 10 fire. Huh? Thanks a lot misfire. SP Magazine is apparently diminished forward speed of the bolt tension is not applied as a shock to the ignition. 3 and 4 were loaded from the fires in the state beautiful.
Oh, I, a problem.

When I was doing some experimentation with it. The sound is conspicuously Kina Hiroshi fire.And Bye? Looking・・・wanted to make sure, Garn! The inner from the cart out, I might have hurt the lamp! Too thin, and the hall was too extended, endure the impact of the tip from within the inner thrust seems to have jumped out the inner.
Herohero.

Feeling very, view the status of the barrel. Apparently not a big dent in a little light, a little cracked about. ABS repair from behind so much if you can not be welded to the plate.
But the troubled cart. The thinner the tip of CP to process that may occur in the same. This sturdy PF decided to compete only in the system.
However, for the more impossible to be thin Dito. Go ahead there, disassemble the barrel, insert and retrieve the per-Dito.

Joint of the left and right along the barrel, including the driver refers to thin, and slowly goes to peel off moderate. Miscellaneous assembly was probably better or worse. Was surprisingly easy peeling.
Dito on something insert and remove it and start working. I thought it・・・finally solve the problem, there is still a trap.

Looking carefully, insert the tip of the zinc (the chamber), but has become the basis for projecting rod-shaped Dito, and the tip of the state are covered with the cap-shaped steel. Assuming that the entire pen Dito wearing a cap, and insert the rod extending from the pen body, a steel cap is involved.
Naturally thin steel, cut off too. That changes the length of the tip then. The cart is a danger of fire impossible. But then I noticed it mostly after the cut.
Huni ~ We'll see.

Stop the cut at this time, decided to reassemble the barrel.
Carefully washed with detergent, then dry well and leave to set two nights in a vise and then use acrylic Sunday. After confirming the adhesive pounding suspense, a sense of insecurity, holding fire.
However・・・, there is ~ ~.
After firing the first bullet, what is falling and crying in some black. Oh, I tip, I thought Dito (steel part)! Due to excessive cutting, endure the impact that got broken. But less than 3 mm in length, I was unable to get fired.

Road to perdition.
When this model焼Kasa hands so far had no thought, I thought about that seriously ruined when a stomach started it with a jerk堪Eta.

So what to do. Whether the display model as it is.However, it is essential Oneechan beautiful, me, my wife and daughter on hand only. Very "clean" and say something like this is not a path (and will get mad - I read it.)

Mege has been little while now, we hesitant. eTh non-firing is because of Dito is not long enough. Since it's impossible to extend, after the cart has no choice but to devise (What, What Tenaijan progress at all from the beginning.)
UZI method based on the use of a cart came up for two. First, a longer inner plug. The other is a longer firing pin.

The longer do I contact the inner two-tiered, the longer the firing pin M16 rims should I use for the cart. Two-tiered test to fire an inner plug immediately.
But useless. Do not move at all our fire. Not match the shape of the tip Dito still venting gas leak from a hole in the center as soon as the inner fire, you do not have the force is necessary to retreat blowback.This is further to the inner rim as well as by M16 cart.
Have hurt the brain.

M712 is a useful experience here. At that time, remember that the thought of various combinations of the cart, how inspired and able.
How to Use It Inner CP. Wear a cap to the inner air normally using the old type of air cap, UZI set forth in opposition to the case of the cart. If it will not cause a gas leak, to compensate for the length of the Dito, and also improves the stroke (should?)


Fire immediately.
Yahoo! Success! Outgassing from the muzzle is a paltry thing, a clean blow to the back, eject. Was tested in the semi-bolt is locked back in position properly.
Happy and ready immediately from 10.
However・・・・・・Was still a catch is provided.

10 rounds magazine packed with gusto, firing full set. But not blazing well. 2,3 shortage has arisen from the amount of each retreat. Successful, the limit is 4 shots. Wonder why? In theory (I, a theory that does not mean much to me・・・), who should I work with, and try to check the cart・・・, OK. Inner slope in the cart, because it perfectly fit to move forward was because the bolt not fully convey the full amount back.
Used as a guide due to the soft cap, the inner slope as it is in progress or when the shocks hit the percussion Dito is there to stop firing pin is in contact tip to step inside the cart. If you want to forward the blowback傾Kazu the inner well.
Well, deep. Almost as difficult last stage of S-class role-playing game.
Well, what to do.

Anyway, we found that the direction is not bad. After that, you need to do is lean into the inner. You can use the inner slope for the HW is not the cause, but I do not hear this much fire. I shall use the air cap and large is reasonably happy with the sound of lower closed, but the gas is ejected into a small forward, HW because of the high degree of inner seal it for no action feel. So a little fun.

Is brought to you Honja, CP primers cart. This is about to reverse, as an inner set. To feel the inner diameter is small compared to cart slightest, which seem to be happy.
Immediately prepare a development, set in semi-fire. Kakon! Blow-back will be pretty good sound.The bolt lock is OK. Success or last?

In the middle of the adjustment, the recoil SP Marushin have replaced those of XM. Would certainly be more tension in this strong fire.

We prepared 10 from the cart again. Want to catch fire this time.
And No! Automatic fire up to four. After the CP primer ignition, not fully convey the power tilt back in the cart.
Irresponsible bored already.

These days, just off meeting was held in Hokuriku district, when the "XS's" model of the utmost発Ita 10 from the original cart. But my gratitude, what a cynical・・・.

Nearly two months had elapsed after receiving at this point. You wait awhile to see where each part was found that the tilted Dito! Compared with the original narrow Even though the larger hole reamer tip some cart, each time Itarashiku contact with excess loading on the chamber, which in turn impact on them. This can not go up in smoke is seen sooner or later.Dito zinc alloy material is quite long. Life is short.

In and say what happened, after all "XS added," to use the cart was received from the original.
Dito as is because of insufficient length, the cap must be spacers between the primer and gunpowder. Here cart using the primers PF. At shorter stroke, HW inner (original air cap type used) expected to turn a blind eye to the punch.

Test firing immediately. It somehow succeeds. However, there is no eject momentum of the cart. The cart will not fly far discharged, only to wriggle around Ejekushonpoto.
PF cart to the fact that the inner hole in the center, a hole along the hole after firing cap, it seems that gas is leaking back.
Again, disappointed. Somehow, the firing was successful in full, this is interesting.

Thus, CP-tiered challenge to the two primers. The expected punch stroke was shortened to the fullest. This is a success! 10 determined to clean the blaze, a considerable force of Katoejekuto.
Really relieved.

But nearly four months, but Oh, this - that agony, after all, they have become used to the original cart. The past four months what the hell is・・・Was it.・・・Vain.

That ignited the scene.

PF was first mentioned in the cart inner spacer. Become a situation where you know you are struggling Ejekushonpoto cart around.
Since it is "two-tiered deadly CP primer" by (laughs). Since a big blaze of fire and 10 Even though there is no 5. In doing fine, faster rotation.A blink and a blazing 10.
The SP is all recoil using XM177 Marushin ones.


This model is sometimes auction. Out of the other models, the perfect form that era that the MGC is also made of whether there seems to be about price and pretty good. Personally, it is worth I do not think so.
Ditoneta durability is probably worse than the general model, the barrel lug a shock absorber for Nasanaku a fire and we continue to fall apart. If you would like to enter the replacement parts are readily available, at present difficult to obtain in the cart. But if another abuses・・・Hore込Nda this style.
If that is purchased for the fire anyway, so that will be available also to make sure the original cart.

Finally. "XS" friends. Thank you for your cart. Now, thanks to those somehow. Thanks.

2003.10
After the last report that we have only cart available separately, and use it for firing. The fire scene, was stuck on haphazardly edited. Smugly, into the scene and expand the stock, but little is flooded fired, you'll fine to not worry about laughing (^ ^;. Once, in the end is too slow with. So-so condition of the body.
But that has started to wear the chin area to extract from the magazine cart bolt face model also has a cart with poorer retention. Therefore, the direction of ejecting the pieces however, on rare occasions, cause a malfunction cart spills from the bolt face. Ⅲ as was done in stainless steel, and as if to fire a perfect face, but I just play, do not feel up to it now. M12S Stainless Steel and is not limited to this, the bolt face to wear the chin Opunborutofaiamoderu think the common problem.
What about those parts of the jaw me another fabricated steel parts.



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Thu Mar 31, 2011 10:59 am; edited 2 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Sun Jan 23, 2011 12:22 pm

MGC BERETTA M12S VIDEO


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 10:01 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 3:48 pm

MGC THOMPSON M1921
MGC製トンプソンM1921


【発火までの経緯】
 ステンマークⅢの調整を終え、発火ムービーを紹介させていただいた頃でしょうか。
 以前からネット上でお付き合いいただいておりました「W・アクセル」さんから、紙火薬仕様のMGCトンプソンを所持している旨、お話がありました。
 こういうことにはでしゃばりな私、そのままにしておくのはもったいないのでCP化されてはどうかとお話いたしましたところ、「じゃ、送るから、やって」とのお言葉。
 言い出しっぺは私ですし、トンプソンは今まで触ったことがないモデル、好奇心もあり「了解」と回答。
 というわけで、一時ですが私の手元に参りましたトンプソン、無事CP化を果たし持ち主の下に帰ることが出来ますやら・・・。


【概要】
 全金属製SMG。
 重量4.3キロ。
 はっきり言って重い、でかい!
 こんなに大きく重いモデルとは知りませんでした。
 ストックを肩につけ、前後のグリップを握りますと脇があき、腕が伸びきってしまうように感じます。
 
 もちろんオープンボルトファイアリング。
 お預かりいたしましたのは、50連(モデルガンでは39連)ドラムマガジンが付属したいわゆる「シカゴタイプライター」。
 冷却ファンの設けられたバレル、先端のカッツコンペンセイター、ピストルグリップ型のバーチカルフォワードグリップ、フレーム上方に突き出したコッキングノブ、複雑な形状をした調整可能リアサイトなどが特徴です。
 紙火薬を使用するタイプですが、長物規制後のものですので銃身は閉鎖されています。
 作動のMGCの製品ですから、内外には独特にアレンジがあるようですね。
 グリップ周りの特徴的な模様も、本来はセレクターなどを固定するためのスプリングをモールドで表現した結果のようです。

 1930年代を舞台としたアメリカはシカゴを舞台としたギャング映画には欠かせないモデルです。
 登場した映画は数知れず。
 そんな中で最も印象的だったのは、「ミラーズクロッシング」の中で銃弾を浴びたギャングが中空に弾丸を撒き散らすシーン。
 闇夜にマズルフラッシュが鮮烈に美しく、大変強く瞼に焼き付いています。



【調整】
 本当はCPモデル用のチェンバーとディトがあればそれに交換するだけで造作なく、CPモデルに変更できるのですが、そんなものないので何とかしなければなりません。
 ですけど基本的にはディトだけの問題。
 予想では、早ければほんの1,2時間で完成するだろうと思ったのですが・・・、甘かった。

 以下は2日間の試行錯誤の顛末です。

○初日
 最初手元に届いたその日に、すぐチェンバーを取り外そうとしたのですが・・・、まずこいつが取れません(*_*)。
 固定用のボルトは緩めたのですが外れないのには弱りました。
 仕方なく、チェンバー周辺をゴムハンマーで叩き、ショックで緩めること半時間、ようやく取り出すことに成功。
 次いでディトを外します。
 ディト本体は簡単に外れたのですが・・・、外れなかったのがチェンバーとディトをつなぐスクリュー(ホーローネジ)。
 これがチェンバーに固着しどうしても外せません。
 CRC556をたっぷり吹きつけ一晩おいたのですが、翌日確認しても全くびくともしません。


