MP40's Modelguns Forum

International Forum for Modelgun enthusiasts
 
HomeFAQRegisterLog in

Share | 
 

 Shiraaya's Definitive Guide ... Review & Tuning Mods

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10632
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Shiraaya's Definitive Guide ... Review & Tuning Mods   Tue Apr 05, 2011 12:45 pm

Marushin XM177E2



(Overview)

A model is all metal. Recently (March 14) and is not intended for resale in the kit. In those early heavy zinc alloy bolts, fire performance is not so good reputation. それが、い It became something of a lightweight aluminum or bolt from around the time, reputation and performance are improved. He was like that that I like Osha emperor. What is currently for sale in all aluminum bolts, and so is what I bought. But we felt strongly try to go to the assembly, the cause of the slump is not only because it's not the bolt. Also on the Internet, "work" we saw some of the idea.

I will be more or less said, clearly going to do the polishing work of the entire internal parts. Bring Me to Shibuya where originally made the models have been recently painted the interior of the so irresistible!

We welcome your models in the first kit, the model might be a little awkward. However, the work is not perfect by any means. Is something.



(Adjusted)

Tatte assembly, anyway, take the burr, remove the paint inside is Again elements in groups, first, does not work! Mind is enough to proceed with the work of this. To hurry and not panic. Thinking to finish in a day, 3 days, hope you enjoy the work over four days.

Basically a lot of parts count, it has been subdivided into different parts, the instruction manua random (quite good) must be in good order after perusing the start.

In the supplemental instructions that came with the kit, the combination of 7 mm and 5 mm cap explosives or proposal has been described as a coordinated cut in the spring, it is a last resort! And recognition please. It works fine without that!



(1) Magazine Catch

The first hurdle is the magazine catch screw. Screws are pretty tight, and it is pounding away at the break is small. Now fold the parts actually heard of people giving up work will come.

After that, prepared to deal, much like the same size pins and springs, so I knew I would be a mistake, you need careful checking.



(2) Bolt The default is fully polished (laughs) aims. Paper until a shiny touch it anywhere, steel wool,
Especially for some of these round steel wool is effective, it is absolutely necessary to mask fine metal dust that flies. Is because of his health. In addition, we may be dressed in dirty Please. Otherwise, you will be scolded by your family later.


(3) Internal Receiver

There are also inside the receiver to Bali, so we took the paint thoroughly, and rich, remove them as much as possible, until you get the feeling polished smooth with fingertips touching.

In this case was in effect was a cylindrical brass brush. I think that selling home improvement or paint department. I bought it at about 600 yen. In size it seems good things come a little thick compared to the second-largest internal diameter of the receiver.

Also, if I set the ejector (also set tight, it is necessary to polish the sides of the body enters the ejection), and put in contact with each other and apparently the bolt, it was considerably hindered motion or something like sand over the top of the ejector discourage contact with the adjustment.

If the bolt without any resistance level is adjusted within the receiver should work.

The stock interior (which is housed at Rikoirusupuringu) polished brass cylindrical brush is also persistent.




(4) Otomachikkushia

It is a little tricky part. I did not like this is the best.

Otomachikkushia not see my eyes just as surely distorted, put a pin for fastening directly to attempt to set E-ring (hate!)付Ketara, and still did not work at all.

We modified slightly the degree of narrowing spreads the scissors to shear vise (subtle), and finally became smoother movement and coordination Shimashitara polished sides.

What I also did Teiu Toi, is strongly discouraged the use of a vise (failed many times), I think is more tuned in safe direction side polishing paper. I think that may be employed to put on a plane using Riyou Kaname and batten.

However, many times E and stupid but we can remove the ring for those of similar size can be purchased at home centers.


(5) Magazine

Lip of the magazine remains a sharp cut in, cut the fingers became so, and so the bevel is also the resistance as well bite the side of the cart.

After firing the last bullet, should continue to operate the bolt stop is pushed in Magajinfaroa, possibly due to poor form Magajinfaroa so well 押Shi上Genai bolt stop, bolt stop contact with the rubber surface of Faroa pasted boards. Now, surely bolt after firing the last bullet stops.




(6) cartridges

It is about the cart, as seen in the attached Supplement to the kit, Face To Face 7 mm cap (cap while shooting one) seems to act as a seal while the gas is set to shoot.

I shot this while 気Ga付Kazu the role of the first cap, and this was another way to set up Intensushito (shame).

At this time, while shooting a hole in the middle well, reducing the possibility of a misfire or incomplete closure can be used to bolt things clean.

However, When used several times, hitting the mark will be beating up on the ejector plate and the rim of the fire ring.

And continue to accept the failure occurs and caught a bullet with your weapon and the next spring tension is high such as during full load. The interior is dirty and in the cart, you must be aware that incomplete closure is likely to cause the bolt.