○2日目

 そこで少々荒っぽいやり方ですが、このホーローネジ自体を電動ドリルで抉り取ることにしました。
 そのあと、ネジが固定されていたネジ穴(ねじ山はドリルで削られてしまっている)に、既存のネジを差込み、反対側(チェンバー内部)からワッシャーで固定し、代用ディトとしました。
 この時点で10発試射。
 しかし、ネジが上手くセンターに位置せず、カートの先端が激突し変形すること数発。
 また、衝撃でネジ本体が曲がるので「こりゃ駄目」。
 スチールかチタン製ならば耐久性はあるのでしょうが、手持ちにはないのでこの時点ではネジを代用するのは断念。
 
 再度思考タイム。
 考えなければならないのは、ディトの固定方法と、セットしたディトをチェンバーのセンターに位置させること。
 まずディトの固定方法はチェンバーの閉鎖された側の中央部の穴(当初ディト固定用ホーローネジがセットされていた穴)に叩き込むことで固定することとします。
 このモデルは銃身が閉鎖されており、チェンバーの裏側はすぐバレル本体の壁ですから、ディトの固定にも好都合です。
 次いでセンターの位置出し。
 叩き込んだだけでは、衝撃で傾く可能性が大きいですからこれを防止する必要があります。
 まず目をつけたのがタナカのパラカートのインナースリーブ。
 外径が7,8ミリ、内径5ミリの金属パイプ。
 これに代用ディトにする予定のマルシン製のディト(機種不明)がきっちり入ります。
 しかしこれだけではチェンバー内径(13ミリほど)とは差がありガバガバ。
 ついで、マルシンのサイドファイアガバ用カートのリムを使います。
 サイドファイアですからリムには撃発ピンが埋め込まれていますので、これを外さなければなりません。
 外し方は簡単、カート底部中央部に適当な金属棒を当て、ハンマーでぶったったくだけ。
 何回か叩けば、鉄製の撃発ピンが抜けてきます。
 そうすると外径12ミリ、片面の内径7、8ミリの平たい変形金属パイプが出来上がります。
 このリムをチェンバーに入れますと多少ゆるいですが、ほぼ中心に直径7、8ミリの穴が出来ます。
 そこにちょうど半分の長さにした(金ノコで切る)パラカートのスリーブを入れます(これも叩き込む)。
 最後にディトを入れ、チェンバーの穴に思いっきり叩き込みます。
 これでディトは外れませんし、概ねセンターが出ます。
 ただ、発火の衝撃でちょっと傾いてしまいました(^^ゞ。
 時々,カート先端の穴の周囲に当たるようですが、ボルト前進の勢いで装填されるようで発火には障害はないようです。
 でもカート傷だらけになってしまいました(T_T)アクセルさんご免m(_ _)m



 説明が遅れましたが、使用したカートは旧45CPカートです。
 代用するにはMGCかマルベリの40S&Wリアルサイズが互換性があるかも(確認していません)。
 ところでオリジナルのCPカートってどんなサイズだったの?もしかして専用、それとも旧45CP?少なくとも旧45CPでは、上に述べたディト以外一切他を触る必要はありません。

 何でこんな方法を採ったのか、思いついたかのと問われましても、返答に困ります。
 手元にあるもので何とかならないかと考えた結果が、たまたまこのような方法で具現化したまでのことで、別の機会に行えば違ったパーツを使い違った方法を採ったかもしれません。
 後日、模型店に行った際、ラジコン模型のパーツでなんとなく流用できそうなものをいくつか発見しました。
 余裕があればこれらを使ったかも・・・。






【発火ムービー】
 14連射、5連射、5連射、17連射そして34連射、と言いたいところなんですが・・・。
 ご覧いただければ分かりますが、最後の連射、途中1発後退量不足で中断しております。
 大体12、3発目くらい。
 その後は20発以上問題なく連射しているので大変残念です。
 何分、再度30発以上準備するのも面倒なので、相変わらずの下手くそ編集でごまかしました(^^ゞ。
 それでもムービー収録8秒間、ほとんどカートは飛びっぱなしです。
 少々気合が入りすぎている(歯を食いしばっている(^^ゞ)のが恥ずかしいのですが・・・。
 笑わないで下さいね。

 所有者であるアクセルさんからは是非39連射をという要望があったのですが、それは所有者特権として温存し丁重にお返しさせていただきます(笑)。

 発火しての印象ですが、本体が重い反面金属ボルトとはいえボルト自身はそれ程重たくないことから、反動といいますかリコイルショックはあまり感じません。
 モデルから受ける印象からすると予想外に軽やかな作動感ですね。
 UZIやステン、あるいはプラ製ですがマルシンMP40の方がリコイルショックは強く感じます。
 ただし、作動の安定感はMP40に匹敵するものがあります。
 大変安心して発火できる優秀なモデルといえるでしょう。さすがMGCです。

 残念なのは銃身が閉鎖されていること。
 他社、CMCやハドソンのトンプソンはM1タイプでしたので、軍用フォワードグリップに隠れた位置にガスバイパスがあったように記憶していますが、MGCの場合、バーチカルフォワードグリップの装備を前提としていたことから、ガスバイパスを設けることが困難なため、長物規制に伴い完全閉鎖するしかなかったことは理解できるのですが・・・。
 これでマズルから発火ガスがバンバン噴出したらすごいモデルになったことと思います。

 まだ、長物規制前のモデルをお持ちの方たくさんいらっしゃると思います。
 そんな方々の中にはCP化された方もいらっしゃることと思います。
 正直大変うらやましい。
 一度、規制前のモデルをCPで発火してみたいですね。

 このような貴重な機会を与えてくださいましたW・アクセルさんに感謝いたします。
 ご希望に沿えたか自信はありませんが、CPでの発火、楽しんでいただければと思います・・・
 壊れたら、いいカスタム屋さんご紹介しますので(^^ゞ・・・。



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Thu Mar 31, 2011 11:04 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 3:50 pm

MGC THOMPSON M1921 (English Translation)

MGCM1921Thompson


- Background to the fire;

After the adjustment Sten MkIII, what time the movie let me introduce you fire. Acquaintance on the Internet to Itadai Orimashita before "W accelerator" from friends, MGC gunpaper specifications are in possession of the Thompson effect, there was a story. Presumptuous to me these things, so just to keep up ized CP is a waste When we talk to if, "Well, send it, to do" with your words.
Who brought it to me, Thompson was never touched until now the model also has curiosity "OK" answers. So my hand is参Rimashita Thompson transient can safely return to CP under Yara owner of play.


Abstract

All metal SMG.
Weight 4.3 kg. Clearly heavy, huge! I did not know so much larger and heavier models. Nitsuke shoulder stock, perforated around the sides and grip the grip, I feel like they stretched arms. Opunborutofaiaringu course. We take your on the 50 stations (39 stations in the model gun) drum magazine that comes with the so-called "Chicago typewriter."
Barrel cooling fins provided, Cutts Compensator tip, pistol grip type and Forward grip, protruding above Cocking Knob frame features an adjustable rear site and a complex shape. It uses a type of gunpowder, paper folding barrel because it is after the regulation has been closed. The work is a product of the MGC, and out there sounds like a unique twist. Also distinctive pattern around the grip, rather than the representation of the results as a spring to fix the mold and selectors.
The United States is set in 1930s Chicago gangster movie set in the model is essential. Appeared in countless movies.
The most impressive was that the "mirror Zukurosshingu" hollow bullets to scatter the scene got a bullet in a gang. Muzzle flash at night is beautiful and vivid, and very strong burned into my eyelids.

[Adjustment]

CP actually just replace it without any trouble if the model for the chamber and Dito, CP I can change the model must do something because there such a thing.
But basically it is just a matter of Dito.
The expected, as early as 1 minute I thought it would be completed in time, sweet. The following is a full account of two days of trial and error.

Premiere ○

On the day you receive the first I have to remove the chamber immediately, please take the first guy (*_*). Retainer bolt is loosened for removal of weakened. Reluctantly, a rubber hammer beating around the chamber, half an hour to relax in shock, finally succeeded in removing. Remove and then Dito. Dito's body is simply off the screws connecting the chamber and the外Renakatta Dito (Horoneji). This is absolutely fixed to the chamber外Semasen. CRC556 I've blown plenty of night, the next day to check Tomoshimasen budge at all.

Day 2 ○

It is a little rough way we decided to take the scoop on this Horoneji electric drill itself. Then holes were fixed screw (threaded they've been cut by the drill), the existing screw insertion, the other side (inner chamber) is fixed in the washer, and to substitute Dito. Test-fired 10 rounds at this point. However, no screws are located in the center well, transforming a number from the tip of the cart crashed. Since the screw body bends "shock absorbing useless." Durable steel or titanium, if you think there is, at this point because there is a substitute for hand screw abandoned. Thinking time again. Have to think about is how to fix the Dito, located in the center of the chamber can be set to Dito. Dito of the first fixation hole in the center of the chamber was closed (the hole that was originally set Dito Horoneji fixing) and to impress upon him to fix it. This model has been closed barrel, and the back wall of the main chamber of the barrel just because it is also advantageous Dito fixed.
Then out of the center position.叩Ki込Nda alone, you need to prevent it from tilting on likely impact is greater. まず目をつけたのがタナカのパラカートのインナースリーブ。 Tanaka, inner sleeve Parakato first thing is wearing. The outer diameter of 7-8 mm, 5 mm diameter metal pipe.
Marushin made Dito Dito will be substituted for this (model unknown) that contains exactly. However, this inner chamber alone (about 13 mm) and there were differences Gabagaba. Then, use the rim of the Marushin Side fire cart. Fire the side rim, so it is embedded percussion pin, which must be of removing the. Removal is simple and relies on a suitable metal rod in the center bottom of the cart, just Bukkake Kudake hammer.
If you clap a few times, comes off to an iron pin percussion. Then 12 mm outside diameter, inside diameter metal pipe deformation出来上Garimasu flat side of 7,8 mm. It is somewhat loose and into the chamber to the rim diameter in the center of the hole can almost 7,8 mm. Just half the length of it (cut with Noko Fri) into the sleeve of the Parakato (throw too).
Dito put the last hole of the chamber叩Ki込Mimasu思Ikkiri.
This is外Remasen Dito, I get mostly center. However, I lean a little shock of firing (^ ^ Isuzu. Sometimes, the hole seems to be hit around the end of a cart, loaded to be fired in the forward momentum does not seem to bolt failure. But I have become scratched cart (T_T) Axel's sorry m (_ _) m


The explanation was delayed, the cart is a cart used 45CP old. You can substitute the MGC or 40S & W may have a mulberry compatible real size (not verified). CP was the original way, What is the size cart? Perhaps only the old or 45CP?
At least 45CP old does not need to touch anything other than the above is not Dito.
Adopting such methods or what, but if asked Remashi thought, troubled for an answer.I thought something should be in the results at hand, to embody it in this way by chance, taken a different approach might be to use different parts may be made at another time. Later, when the model went to the store and found some of the things that could be diverted somehow parts of RC models.
If you could afford to use them.





[Movie] fire
14 blaze, blazing five, five automatic fire, automatic fire blazing 17 and 34, but I'm to say. Know that you'll see, the last automatic fire, we are back from a break in the middle of volume deficits. How about 12-13 from the first. Since then I regret to blaze over from 20 fine. How many minutes, so 30 shots or more troublesome to prepare for re-editing Gomakashimashita unskillfully as usual (^ ^ Isuzu. 8 seconds recording a movie still leave most are flying cart. Too much is a little fired up (with clenched teeth (^ ^ ares) is ashamed of it.
Please do not laugh. From Axel's owner is the desire of the blaze had come 39, it will be preserved as a privilege to return it politely owner Laughing It's impressive to fire a metal bolt and bolt while its body is heavy and although重Takunai Sore程that, I called Rikoirushokku not feel much recoil. It is a light feeling of working out the impressions of the expected model.
UZI or stainless steel, is made of plastic or Marushin MP40 Rikoirushokku strongly feel better. However, the stability of operation is comparable to the MP40. An excellent model that can be said with great confidence to fire. MGC is expected.
Unfortunately the barrel that is closed. Others, CMC because it was Thompson and Hudson, M1 type, but remember that there was a hidden gas bypass grip forward military positions, MGC, you assume that the equipment was Bachikarufowadogurippu Because it is difficult to provide a bypass gas that had to be completely closed due to the regulation of folding is understandable. I think it really became a model after fire erupted from the muzzle gas Bambang this. Still, I think many people have come before the Regulatory folding model.Some people do think that some people with CP-ized. I envy very honest.
Once the model before I'd like to control inflammation in CP. Kindly to such a precious opportunity to thank W Axel's.
Confidence is not what you would like to沿Eta, CP firing at, I hope you enjoy Breaks, so I will introduce a custom shop (^ ^ Isuzu.


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Thu Mar 31, 2011 12:00 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:00 pm

MGC Thompson M1921 Video #1

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 10:02 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:02 pm

MGC THOMPSON M1921 #2
MGC初期型(規制前)トンプソン



 「ハイキャパ」さん提供、MGC製金属長物シリーズ第3弾(笑)。
 昨年同好の士「
W
アクセル」さん(そういえば最近ご無沙汰。元気?)からドラマガ装備のトンプをお預かりし、楽しませていただいた。
 しかし、長物規制後のモデルであったため、バレルが閉鎖されていたのが残念であった。
 ところが、今回のものは規制前のバレル貫通モデル。
 「ハイキャパ」さんのお話だと、「ガス、バンバン抜けるよ!」とのこと。聞いた途端、実写版「ワイルド7」オープニング(エンディング?)で、盛大にマズルからガスを噴出していたトンプソンを思い出した
^^;

 当然に紙火薬仕様モデルなので、
CP
化に当たっては、ディト(チャンバー)の変更が必要になる。
 時折、オークションで
CP変換用のディト付チャンバーが出品されることがあるが、メーカー純正のCP
モデル用チャンバーも使用が可能。ただし、ガス抜き穴をあけなければならない。
 


それと、初期型エキストは弱いので、これもCP用に変更しないと調子が悪いらしい。
 あとはカート。

 CPモデルは専用カート(でかい!リアル45並)。スモールも流用が可能であるけれど、やはり、専用サイズを使用するに越したことはない。
 今回お預かりしたモデルは、既に「ハイキャパ」さんの手で
CPチャンバーをベースにガス抜き穴をあけたものがセットされ、ボルトとエキストをCP用に変更し、専用カートを使用するようにしてある。私はただ、カートにキャップ火薬を詰め発火しただけ。楽チン楽チン(^o^)
丿。

 お預かりしたのはストレートタイプのフォアグリップに、ボックスタイプの20連マガジンがついたもの。カッツはついていない。
 梱包を解き、トンプに先立ってお借りしていた
MP40やスターリング、それに自分のステンやCAR15コマンドなど往年のMGC金属長物を並べてみたが壮観(^^)

 いやー、金属長物はええでんな
(^^)


 翌日、発火準備に入る。
 大きな専用カートに金キャップを詰め20発準備。マガジンへのローディングは楽。しかし、何度手にしてもこのモデルは重いし、でかい。構えるときに思わず声が出そうになる(笑)。
 収録場所は最近お気に入りのサンルーム。ガラス張りなのでご近所から見られる可能性があるが、そこは入念に確認し、目撃者のいないときを見計らいさっさと準備に入る。
 三脚を立て、ピントとズームを確認し発火!「タタタタタッ!」と軽快な発火音が続き、カートが凄い勢いで右後方に飛んでいく。「やったー全弾成功だ!」っと思った途端、壁に跳ね返ったカートがかけていたサングラスを直撃(ムービーで確認できる)し、ちょっとびっくり
(・・Wink
。そういえば「ハイキャパ」さんから、「カート、凄く飛ぶから注意してね」と連絡が入っていたっけ。

 なお、本体が重い割りにはボルトは比較的軽いので、リコイルはそれほど大きくない。ステンやスターリング、
MP
40のリコイルのほうがはるかに大きい。
 とにかく嬉しくなり、再度カートを20発準備。今度は指切り点射に挑戦。これも見事に成功。このときのムービーは背景が黒っぽいので、ガス抜けがはっきり確認できる。これなら「ワイルド7」には負けないかも(笑)。
 都合20発3の計60発、発火。驚いたことにトラブルは一切ない!ムービーもいい感じに出来上がったのではないかと思う。長さは26秒ほど、サイズは1メガを超えているのでダウンロードの際はご注意。

 全盛期の
MGC金属フルオートモデルは、MP40、ステン、スターリング、トンプソン、M16CAR15)の5種類。今回、「ハイキャパ」さんのおかげでMP
40をお借りできたことから、全て発火を経験することが出来た。いい経験をさせていただき感謝、感謝。
 これらのモデルは既に絶版だし、特にスチールプレスボディ及びバレル―チャンバー間貫通モデルは法的に入手することは不可。発火を経験するには、今回のように短期間お借りするくらいしかないのがなんとも残念ではあるが致し方ない。

 ハドソンステンから始まり、これで金属長物が4種類続いた。ただ、「4」というのは切りが悪いのでもう1種類追加するつもり。手持ちの
MGC全金属CAR15を再登場させる。トンプやMP40並とはいわないが、そこそこ調子が上がったので、久し振りに新しいムービーを紹介できることと思う。お楽しみに!



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Thu Mar 31, 2011 12:03 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:05 pm



MGC Early (pre-regulation) Thompson



"Haikyapa"'s offer, MGC-made metal folding third series (laughs).Like-minded person last year, "W accelerator," says (Speaking recently been a while. How are you?)預Karishi Tonpu your gas equipment from drama, to entertain you. However, after the regulation was a folding model was regrettable that the barrel had been closed. However, those models through a barrel earlier this regulation. "Haikyapa" and it's story, "Gas, Bambang it out!" He said. On hearing, live-action version of "Wild 7" Opening (Ending?), And Thompson was recalled from the muzzle to erupt on a grand scale gas .Specification model, so naturally gunpaper, CP Ni当Tatte of the Dito (chamber) need to be changed. Occasionally, the CP in the auction may be exhibited in the chamber with Dito for the conversion of genuine manufacturers can also use the chamber for the CP model. However, the need to clear the venting hole.



Also, the initial type Ekisuto is vulnerable, and also note that CP does not change for悪Irashii. After the cart. Cart CP model only (big! Average real 45.) Can be borrowed, but also small, too, so you can not only use the size. Model entrusted to this already "Haikyapa" hand's CP is set and what a hole venting based on the chamber, the Ekisuto bolts and CP changed for, you have to use a cart only . just as fired gunpowder caps stuffed cart. Chin Music Chin Music (^ o ^) 丿.


Foagurippu was entrusted to a straight, what went 20 consecutive box-type magazine. Katz is not attached. Unpack had to borrow prior to Tonpu MP40 and Stirling, applications and systems of yesteryear, such as his command CAR And I tried to arrange a spectacular 15 MGC metal folding (^ ^). Well, an electric folding metal yeah (^ ○ ^).


The next day, get ready to fire. Preparing packed metal caps from 20 large private cart. Magazine for easy loading. However, this model also has heavy hands many times, big. Going to be thinking when you set up voice out (laughs). Favorite place recently recorded a solarium. There may be seen from the glass, so the neighborhood, check carefully there, ready to enter the witness is yet見計Rai quickly.

Making a tripod, focus and zoom ensure fire! "Tatatatatatsu!" Continued firing sound and light, flying toward the cart is great momentum right back. ( ・・ Wink "I did it a success all bullets!" Innovation as soon as I thought, wore sunglasses and hit the wall bounced off the cart (you can see in the movie) and I was surprised Speaking of "Haikyapa from" Friends, "Curt, I really care the fly" Oh, came in contact with. The bolt body is comparatively heavy, so relatively light, not much recoil. MP40, Sten and Sterling, MP is much more greater recoil Be happy anyway, prepared from the cart 20 again. Pinky promise this time-point shooting challenge. Succeeded admirably well. In this movie, so the background is dark, can see clearly through the gas. If this "Wild 7" is probably not lose (laughs). A total of 60 shots from 3 20 circumstances, catch fire. Surprisingly there is no trouble at all! I think feeling good in the finished movie. The length is 26 seconds or so, because the download size is greater than 1 mega Note. MP40 M16 CAR 15) MGC Furuotomoderu the heyday of metal, MP40, Sten, Sterling, Thompson, M16 (CAR 15) five. This time, "Haikyapa" Thanks to MP's from the 40 was able to borrow, we were able to experience all the firing. I will appreciate your experience, thanks. These models are already out of print for it, and barrel Suchirupuresubodi - especially between the model penetrates the chamber can not be obtained legally. To experience the fire is downright unfortunate enough to have no choice but to borrow short term but this致Shi方Nai. Starting Hadosonsuten, which lasted four different metal folding. However, "4" is going to add another kind because of the bad cutting. MGC CAR 15 CAR MGC all-metal hand which re-emerged 15. MP 40 Tonpu and 40 MP and quite frankly average, condition is reasonable because it raised, I think after a while it can introduce the new movie. Have fun!



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Thu Mar 31, 2011 12:35 pm; edited 2 times in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:11 pm

MGC THOMPSON M1921 Early Type Video


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Feb 28, 2012 10:04 am; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:18 pm

MGC CAR-15 Part 1
MGC製
CAR-15コマンドサブマシンガン(全金属製)
レストア兼CP化顛末記




 MGC製・全金属製CAR15コマンドCP化顛末



【前置き】
<BLOCKQUOTE> 南部十四年式のレストア顛末の際、報告いたしましたようにそれ以前にMGC製のオクタゴンバレルランダルと当モデルを発見しておりました。
 ランダルはともかく、このモデルはすっかり処分したつもりでいましたので、見つけたときは正直びっくり。
 ただ、内部は石化した汚れだらけ、マガジンには真っ赤な錆、本体表面も白く濁った状態であることから、完全ジャンクに思えしばらくそのまま放置していました。
 何より、既にマルシン製XM177E2とMGC製M16A1(CP・ABS)を2丁、計3丁所有しておりますので、M16系は腹一杯という状況。
 それに再現度でいえば、当モデル、マルシン製のモデルや後年のMGCCPモデルの足元にも及びません。
 また、そもそも紙火薬仕様ですので、さすがの発火好きの私も今更どうこうする気持ちがおきません。
 メリットといえばほぼ全部が亜鉛合金で出来ていることから、重量があるということだけです。 
 率直なところ、「厄介なものを見つけちゃったなぁ」という気持ちでした。
 しかし、思い出してみれば入手当時は大喜びで遊んだモデル。あまり調子は良くありませんでしたが、それなりに喜びを与えてくれたモデルです。
 それに、このモデル、約28年前に購入した長物規制前 (smgマークなし)のものですから、所持は許されても他人への譲渡は禁じられています。ということは、私がどうにかしないことには、このまま朽ちていくだけということです。
 そう考えるとそのまま捨て置くのは心苦しく、だんだんと気になってまいります。
 そこで、少々重い腰を上げて実家から引上げ、完全分解の上レストアを開始しました。</BLOCKQUOTE>


【このモデルの特徴】

《材質》
<BLOCKQUOTE> 銃身を包むハンドガード及びピストルグリップを除き、すべて亜鉛合金製です。
 なお、バレルの外側は亜鉛合金ですが、インナーバレルは鉄製の模様。</BLOCKQUOTE>