(7) Other

The hammer and bolt contact surface is covered by a mirror shine. Shine Komimashita also fairly closely in the chamber.

In addition, did not mention, basically shined all internal parts. Out the side in the manner of planes, corners are steel wool, gloves and a black, long Ganbarimashita numbness in fingers.

I only work three days this (three hours per day) was spent on, for the first firing. Still, at first misfire occurred, come in from around the tone is about 10 rounds fired, then semi-full and is working almost perfectly. Even the kind you get nothing without the spring in good shape from a semi-powder cap Furuburobakku is achieved.



(Summary)

I made another MGC's ABS specifications CP owns the M16.

And we compare the two, firing sound when firing certainly rather flat expression, "Bang!" The sound of exploding gunpowder is so large that the MGC's. Marushin ones are fine, or that the operation sound "Gashatsu!" Sound and feel noticeably. Marushin ones are made from metal, energy increases that can be taken really works, I think it's less energy in the sound around the opposite. I think I have reasonably good sound ・ ・ ・.

However, the reaction is also the metal that feels like something big Marushin. Both themselves rarely misfire. And surely if the blowback firing either. Sufficient amount of the bolt back. Marushin advantage of what is coming from feeling heavy and rigid metal, buy it and nothing new here (in a limited number of small producers but also to say) that it would be the only fire models of the M16 series .

It may take time to adjust, but, do not need special techniques. Assembly is one of the great pleasure of this hobby has adjusted well. Finished work, inspiring work perfectly when you are Hitoshio. The model I think you deserve that much effort.

Ailing those who work in those who are owned by the previous model zinc bolt, is made of aluminum to bolt to retrofit once Why not?


(Fire scene)

I took the first fire scene. The percentage would have shot it well. Probe LX's to ask, is the same one that I will introduce in his pages. Probe LX's, Thank you for that occasion.

All bullets fired by the continuous full load for 15 rounds. Only one course from gunpowder caps. From about the first 4 shots, I think that you know the gas fire that erupted from the muzzle. Cart is considerable momentum in the exhaust shell, we really like the unique sound mechanical actuation. Cart before firing inside the CRC (the model is used for metals) blew Perhaps, like a lot is a considerable amount of gas. Also, after firing, is turning a little longer so interesting trail of gas from the muzzle movement.

The jet of gas is only this, is because 0.5 Gasubaipasukaba to own a gas seal attached to a rubber sheet, mm. Moamoa and will drift around the hand guard from gas do not do this. However, it also serves as the chamber of the screw cover fixing screws pass, can not be fixed, so care must be taken to reach the end of the chamber and use the screws too thick sheet. I wanted a full load from 20 challenge really bashed in the rim of the cart from your weapon and is caught at full load and, where appropriate, so I put a troublesome compromise. The next time I got a brand new cart loaded separately from the full 20, try to challenge all bullets fired (Please be patient.) The magazine wants to be in good condition 30 coupled to it. But no plan was confirmed in office for resale Marushin (April 2002), he says.
Hey, mon do, do not leave the instruction manual option on the list!


XM177E2 new video, "recorded image 2002.8.6"

It is also activated by one metal caps. Operation in the first semi-full in the middle pinky promise. Selector for the full Even though, it is only a trigger operated as semi Deattari only fire one shot, and quite suitable from 3 and get a burst. Come with me on the proper motion well. However, compared to the stability of the semi-full to fall a little impression. I think what it might have had that a few bursts. Want to say out loud to the still, is that no amount of back due to lack of a jam. Definitely one blow back gunpowder caps. Fire away to scatter the precious gas cooler under the influence of wind, much interest is impressive not too bad. They tried to fire after a while, I thought it a good model. 腰Dame in full at the shoulder with semi-is likely to become addicted to both.

2004.8 "double cap firing forbidden (?)"

Marushin a long time XM. We tried out the double-firing cap.
Operate without problems in the earlier reports as a single, gay love than before (?) Was soon tried for.
As a result of the movie. Of course firing sound bigger, there is a momentum to eject, Hiroshi Mori also outgassing.
However, much fun can check the ignition flame from muzzle sometimes the power is somewhat excessive, so be careful. No wonder it is the model just because the metal is a taboo.

I noticed this point.
◎ cart is absolutely new is better.
Effect of the ejector plate and a rim around the fire ring but hit the rim quickly fall apart, it is not expected to become strong work. I think his mouth in order not to deform the rim firmly Ekisuto, eject multiple defects. Also, so many misfires.
Kitara tone gradually fell, suggesting a better first cart. New venture seeks to replace the cart.
Even though this model cart is pretty good price to 200 yen a piece. Case of mind, much less to buy and easy to get downright regrettable and can not intact.
The unit price is relatively reasonable, and a metal folding firing just enjoy the presence of almost only want a price and supply carts consideration of consumables. Mal Singh to drop the price of the cart or your