《内部構造》
<BLOCKQUOTE> 内部構造は独特です。
 クローズドボルトファイアリングなのですが、ハンマーはありません。ハンマーに相当するのがリコイルスプリングの先頭にセットされたスプリングカバー(仮称・MGCCPモデルではスプリングガイド、マルシン製モデルではバッファー)。

 実銃の場合(マルシン、MGCのCPモデルも同様)では、ボルトのサイズはほぼレシーバーの全長と等しく、バッファー等により常にストック内のリコイルスプリングと接しております。
 実銃の作動は、ハンマーが倒れ撃発後、ボルトがロアレシーバー内のハンマーを起こしながら後退、ストック内に設けられたリコイルスプリングを圧縮、その後リコイルスプリングの力でボルトが前進し、新たなカートをマガジンから抽出、チャンバーに装填するというサイクルを踏みます。

 ところがこのモデルでは、ボルトの全長が実銃のボルトの半分程度しかありません。
 このモデルの作動は、トリガーが引かれると、ストック内にセットされたメインスプリングによってスプリングカバーが前進し、ボルト後部に激突し撃発、その後ボルトはスプリングカバーを押しながら後退、ストック手前でボルトは一旦停止し、今度は独自に設けられたボルト作動用のリコイルスプリング(ハンドガード内にセットされ、そのガイドが実銃のガスバイパスパイプを模している)によって前進、その過程でマガジンから次弾を抽出し、チャンバーに装填。
 メインスプリング先端のスプリングカバーはそのまま後退移動を続け、最終的にはストック後端部に激突、後ろ向きのショックを発生させ、改めて前進を開始、セミの場合はレシーバーの直前(ストックの前端)の位置でシアによって前進を阻まれ、コックされるという流れになります。
 なお、フルの発火過程(初弾発火前と最終弾発火後を除く)では、オープンボルトファイアリングとほとんど変わらないこと(ボルトとスプリングカバーがほぼ一体となって動くため)になります。
 文字にすると分かりにくくて恐縮ですが、概ねこのような流れと理解してください。

 また、カートがチャンバーへ装填される際の暴発防止のため、トリガーが引かれていない状態ではボルトが発火位置まで前進しないよう強制的にロックする機能がついております。
 このパーツは、ロアレシーバー中ほど、ちょうどマガジンフロアーを利用したボルトストップのすぐ後に位置するのですが、トリガーが引かれていない状態ではこのパーツがせり上がってボルト後部下側に設けられた切込みに入り込み、撃発位置直前でボルトをストップさせます。
 トリガーが引かれると、このパーツが下がり、ボルトはフリーになり撃発位置へ前進できるようになったとたん、ハンマー役のスプリングカバーが激突し撃発が行われるという仕組みです。
 同様なシステムがオートマグにもセットされていますが、全盛期のMGCらしい、また、実にモデルガンらしい素晴らしいアイデアだと思います。

 なお、このモデルの当時のカタログや宣伝チラシを見ますと、ブローバック時、スプリングカバーがストック後端に激突し、後ろ向きの力を発生するというのが売りでしたが、当時作動させてどうだったか全然記憶していません。</BLOCKQUOTE>



《その他》
<BLOCKQUOTE> 実銃では本体右側に位置し、ボルトを強制的に前進させるボルトフォーワードアシストノブもこのモデルでは、アッパーとロアのレシーバーを結合する六角ボルトに変えられています。

 マガジンにつきましても、マルシン及びMGCCPモデルと互換性はありません。
 マルシンが最も大きく(ほぼリアルサイズ)、ついでMGCCPモデル用、このモデルのマガジンが一番小さいようです。マガジン内部のスペーサーは反対に一番大きく、そのままではCPカート及びPFCカートは収まりません。

 ストックもテレスコピックタイプを模していますが動きません。完全固定です。

 セイフティの動きも実銃とは異なります。内部構造の違いに起因するものですが、実銃ではマズル方向から順に「セイフティ」「セミ」「フル」となっていますが、このモデルでは「セミ」「セイフティ」「フル」となっています。

 その他、細かな省略点、変更点は多々あります。

 私にはどうでもいいことですが、刻印もえらくあっさりしています。大変潔くて好感が持てます。

 なお、本モデルの名称は「CAR-15コマンドサブマシンガン」であったようです。てっきり、「M15」と勘違いしておりました(恥)。</BLOCKQUOTE>



【レストア経過】
<BLOCKQUOTE> 以下はほぼ3週間近くにわたるレストア経過(悪戦苦闘・暗中模索・茫然自失・自信喪失・紆余曲折・七転び八起き)を、作業の区切りごとに、概ね時系列にそって記述したものです。
 考えようによっては歴史的貴重なモデル。それを無謀にも発火させようという方が私のほかにいらっしゃるかどうか分かりませんが、よろしければお付き合いください。</BLOCKQUOTE>

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:20 pm

MGC CAR-15 Part 2

《第1段階》
<BLOCKQUOTE> まずは分解です。取説などはありませんが、昔の記憶がありますし、柄が大きいだけでさして複雑なモデルではありませんので、ちょいちょいと分解。

 しかし、ここで早くも大きな問題を発見。
 どうも欠品のパーツがある模様。アッパーレシーバーとロアレシーバーを結合する前部ピン、それになんと、ディトネーターとチャンバー。
 どうやら、過去に分解した際、そのまま別保管した模様。今となってはどこに保管したのかさっぱり思い出せません。ちょっとショック。
 ディスプレイモデルとするのであれば、チャンバーもディトも必要ないのですが・・・。

 実は、マガジンをじっくり見ましたところ、ちょっと閃いたことがありました。
 MGCのM16CPカートとP220カート(9ミリルガーカートでも可)を合体させて出来上がるカートが、このマガジンに収まりそうなんです。この合体カート、何も私のオリジナルではなく、皇帝様や桂さんがCMC製M1(2)カービンをこのカートでCP化し、快調な作動を得ておられることから思い付いたまで。
 その点に思い当たってから、ディトさえ改良すればCP化も可能かもしれないと考えていたのです。
 しかし、結合ピンはともかく、チャンバーとディトがないとどうにもなりません。

 この時点では、チャンバーはオリジナルを使用し、ディトはオリジナルを改良するか、他のモデルの物を流用、あるいは新造することを考えていたのですが・・・。
 オリジナルのチャンバーとディトがなければ、形状や本体へのセット方法からして全く不明(記憶がない)なので改良も新造もあったものではありません。

 もはやこれまでかと思い、暗澹たる気持ちとなりました。</BLOCKQUOTE>



《第2段階》
<BLOCKQUOTE> 分解した段階での状況に関し、ネット上で報告したところ、なんと、親切な方からパーツの提供の申し出を受けました。
 「自分には不要な品、役に立つのであれば活用ください」とのありがたいお言葉に感謝。早速、ご厚意に甘えさせていただくことといたしました。

 パーツが入手できるまでの間、やることは内外のクリーニングです。
 南部十四年式やランダルのときはサンポールを活用いたしましたが、今回は発火も念頭において作業を進める必要がありますから、サンポールの使用はパス。目に見えないひびなどから内部に滲入し、亜鉛を脆くさせる可能性がありますので大事を取りました。
 そこで、スチールウールと真ちゅうブラシ、ステンレスブラシを使い分け、出来るだけ内部をきれいにします。
 エキストラクターのスプリングの交換やトリガーとシアの関係を再調整しながら汚れを取り除いていきます。
 外側は真ちゅうブラシでブラッシングするだけ。全体にグレーになっていますが、それなりにいい味が出ているのでブルーイングはパス(はっきりいって面倒)。
 マガジンは外も内も真っ赤ですから、結構大変。錆落とし剤を購入しておけばと心底後悔(後日購入)。それに、錆のせいかマガジンスプリングが弱まっているようなのが心配です。

 しかし、同じ姿勢を続けると肩や背中、腰が痛くなってくるのは年のせいか・・・。</BLOCKQUOTE>



《第3段階》
<BLOCKQUOTE> ようやくお待ちかねのチャンバーとディトが到着。

 ところがここで再度問題発生。せっかくご好意でお送りいただいたパーツですが、なんと合いません!ガーン。
 私の所有するモデルは、長物規制前のモデル。しかし、お送りいただいたパーツは、どうやら規制後のモデル用のようで、チャンバーは一方(バレル側)が閉鎖されており、また、バレルとの接触面の堀込みが浅く、そのままではセットが不可能でした。
 セットするためには、チャンバー単体の加工だけではなく、バレルの加工も併行しなければならないようです。
 しかし、いずれのパーツも今ではほとんど入手不能のものですから、一度手を加えて失敗すると取り返しがつかないことになりますので躊躇します。

 ここで一旦作業中止。善後策がないかシンキングタイムに突入。</BLOCKQUOTE>



《第4段階》
<BLOCKQUOTE> このモデルのレストアに着手する以前、マルシンのMP40にどっぷりと漬かっていたのですが、そのときに手にしたMP用チャンバーをふと思い出し、それが流用できないか試してみることにしました。

 オリジナルのチャンバーと大きさ等を比べ、必要な加工点を確認いたします。

 長さはMP用チャンバーが1ミリちょっと長く、太さはMP用がちょっとやせており、本体にセットしてもスカスカです。これはセットの際にビニールテープ等を巻くことで調整できます。

 フィーディングランプは、オリジナルに比べるとMP用は左右奥行きとも相当広げてやる必要がありそうですし、エキストラクターの逃げ部分(切り抜き)を加工しなければなりません。

 また、本体にセットした際、オリジナルには手前方向に抜け落ちないように、本体の設けられた溝にかみ合う長方形の突起がありますが、MP用にはありませんので何らかの手段で突起部を増設する必要があります。

 内部に目を向けますと、MP用の内部にはディト固定用の突起が設けられており、これが邪魔をして合体カートは入りきりません。

 ディトネーターもMP用のディトは先端から中程までは細いのですが、中程からカート先端部の穴より太くなり、そこから前進できません。
 チャンバーもそうですが、ディトも加工の必要がありそうです。

 MP用のチャンバーはプラ製ですので、根気があれば私でも何とか加工が出来るとは思いますが、少々手間。特に内部のディト固定用の突起のリサイズが面倒そうです。

 ディトはMP用を加工することも考えましたが、ジャンクボックスの中に適当な長さ、太さのものがあればそれを流用することとします。

 しかしながら結構希望が持てましたので、早速マルシン本社に在庫の確認。キットが再販されたばかりですから、すぐにでも入手が可能だろうと楽観していたのですが・・・。
 返事は「2、3ヶ月お待ちください」。えっ?あらま。
 再度確認いたしましたら、現在輸出用の製造を行っており、それが終了後パーツの製造に移るとのこと。残念。(ところで、いったいどこに輸出するのだろうか?)

 どうしようか悩みます。2、3ヶ月待つか。現在所有しているMPのチャンバーを流用するか。
 再びシンキングタイムに突入。</BLOCKQUOTE>



《第5段階》
<BLOCKQUOTE>方針を決定。
 MP用チャンバーを流用するのは一旦棚上げ。
 2、3ヶ月待つのはつらいし、そうかといって、現有のMPのチャンバーを供出すると今度はMPが2、3ヶ月使用不能になるのもまたつらい。

 ということで、暫定的に、今回入手した規制後の金属チャンバーを流用することとし、MP用チャンバーが手に入った(ショップを通じて予約)段階で改めて加工することとしました。

 なぜ、MP用チャンバーに固執するかというと、理由はひとつ、ガス抜けが期待できるから。
 金属チャンバーであっても、センターをずらしてガス抜け用の穴を開ければ可能ですが、強度の問題もあり、それ程大きな穴は開けられないでしょうから、今一つガス抜けは期待できません。
 発火好きとしてのこだわりだけです(笑)。

 しかし心配なのは、仮にチャンバー周りの改良が成功したとしても、その後のブローバックがうまくいくかどうかです。
 正直、全く自信がありません。おそらく発火(撃発)はうまくいくでしょうが、十分な後退量が得られるかは全然別問題。
 このモデル、メインスプリングが長く強く、また、ハンマーの役目をするスプリングカバーも亜鉛合金製でそこそこ重量があります。 スプリングのカット、スプリングカバーの軽量化あるいは何らかのパーツからの流用も念頭においておく必要がありそう。
 ただ、あの重量級ボルトを有するマルシンのUZIでさえ何とかなったのですから、希望はありますけど・・・。

 いざとなれば、CPはあきらめ、マルシンM16カートの先端部をカットし、ダブルキャップで挑戦するつもり。
 通常であればあまりほめられた方法ではありませんが、マルシン自身が自社のM16の作動改善方法として公表(キットに補足ペーパーとして同梱されている)している手段ですから、少なくともカートの安全性は確保されているはずですので良しとします。

 しかし、個人的には主義(キャップ火薬の使用は1発のみとする)に反するのでやりたくありません。
 キャップ火薬1発によるCP化が成功するよう、祈りながら加工作業に入ります。</BLOCKQUOTE>



《第6段階》
<BLOCKQUOTE> まずバレルの加工です。
 オリジナルの場合、本体セット時にチャンバーに潜り込むインナーバレル部約1センチを切り取ります。この部分、厚さ1ミリ弱のパイプが約1センチほど突き出しているだけで、インサートもないので好都合。
 バレルを万力に固定し、金のこで切断。やすりで切断面をきれいにして終了。

 次はチャンバーですが、大きな問題はディトをどうするか。
 オリジナルのディトは紙火薬用ですので、全く大きさが異なり、加工しても使用は出来ないと判断。
 あとは新造か何かから流用するかのいずれかです。

 ところが、これが案外簡単に解決しました。
 このチャンバーのディトのセット方法は、閉鎖された一方の中心部にネジ穴が穿たれ、そこにディトをセットするようになっています。
 このネジ穴に、手持ちの既製品のネジを幾つか差し(回し)込んで見ますと、たまたまサイズがぴったりのものがありました。
 そこで長さの調整のため、このチャンバーと代用ディト(ネジ)を本体へセット。合体カートにインナーと空キャップをセットし、チャンバーへ装填。
 ところがこれまた偶然ですが、長さがちょうどいい感じなのです。さすが「調整は運任せ」と自画自賛(笑)。ちょっとワッシャーをかませて調整すれば、長さもぴったり。
 なお、先端部はフィーディングに障害が出ないように、やすりで丸め修正します。耐久性には疑問がありますが、安く(1本10円!)容易に手に入るものですからほとんど問題になりません。

 しかし、新たな難点を一つ発見。
 チャンバーへの送り込みの際、エキストラクターがうまくカートのリムをくわえてくれないものですから、どうもエキスト本体がカートを撃発位置まで押し込んでいる様子です。
 いやなことに、このモデルのエキストはボルトから結構突き出しています。
 せっかくの暴発防止機構もこれでは宝の持ち腐れ状態。
 カート内のインナーの動きがもう少し渋ければ、その抵抗でうまくリムにセットされるのですが、それですと今度は発火後の後退力に問題が出ないか心配。ちょっと悩ましいところです。
 それ以外では、フィーディングも良好ですし、ボルトが撃発位置まで前進すれば確実にエキストはカートをくわえ込み、エジェクトもなんら問題はないようです。

 この段階で、テスト発火をしてみました。
 あらかじめ作動レベルを把握しておき、問題箇所を見極めておくため・・・、というのは言い訳で、単に発火したくてたまらなくなっただけ(笑)。
 合体CPカートに金キャップ1発をセットし、静かにチャンバーへ装填します。セレクターはセミ。
 正直なところ期待はしていなかったのですが、結構ドキドキしながらトリガーを引きます。
 ところが・・・。
 ターン!以外に乾いた音をさせながら、見事にカートがエジェクトされました!それも結構な勢いで、真横、水平に1メーターほど飛び、壁に激突。
 そこで、今度は最初に火薬をセットしていないカートをマガジンに挿入し、ついで火薬をセットしたカートを挿入。これで改めて、発火テスト。
 同様に静かにチャンバーに装填し、発火。これも見事にブローバック!次弾もちゃんとチャンバーに送り込まれ、打撃用のスプリングカバーもコックされています。
 期待していなかった分だけ、うれしさも倍増。

 ただし、試したのは2発だけ、それもチャンバーへの装填は暴発しないように注意して行ったものです。前述したように、勢い良く装填すれば暴発する可能性があります。
 また、マガジンの調子、フィーディングも多弾数装填した場合の調子は不明です。
 しかし、かなり光明が見えたのも事実。</BLOCKQUOTE>

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:22 pm

MGC CAR-15 PART 3


《第7段階》
<BLOCKQUOTE> 前回の調整の際に気が付いた、チャンバー装填時のエキストラクターのカートリムのくわえ込みを改善するため調整を行います。

 一度交換したエキストのスプリングをカットして、少し弱めます。

 その上で、エキストの突き出し量を少しでも少なくするために、先端部分を削ります。 ただ、強度のこともありますので、思い切って形状変更をするまでには至りません。

 後は、エキスト全体と、ボルト先端部をスチールウールや真ちゅうブラシ、サンドペーパーなどで磨き、できるだけ摩擦が少なく、作動が軽くなるようにします。

 10発の合体カートをマガジンに装填し、再度フィーディングを確認。少し改善したようには思えますが、暴発の危険性はまだかなり残っているように感じます。
 しかし、エキストをこれ以上触るのは怖いので、後は「運任せ」にして目をつぶります。いざとなればフルオートオンリーモデルにしちゃいます(笑)。
 なお、フィーディング、エジェクトに関しては問題はなし。

 念のため、錆とり剤を購入し、マガジンのフロアーとマガジンリップ内部を再度入念に磨きます。

 概ね調整は終了、あと少し加工すべき箇所はありますが、そもそも暫定版(最終目標はMP用チャンバー使用)ですので、調整の概要についてはここまでにいたします。

 残るは発火。うまくいくだろうか・・・。</BLOCKQUOTE>



【発火】
<BLOCKQUOTE> うまくいきました(笑)。

 合体CPカートを10発準備し、やりくりしながらの発火です。
 ただ、10発ノントラブルで発火というのはなかなか難しかったですね。ジャムやエジェクト不良はつきもののようでした。
 実は、前日の夜、収録に成功していたのですが、翌日朝、ぼんやりしていましたらせっかくの動画を消してしまい、半泣きになりながら再度収録したものですので、持ち主の気持ちが移ったのか作動も少々お湿り気味でした。
 それでも、28年前の紙火薬時代から比べると雲泥の差。隔世の感があります。

 動画は6つのパートに分かれています。
 最初と2つ目が比較的長く(といってもあっという間)残りは3~5発程度の連射をつなげたものです。
 もう少し、挑戦しようかと思ったのですが、一旦ジャムると金属製ボルトのためかカートが結構傷むのでやめました。

 発火音は金属製ということで、マルシンのXMに似ています。そういえば、発射サイクルも同じようにどちらかというとスローな方ですね。

  MP用チャンバーの流用が成功しましたら、また改めて挑戦してみようかと思います。


 なお、ここまで来れましたのは、貴重なパーツを提供いただいた、ある一人の同好の士のお陰です。
 ご本人の了解を得ておりませんのでご紹介は控えさせていただきますが、本当に感謝いたしております。
 謝礼をと申し出たのですが、頑なに固辞され、ご好意に甘えさせていただきました。
 お陰さまで長年眠り続けていたモデルが甦りました。
 本当にありがとうございました。
</BLOCKQUOTE>



【ご注意】
<BLOCKQUOTE>
 今回の改良は、そもそも私がオリジナルのチャンバーを紛失したことから始まったものであり、私と同種のモデル(規制前モデル)を所有し、オリジナルのチャンバーを所有している方は違うアプローチになると思います。
 それでも、MP40用のチャンバーの流用は可能と思いますので、興味のある方は挑戦してみられてはどうかと思います。
 うまくいけば、発火ガスがバンバン抜ける金属長物モデルとして再生できるかもしれません。

 規制後のモデルをお持ちの方は、私が上に述べてまいりました方法でCP化が可能です。
 ただし、当然ながらガス抜けはしません。
 ちなみにバレルは分解不可能になっているそうです。
 そもそもバレルは貫通していませんので、規制後のモデルではMP用チャンバーへの流用の必要性はほとんどないでしょう。
 私が知っている規制後のモデルのガスバイパスは非常に細く、ほとんど機能していないようなのですが、これを改善するのは相当難しいと思います。個人での作業レベルを超えているよう思いますし、微妙な箇所ですからお勧めしません。

 なお、私は規制前のモデル、規制後のモデルそれぞれ1種類ずつしか知りませんので、この場で述べましたのは自分が知っているモデルを前提にしての考えです。
 よくあるように、同じ規制前のモデルあるいは規制後のモデルであっても、メーカーによる改良等により年式によっては構造に相異があることも考えられますのでご注意願います。

 当然のことですが、改良は皆さんそれぞれの責任で行ってください。
 改良に伴い生じた結果については当方一切責任を負いかねます。

</BLOCKQUOTE>

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:27 pm

MGC CAR-15 PART 4
MP40チャンバー加工編(2002・7・26)



<BLOCKQUOTE> 最初にお断りしますが、今回新たな動画はございません。
 理由はカートが破損したためです。チャンバーの加工には一応成功しましたが、使用カートの耐久性に問題が発生しました。
 それ故、以下の加工案に基づき改良されたとしても、今度はカートに障害が発生する可能性大ですのでその点を予め念頭に置き、お読みいただきますようお願いいたします。
 (以下の文章は、カートに障害が発生する前に作成したものでありますので、その点ご理解ください。)
</BLOCKQUOTE>


<BLOCKQUOTE> 前回、改良案を提示しておきながら、予備パーツがないことから試みなかったマルシンMP40用チャンバーの流用案について、実際に加工を行ってみましたのでその報告をさせていただきます。
(なお、当該パーツについてマルシンに直接在庫確認した際には、「お待ちください」との返答でしたが、ショップを通じて発注したところ、えらくあっさり入手することは出来ました。ちょっと不思議です。)
 当初は簡単に考えていましたが、実際に着手してみるといろいろな問題点が発生し、かなり苦労しました。
 やはり、違うモデルのパーツを流用するのは結構面倒なことだと再認識した次第です。
 なお、作業には電動ドリルと万力が欠かせませんでした。後は意地だけです(笑)。実質作業時間は6時間超。夏場の作業は避けた方が良いかも(経験者談)・・・。</BLOCKQUOTE>



1 前後長の修正
<BLOCKQUOTE> MP用のチャンバーはオリジナルに比べ約1ミリ長いので、ペーパーで削ります。
 なお、削るのはボルト側(装填口)です。</BLOCKQUOTE>



2 固定用突起の接着

<BLOCKQUOTE> オリジナルには、チャンバーがボルト側に抜けないように固定用の突起が設けられていますので、同様な突起をMP用に設ける必要があります。
 オリジナルのサイズを参考に、ABSのジャンクパーツから接着用のパーツを切り出しABS用の接着剤で接着します。サイズ、接着箇所とも現物合わせで対応。ものがABSですから、いくらでも修正することが出来ますので、あまりシビアな位置決等は必要ありません。</BLOCKQUOTE>







3 チャンバー装填口の拡大
<BLOCKQUOTE> 厄介なところです。
 このモデルはボルトの先端部が約1センチほどチャンバー内部にもぐりこむようになっております。そのため、オリジナルチャンバーは装填口(入り口から奥行き1センチ辺りまで)が相当広げてあります。
 ところがMPチャンバーは、一部、フィーディングランプがごく浅く削られているだけですから、全体に相当削り込まなければなりません。旋盤やフライス盤でもあれば簡単に加工できるのでしょうけれども当方にあるのは電動ドリルだけ。それにドリル類は径の細いものばかり。
 それでも何とかなるさという気持ちで作業を開始。途中で何度も加工途中のチャンバーを本体にセットし、ボルトとの関係を確認しながら、作業を継続。同時にエキストラクターの逃げ道も加工。
 悪戦苦闘すること2時間以上。ようやく完了。
 ボルト閉鎖時まだ少し干渉する箇所がありますが、その内勝手に馴染むだろうと判断。
 また、フィーディングランプ部分は相当に凸凹していますが、簡単にペーパーをかけて、グリスを塗っておくことでごまかしました(この時点で既にかなりゲッソリした)。</BLOCKQUOTE>

4 ディトネーターの固定
<BLOCKQUOTE> ここが1番厄介でした。
 MP用チャンバーは内部に4箇所突起があり、そこにディトを挟み込む方法でディトが固定されています。
 この突起の前後長が長く結構手前(ボルト側)まで出ているものですから、使用するM16とP220合体カートでは、先端部がこの突起に当たるため、全体をチャンバーに挿入することが出来ません。
 そこで、合体カートが入り込むまで突起部のボルト側を削ることにしてみました。
 私はここでも電動ドリルを使用しましたが、これも結構大変です。今思えば、彫刻刀などを使用して削り取ればよかったのかもしれません。
 結論からいいますと、これは失敗。合体カートが問題なく挿入できるまで突起部を削りますと、突起の前後長が短くなり今度はディトの固定が甘くなってしまいます。
 このままでは撃発の衝撃でディトが外れる可能性大。やむなくこの方法はあきらめました(泣)。
 次いで試したのが、マルシンのP38のディトの固定方法。
 この機種は、ディトを金属製のホルダー(パーツ名・ファイアリングピンホルダー)に挟み、その状態でバレル内に挿入し、イモネジで固定する方法を採っています。この方法ならば、チャンバー内部に固定用の突起がなくてもディトの固定が可能。
 早速、使い古しで真っ赤に錆びたP38用のホルダーで試してみますと、かなりタイトですが何とかなりそうな感じ。
 どちらにいたしましても、このままでは作業が前進しませんので、意を決してチャンバー内の残りの固定用突起を全部削り取ります。
 突起部を削り取った後のチャンバー内部をきれいにすればホルダーをスムーズにセットできるものと思いますが、ひとつ間違えますとホルダーによる固定自体甘くなってしまいますので、敢えて大まかな加工状態にしておきます。
 その上で、ホルダーを差し込んでみます。その状態で合体カートを挿入。思ったとおり先端部がホルダーに当たり、挿入できませんのでホルダーの全長を短くする必要があります。
 チャンバーとホルダーの関係がかなりタイトですので、短くしてもディトの固定は大丈夫だろうとの自信はあったのですが、ちょっとドキドキしながら金のこでホルダーをカット。ホルダーの長さを半分ぐらいにしてチャンバーにセット、再度合体カートを挿入。どうやら今度は問題がなさそうでホッと一息(暫時休憩)。 この時点で、5時間程度経過(相当いやになってきた)。</BLOCKQUOTE>
<BLOCKQUOTE> 今になって考えてみますと、短くなったチャンバー内の固定用突起を活かし、その突起のほか、MP用チャンバーは結構厚みがありますので、チャンバーに3、4箇所(同一円周上)、2.5ミリのドリルで穴を開け、イモネジでディトを固定する方法を併用するのが現状ベターであったように思います。
 後悔先に立たず。
 ただ、いずれにしても純正の固定方法ではありませんので、発火の衝撃を受け続けますと不具合が発生する可能性は十分あります。
</BLOCKQUOTE>



5 ディトネーター
<BLOCKQUOTE> 最初は単純にMP用のディトをカットして流用する予定だったのですが、ディトの固定方法を変更したことから、自ずとディト自体も変更する必要がでてまいりました。
 MP用ディトはP38用より太く、同機種用のホルダーとは相性が悪いのです。
 そこで、かつて調整に失敗した幾つかのディトをジャンクボックスから取り出し、並べて確認、それらの中から短くしたM39用のものが長さ的に合いそうなのでこれをチョイスし試してみます。
 加工したホルダーにセットし、チャンバーへ挿入。予想どおり、ディトの固定はしっかりしているようでこの点は安心したのですが、ちょっとゆがんでセットしてしまったようでディトがセンターに位置しません。
 この点許容範囲かどうかは実際に本体にセットしてみて判断することとします(もう、いいかげん疲れた)。
 ただ、ディトの長さはちょうど良いようなので助かりました。</BLOCKQUOTE>



6 作動確認テスト
<BLOCKQUOTE> オリジナルチャンバーに比べ改良チャンバーがほんのちょっと細いことから、ビニールテープを巻きつけた上で、本体にセット。合体カートでフィーディングの確認。
 ちょいと横を向いたディトと凸凹のフィーディングランプの影響を心配したのですが、どうやら問題はないようです。
 そこで、早速カートにキャップ火薬をセットし発火テスト。
 たった3発だけですが、セミでの連続発火成功です。当初の目的どおり、チャンバーからバレルまで一直線にガス抜けの道が確保されましたから、1発の発火でもマズルからガスが噴出するのが確認できます。
 この時点で、作業を始めて6時間以上が経過。さすがそれから多弾数を発火する気力はなく、本格的な連射テストは後日に持ち越し。</BLOCKQUOTE>



7 発火顛末
<BLOCKQUOTE> 日を改めて、合体カートを使用しての発火テストを行いましたところ、最初に述べたように問題が発生しました。
 10発カートを用意し、セミで発火したのですが、途中異常に大きい発火音がしたので不審に重い確認しましたところ、なんとP220カートの弾頭部が千切れておりました。
 ネジの部分だけがケース側に残り、それ以外の先端部はチャンバー内に残っている状態。それも2発。
 この時点で発火は中止。
 元々P220カートの弾頭部は材質が薄く、また、かなり使い込んであったこと、前回の発火時何度かジャムり弾頭部が変形したことからペンチで修正したこと等が重なり、弱くなったところへ強烈なインナーの打撃を受け、破損したのではないかと推察します。
 弾頭部を9ミリルガーのものに替えてみる手もありますが、これにしても材質は結構薄いので躊躇します。
 発火したときは綺麗にガスが抜け、いい音をさせていましたのに残念ですがしばらく発火は見送りです。
</BLOCKQUOTE>

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:29 pm

MGC CAR-15 PART 5


8 無責任な思い付き
<BLOCKQUOTE> いくつか、代替案といいますか思い付いたことがありますので、述べさせていただきます。
 ただし、言っている本人も実地には試していませんので成功するという保証は全くありませんし、何かあっても当方補償いたしかねますのでご了解ください。
</BLOCKQUOTE>

(1)PFCカートの加工流用
<BLOCKQUOTE> マルシンM16用PFCカートなら現在でも新品が入手可能です。
 ケース部先端、ぐっと絞られ細くなったネック部ぎりぎりのところをカットすれば、サイズ的に当モデルのマガジンに装填することが出来るはず。
 ブローバック力もキャップ1発でいけると思います。それにいざとなればダブルキャップが可能ですから問題ないでしょう。
 後は耐久性とフィーディング。耐久性で気になるのは短くした先端部。ハンドガン用のPFCカート並の厚みが残れば大丈夫ではないかと思うのですが・・・。
 先端部の耐久性はP220カートよりはかなりあると思います。
 それとフィーディングですが、切り取った後を綺麗に研磨し、ディトの入り込む穴の周囲もリーマーで面取すれば問題ないのでは・・・。
 ディトの長さはCPよりちょっと長くなるような印象。
 チャンバーのほうの加工は当初案のとおりでいけると思います。
</BLOCKQUOTE>



(2)CPモデルのマガジン及びカートの流用
<BLOCKQUOTE> CP用のマガジンはそのまま当モデルには使用できませんが、本体側を加工することで使用が可能ではないでしょうか。
 現物合わせもしていないので、どれだけの作業量になるか分かりませんが不可能ではないと思います。そうすればM16用のCPカートがそのまま使用できます。
 (その後、CPモデルのマガジンを当モデルに入れてみました。かなりきついですが、無理すれば入ります。ということは、修正する箇所は少なくてすむのかもしれません。)
 ただし、マガジンキャッチ用の切り欠きの位置やリップの調整は必要かもしれません。
 また、カートの全長が長くなりますので、オリジナルチャンバー(規制前のものは未確認)なら問題ないと思いますが、MPチャンバーではディトのホルダーと接触するでしょうから、ディトの固定方法を工夫しなければならなくなると思います。
 チャンバーに固定するのではなく、バレルに固定する方法を考えなければならないような気がします。
</BLOCKQUOTE>
<BLOCKQUOTE> マルシンのマガジンとPFCカートの組み合わせでも同様な作業が可能ではないかと思います。</BLOCKQUOTE>

(3)オリジナルディトとオリジナルカートの組み合わせ
<BLOCKQUOTE> 紙火薬仕様のブローバックモデルのディトネーターには、先端部にガスプール用のくぼみが設けられています。
 この部分に先端から7、8ミリ程度突き出すような長さのピンを埋め込み、発火ピンとします。
 その上で、オリジナルのカートの底に直径5ミリあるいは7ミリのドリルで深さ3、4ミリの穴を穿ちます。 このカートの底にキャップ火薬をセットし、発火ピンをセットしたディトを使用すれば、キャップ火薬仕様のオープンディトネーターモデルとして甦らせることが出来ないでしょうか?
 問題はカートの底の厚みがそれだけあったかどうかということと、十分な後退量が得られるかどうかでしょう。
 簡単に思い付くことなのでどなたかされたことありませんか?ステンやスターリングでも同じことがいえると思いますけど・・・。
</BLOCKQUOTE>



9 若干の訂正、補足、その他諸々
<BLOCKQUOTE> 先日古いGun誌を引っ張り出し確認しましたところ、いろいろと補足訂正すべき点があることが判明しましたので、以下に記載します。</BLOCKQUOTE>
<BLOCKQUOTE> モデルの名称を最初はM15コマンドと思いその後CAR15と訂正しましたが、どうも「M15コマンドサブマシンガン」というのが正式な製品名であったようです。今更どうでもいいことですけど・・・。</BLOCKQUOTE>
<BLOCKQUOTE> 当モデルは昭和50年に販売が開始されたとのことで、原型となるM16モデルが発売されたのは昭和48年ごろだそうです。
 販売数ですが、20年前の記事によりますと、M16A1モデル、M16E1モデル及び当コマンドモデルの3モデル合計で10万丁!近くが販売されたということです。
 輸出にまわった数も相当ある(ハリウッド製の映画に良く登場する。中でも「フルメタルジャケット」が有名)とは思いますが、これだけ販売されたということは現在でもかなりの数量が国内に存在することになると思います。
 キャップ火薬が開発された後もしばらく紙火薬使用で販売が継続されたようで、当時の公告などを見ますと「紙火薬6発使用」などと断り書きが入っております。
 末期にはキットモデル!も販売されていました。価額8,500円!今なら買うぞ!(て、遅・・・)
</BLOCKQUOTE>
<BLOCKQUOTE> このモデル、紙火薬モデルとしてはそこそこ評判が良かったようで、紹介記事を見ても快調にブローバックしている写真が掲載されています。
 しかし、紙火薬が入手不能な現在ではせいぜいディスプレイモデルになっていれば良い方で、私がそうだったように押入れの肥やしになってしまっているものも相当あるのではないでしょうか。
 どうしようもなくて放置されておられる方いらっしゃいましたら、1度チャレンジされてみてはいかがでしょうか?

 今回はカート側の問題(と思う)で、完全復活というわけには行きませんでしたが、それでも最初快調に作動したときはかなり感動しました。
 幾つかの代替案(無責任な思い付き)も実際に作業してみないと可能かどうかは分かりませんが、どちらにしましてもそのままではただの金属の塊ですので、やってみる価値はあるのではと思います。
 ・・・て、ジャンク化しても怒らないでくださいね!
</BLOCKQUOTE>


<BLOCKQUOTE> 2003・12アップ</BLOCKQUOTE>
<BLOCKQUOTE> 久し振りの登場である。
 なお、前回のレポートでモデル名称を何度か訂正したが、正式な商品名は「
CAR15コマンドサブマシンガン」が正解の模様。ようやくすっきりした^^;
 ここしばらく、「ハイキャパ」さんのおかげで
MGC絶版長物が続いたが、その最後を飾る意味も兼ね新たに発火したものである。

 改めて調整したのはエキストを含むボルトフェイス周りとディトの長さ。
 過去発火したときのトラブルのほとんどがエジェクト不良であった。
 最初、単にパワー不足と考えていたのだが、最近ボルトフェイスにおけるカート保持が弱いことが原因ではなかったかと思い直し、それに基づいてエキスト
SPを少し強化。
 併せて、エキストがセットされる溝を深めエキスト先端(爪)の突き出し量を増やした。
 こうしたことによりカートの保持力が増し、確実なエジェクトが期待できるようになった。
 

 それと、ディトはほんの少し長めに調整。
 これは単純に不発防止が目的。

 カートは前回使用したP220カートとM16カートの合体カート。できるだけ新しいものを使用し、前回のような破損が起こらないように気をつける。

 少し問題であったのは、トリガー。
 トリガーにセットされたパーツとシアの接点が磨耗したためだろうが、時折トリガーを引いてもシアが落ちない場合がある。これでは確実なセミ作動は期待できない。
 一応、予備のジャンクパーツ(以前いただいたもの)もあるがどうせフルでしか発火しないのでここは目をつぶる
^^;

 また、途中、チャージングハンドルが折れ青くなったが、ジャンクパーツに予備があったので交換し事なきを得た。打撃を受ける部分なのでもろくなっていたのであろう。機会があれば「カスタム屋でござい」さんにカスタムをお願いしておこうかな・・・。

 一通りの調整が終了したところで、合体カートを20発用意して発火に入る。
 この時点ではまだディトの長さを調整していなかったため、20発中3回不発が発生。ただし連射は好調。
 改めて20発用意し、ディトを更に1ミリほど長くして挑戦。
 これは8発目くらいで1度不発が発生。次の20発も真ん中あたりでエジェクト不良が発生
(>_<)。なかなかに手ごわい(-_-Wink
 しかし、調整前の段階に比べると作動レベルはかなり上。
 「これが最後」と20発カートを用意し何度目かの挑戦。
 最初の2発はこけたけれど、残り18発きれいに連射が決まった。
 一応満足できたので発火は終了。

 ムービーはこれらを編集し、最後に18連射をつなげてある。
 ムービーをご覧になれば分かるが、ガスの抜けは思った以上に良い。バレル内の錆び(インサートを兼ねスチールパイプが鋳込まれている)を取り、内部をスムーズにすればもっと勢いよくガスは噴出するだろうけれど面倒だし手をつけていない。
 発火サイクルは早くもなく遅くもなくといったところ。かつてのカタログでは毎分700発となっていたが・・・。
 本体は重量級(なんせほとんどが亜鉛合金)のところ、ボルトはえらく軽いので格好の割りにはリコイルは軽い。

 なお、ムービーは画質をまた上げたところ1・6メガになってしまったのでご注意(これはやりすぎ
(・・Wink)。

 以前も書いたがかなり売れたモデルなので、結構お持ちの方もいらっしゃるのではなかろうか。
 内部構造はまったくオリジナルとは異なるのでリアル派には敬遠されるかもしれないが、これはこれでよく考えられた構造で実に面白い。特にフルオートの際は実質的にオープンボルトと同じ動きをするというのは素晴らしいアイデア。全盛期の
MGCの凄さと素晴らしさを感じさせるモデルといえる。

 規制前のモデルは無理であるが、規制後のモデルであれば入手は可能。オークションでもたまに見かける。紙火薬でも調子が良かっただけあって発火済みのモデルも多いが、それが幸いしさほど高額ではない。
 興味のある方はレストアがてら入手し、発火を楽しまれてはどうだろうか。
</BLOCKQUOTE>



_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:55 pm

MGC CAR-15 PART 1 (English Translation)

MGC CAR-Commando Sub Machine Gun (all metal) Restoration of particulars recorded and CP



CAR15-made all-metal MGC CP command of facts


[Introduction]
<BLOCKQUOTE>Restoration of expression when fourteen years particulars south, as we reported earlier Orimashita MGC to discover our model and made Okutagonbarerurandaru.
Randall aside, this model is completely rid of, so I had going in, I was surprised when you find honesty.
But inside is full of petrified dirt, rust red in the magazine, from the body surface is white and cloudy conditions were allowed to think for a while as it is complete junk.
Above all, already made by Marushin and MGC XM177E2 made M16A1 (CP ABS) 2-chome, since we own a total 3-chome, M16 series hearty situation.
In terms of time it reproduces, this model, the model and later made nowhere near及Bimasen MGC CP Marushin model. Since design gunpaper the first place, things were now willing to be my favorite Doukou expected firing.
It is made from zinc alloy, almost all of the benefits and speaking, only that there is a weight.
Frankly, "I just discovered something nasty" feeling that was.
However, as it were available at that time played with delight remembering the model.The tone was not very good, and delight in its own way gave the model.
Besides, this model was purchased before folding regulations about 28 years ago (smg no mark) and is intended, but possession is transferred to another is prohibited is allowed. That means that it does not somehow I'm just going to rot that it is.
So just think of 捨Te置Ku tough staffing, we will become more and more care.
We pulled back from home to raise a little heavy, began the restoration of complete digestion. </BLOCKQUOTE>


Features of this model;
"Material"
<BLOCKQUOTE>Except for the hand guard and pistol grip surrounding the barrel, and all zinc alloy.
The outer barrel is a zinc alloy, iron pattern of the inner barrel. </BLOCKQUOTE>
"Internal structure"
<BLOCKQUOTE>
The internal structure is unique.
It is a Kurozudoborutofaiaringu, there is no hammer. Was set at the beginning of spring cover is equivalent to hammer Rikoirusupuringu (Tentative model MGCCP spring guide, the model is made by Marushin buffer).


If the gun real (Marushin, MGC's CP model as well), the size of the bolt is almost equal to the length of the receiver, we always contact with Rikoirusupuringu in stock due to the buffer.
The actual operation of the gun, the hammer fell after the percussion, while causing a recession in the hammer bolt Roareshiba, Rikoirusupuringu provided in the stock compression, the power of the bolt moves forward Rikoirusupuringu Then, a new cart Extract from the magazine, step on the cycle of loading the chamber.


In this model, however, only about half the length of the bolt is a real bolt gun.
Operation of this model, the trigger is pulled, spring forward cover by the main spring in the stock set, percussion smashed into the rear bolts, then bolt back cover while pressing the spring, once the stock front bolt Stop, now working for a bolt arranged Rikoirusupuringu own (set in the hand guard, which mimics the real gun the guide Gasubaipasupaipu) forward by a bullet from the magazine in the process following extraction and loading into the chamber.
Spring cover the tip of the main spring as it continues to move backward, and eventually hit the stock rear end, causing a negative shock and started forward again, just before the semi if the receiver (front end of the stock) position progress blocked by Russia, resulting in an out through the cock.
The full process of firing (except for before and after firing the last bullet fired the first bullet) does not change much Opunborutofaiaringu (to move together to cover almost the bolt and spring) is.
I'm afraid you letter hard to understand, please understand this trend in general.

Moreover, in order to prevent accidental discharge when the chamber is loaded into the cart, in the absence of the trigger is pulled about our ability to force the lock bolt is not moving forward firing position.
This part Roareshiba middle, I located just after the stop bolt on the floor just a magazine, in the absence of the trigger is pulled to cut the men arranged after the auction has raised this part Bolts entered into, lets stop the percussion position just before the bolt.

When the trigger is pulled, lower part, the bolt can now move forward as soon as percussion and a free position, and how well they are made of the role of percussion hammer smashed spring cover.
The Automag has also set a similar system, the prime MGC guess, I would also really great idea Moderuganrashii.

The advertising flyers and catalogs and then look at this model, the blow-back, crashing into the stock rear spring cover, were sold to generate force that is negative, how we operate at the time Datsu I do not remember or never. </BLOCKQUOTE>

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Fri Jan 28, 2011 2:53 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Thu Jan 27, 2011 4:59 pm

MGC CAR-15 PART 2 (English Translation)

"Other"
<BLOCKQUOTE>The real gun is located on the right-hand side, this model can move forward with force Bolt Forward Assist button has been turned into a hex bolt and join the receiver's upper floor.

Much more for the magazine, the Marushin MGCCP and compatible models.
Marushin largest (almost real size), then MGCCP models, the magazine seems to be the smallest for this model. The magazine is the largest internal spacer Conversely, in the cart will not fit without CP and PFC cart.

Teresukopikkutaipu work but also to imitate the stock. It is completely fixed.

Safety and the movement of the real gun is different. It is due to differences in internal structure, the real gun in turn from the direction of muzzle "safety", "" semi "full" has become, in this model is "semi" "Safety," "full" has become.

Other optional minor point, there are many changes.

But I do not cares, It is great to be easily marked. Can have a very good impression with good grace.

The name of this model "CAR-15 Komandosabumashingan" It seems respectively. Certainly, "M15" misunderstood Orimashita (shame). </BLOCKQUOTE>
- Restore - progress
<BLOCKQUOTE>Following the restoration progress over nearly three weeks near (going forward seven eight tortuous self-doubt and struggle be stunned groping in the dark), and separated by work, is described along the time series in general.
In a way, is a valuable model in history. But I do not know whether those that come in addition to firing recklessly tried it, please bear with me if it is good. </BLOCKQUOTE> "First stage"
<BLOCKQUOTE>
The first decomposition. There is no instruction manual and to remember that the old model, just terribly complex pattern is not so big, little and little degradation.

But soon found a big problem here.
There are a lot of parts missing goods pattern. Roareshiba front pin and the upper receiver to combine, how it, and Ditoneta chamber.
Apparently, when decomposed in the past, different patterns were kept intact. Now that's refreshing to remember what was stored where. Shock for a moment.
If you want to display model, I did not need to be Dito chamber.

In fact, I saw the magazine carefully, sometimes a little inspired.
Cart cart P220 M16CP the MGC (can be Mirirugakato 9) Garu cart will be combined, and is so fit in this magazine. Union cart, it's not my original nothing like the emperor and Katsura's CMC made M1 (2) in this cart 化Shi CP carbine until he came up with that obtained from a smoothly operating.
Tatsu from that point, even if the improvement of the CP Dito thought might be also possible.
However, coupling pins aside, Dito is not going nowhere with the chamber.



At this point, using the original chamber, Dito do to improve the original material diverted from other models, I was thinking that or newbuildings.
Without the original chamber Dito, totally unknown to the body shape and how to set (do not remember) and what was not even coined, so also improved.

So far to think anymore, and gloomy feeling.

"Phase 2"
</BLOCKQUOTE>
<BLOCKQUOTE>On the status of the phase decomposition, was reported on the net a whopping offer received an offer from a kind heart parts.
"To my unwanted goods, please help if you use" with grateful appreciation your kind offer. Immediately, we'll spoil you with a courtesy.

Until the availability of parts, things to do is clean the inside and outside.
When the ceremony and Randall fourteen years we will take advantage of the South Saint Paul, we must proceed from the well ignited in mind, the use of the Saint Paul path. and cracked from the inside to be seen, it took care may be fragile and zinc.
So brush and steel wool, brass, stainless steel brush distinguish the inside clean as possible.
We will remove the dirt while Trigger and readjust the relationship between Russia and the extractor spring replacement.
Brass brush to brush on the outside only. Gray, but overall, I have come up with good taste Brewing stopping the pass (Frankly care.)
The magazine also from inside and outside is red, very fine. Once you have really regret purchasing agent and rust off (bought later) And, as I am concerned about a weakening of the spring because of rust or magazine.

But, back and shoulders and keep the same attitude, come back to hurt or because of age. </BLOCKQUOTE> "Stage 3"
<BLOCKQUOTE>Dito chamber and long-awaited arrival, at last.

But here again the problem occurred. It pains courtesy we receive parts, how fit!
My own model, a model of regulation before folding. However, the parts you sent appears to be for the model after regulation Apparently, the chamber is one (the barrel) are closed, and the shallower including moat contact surface with the barrel, and as it is impossible to set was.
To set, not just a single process chamber, and so must be parallel processing of the barrel.
But now, even from one part of unavailability is most reluctant to be no turning back because it fails to tweak once.

Once you stop working here. Do not rush to fallback thinking time. </BLOCKQUOTE> "Stage 4"
<BLOCKQUOTE>Prior to undertake restoration of this model, I was immersed Marushin MP40 to the hilt, and the MP picked up when I suddenly remembered for chamber decided to try what it can not be diverted.

Other than the original size of the chamber, we make sure that the necessary processing.

MP 1 millimeter in length a little longer for the chamber thickness, the MP for a bit thin and lacking in, set to be lean body. It can be adjusted by vinyl tape during the winding set.

Fidinguranpu, compared to the original for the MP is likely to have to do to expand both the depth corresponding left and right parts of the tractor fled extract (cut) must be processed.

Also, when set to the body, like the original direction 抜Ke落Chinai front, there is a rectangular projections engage the grooves formed in the body, MP for the need to add more protrusions by some other means not so There.

Aim to look inside, MP for the inside of the projections are provided for fixing Dito, cart is in the way it is coalescing into Kirimasen.

Ditoneta is also MP for Dito is halfway from the tip of a thin, thicker than the tip of the hole from the middle cart, you can not move forward from there.
But so is the chamber of the process are likely to be needed Dito.

MP for the chamber is made of plastic, and can somehow still working, but I think if you have patience, a little effort. Resizing seems cumbersome process, especially for internal fixation Dito.

Dito is also thought to process the MP for an appropriate length in the junk box, and then decided to divert what weight, if any.

I hope 持Temashita fine, however, immediately check stock Marushin headquarters. Has just been re-release the kit, but was optimistic it can get right now.
Response was "Please wait a few months." Huh? Oh my goodness.
Itashimashitara check again, and we currently manufacture for export, the manufacture of parts that move and after it. Sorry. (By the way, why would you want to export time?)

Worries what to do. Wait a few months. MP currently owns or divert the chamber.
Re-entered the thinking time. </BLOCKQUOTE> "Stage 5"
<BLOCKQUOTE>Policy decisions.
MP for the chamber to divert temporarily shelved.
Wait a few months is hard, just because I see the time when deliveries MP MP in the chambers are also hard for a few months becomes unavailable.

So, tentatively, to be diverted to a metal chamber was obtained after regulation time, MP for the chamber to gain (through a book shop) decided to once again step process.

Why, MP, or rather stick to the chamber and for one reason, can be expected from outgassing.
Even a metal chamber, but can you open a hole for shifting the center outgassing, strength in both cases, you can not open a big hole from Sore程, do not expect one more outgassing.
Just like firing an obsession (laughs).

The concern, however, was successful even temporarily improve around the chamber, is whether the subsequent work was blowback.
Honestly, there is no confidence at all. Perhaps firing (percussion), but it will work, if you can get a sufficient amount of retreat completely different issue.
This model, a strong main spring long, and has decent weight, a spring cover is made of zinc alloy acts as a hammer. Cut the spring, it must also keep in mind some diversion from or part of the cover and lighter springs.
However, the heavy bolts that have a Marushin UZI somehow it became even from, but I have hope.

When it comes to, CP gave up, cut the tip of the M16 Marushin cart, try going to double the cap.
The method was praised so would normally, but their own Marushin M16 announced as a method for improving operation (which included a paper supplement to the kit) from the way that the safety of the cart at least ensure and should have been so good.

But personally principles (use of explosives from the cap is only one) does not want to do so violates.
Development of a powder of the cap to succeed CP enters praying processing operations. </BLOCKQUOTE> "Stage 6"
<BLOCKQUOTE>
The first process of the barrel.
The original case, cut off about 1 inch inner barrel body dive chamber at the set. This part, only by about 1 centimeter pipe sticking up nearly 1 mm thick, no advantage because the insert.
Fixed to the barrel vise, cut Kon Kono. Clean the surface with the end cut rasp.


The following is a chamber, Dito big question is what to do.
Dito explosives are used for the original paper size is completely different use can be considered for processing.
The rest is either coined or borrowed from or something.

However, this is surprisingly easy to solve. How to Set Dito this chamber, the screw holes pierced in the heart of a closed one, is supposed to set Dito there.
This screw holes, screw feed some stock off the shelf (once) and look into, there was just something that happens size.
So to adjust the length, this chamber and substitute Dito (screw) set into the body. Set the inner cap and an empty cart polymer, loaded chamber.
But it also is a chance, I feel just right in length. As expected, "the luck of coordination," self-congratulation (laughs). If we adjust a little pot washer, perfect length.
The tip feeding fails to come out and fix rounded rasp. While there are durability questions, cheaper ( 10 one!) Is not a problem from the most up for grabs.


However, difficulties finding a new one.
When feeding on the chamber, are not you stand by the cart well extractor rim, It looks like a push cart to where the body percussion Ekisuto much.
Be unpleasant, this model Ekisuto the bolt sticking out considerably.
This mechanism is to prevent outbursts of useless treasure awaited state.
If the movement of the inner 渋Kere little in the cart, but the resistance is set to the rim well, and are now worried that the issue come out firing after the retreating forces. It is just a little annoying.
Otherwise, the feeding is good, surely you can advance to the position Ekisuto percussion stand by the bolt including cart, any problem can not seem to eject.

At this stage, I tried to test fire.
Every level to understand the operation in advance, because you identify problem areas, that is an excuse, just wanted to fire was simply irresistible (laughs).
CP cap combine to set the money from a cart, and then gently loaded into the chamber.
Semi-selector.
I honestly hope never to pull the trigger while rather nervous.
However.
Turn! Dry sound while the other was perfectly eject the cart! It is also quite a momentum, sideways, fly about one meter horizontally into the wall.
So now the magazine into the cart is not set to the first powder, the powder was then set into a cart. Now again, the test firing.
Gently loaded into the chamber as well, fire. Blowback beautifully too! Bullet enters the chamber just fine next spring covers are also cooks for the blow.
Amount did not expect, double the joy.

However, only twice in trying, it is also loaded into the chamber is done with care to avoid accidental discharge. As mentioned above, you may go off if you charge vigorously.
The tone of the magazine, how much ammo was loaded even when feeding is unknown.
However, the fact that Akira Akira looked pretty. </BLOCKQUOTE> "Stage 7"
<BLOCKQUOTE>
I noticed during the last calibration and make adjustments to improve the mouth including the rim of the cart when loaded extractor chamber.

Cut springs Ekisuto Once converted, weakens a little.

On top of that, in order to reduce the overhang of Ekisuto little, shave the tip. However, because of the strength may be, until you dare not short of shape change.

After the whole Ekisuto, steel wool or a brass brush tip bolts and polished with sandpaper, little friction as possible, so that the light is operating.

Union cart loaded into the magazine of 10 rounds, re-check feeding. As might seem a little better, the risk of outbursts are still feels like a significant amount.
However, more touched the Ekisuto so scary, after the "luck" to Tsuburimasu eyes. When it comes to Chaimasu Furuotoonrimoderu to (laughs).
The feeding, no problem for ejecting.

As a precaution, taking drug buy rust, carefully re-polish the interior lip of the magazine and the magazine floor.

Adjustment is generally done, but there really should be working a little bit more, preliminary first place (target chamber used for the final MP), so an overview will be adjusted so far.

The remaining fire. Will it work.




</BLOCKQUOTE>

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10641
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   Mon Jan 31, 2011 11:01 am

MGC CAR-15 PART 3 (English Translation)

[Fire]
<BLOCKQUOTE>It worked (laughs).

CP polymers prepared from the cart 10, and while juggling fire.
But that is like firing 10 rounds in non-difficult problems easily. Jams and poor ejection seemed to be inseparable.
In fact, last night, I had succeeded in recording the morning the next day, turn off the video away for vague pains Imashitara, because it is recorded again into tears while being half and moved the feelings of the owner I was working too little feeling of O湿Ri.
Still, compared to a world of difference from the age of 28 years ago and the paper powder. There is a sense of the poles apart.

The video is divided into six parts.
The first and second relatively long (Even though a blink), the rest is from 3 to 5 from a concatenation of fire around.
Little, I wondered what to try, I gave up because it hurts quite a cart with metal studs Jamuru once.

Firing does not mean that metal sound, similar to XM's Marushin. By the way, it is a slow and rather more like firing cycles.

Shimashitara MP for successful reuse of the chamber, I think I'll challenge all over again.


In addition, the来Remashita far, you provide a valuable part, is thanks to some like-minded person of one. Not introduce it with the consent of the individual, but I will refrain, Itashi we really appreciate it. I offered a reward and has been steadfastly declined, Itadakimashita to spoil a courtesy. Rimashita model for many years had been sleeping O陰Sama. Thank you very much. </BLOCKQUOTE>



Please note:
<BLOCKQUOTE>
This improvement is originated from the loss to my own chamber the first place, and I like model (predecessor regulation) owns, who owns the original chamber with a different approach I think.
Still, MP40 for the diversion of the chamber so I can, who are interested try to challenge what I think.
Hopefully might be able to play Bang bang out the metal folding model gas fire.

If you have a post-regulatory model, in the manner we have stated above that I can be of CP.
However, outgassing of course not.
By the way, the barrel seems impossible to decompose.
We do not barrel through the first place, after the regulatory model MP diverted to the need for the chamber would be negligible.
Later models of the gas bypass regulation that I know of very thin, I almost do not seem to work, to improve and I think this is quite difficult. I seem to work above the level of an individual, is not recommended from a subtle point.

The previous model I control, I know only one kind of model for each one after regulation, the idea mentioned in this place is a model that assumes one knows.
As usual, even after the model of the previous model or regulatory restrictions for the same model year due to improvement by the manufacturer Please note that there are probably differences in the structure.

It is, of course, improve their responsibility to please everyone.
With the improvement is not about the consequences of any responsibility to us.

</BLOCKQUOTE>

_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Sponsored content




PostSubject: Re: Transferred pages from Shiraaya's Website   

Back to top Go down
 
Transferred pages from Shiraaya's Website
View previous topic View next topic Back to top 
Page 4 of 11Go to page : Previous  1, 2, 3, 4, 5 ... 9, 10, 11  Next
 Similar topics
-
» Kildare gaa website
» Protrack Website - Profiles
» BMFA Website
» Now that's a county GAA website........
» Great website for random hotrod parts

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
MP40's Modelguns Forum :: Sharaaya's Web Pages-
Jump to: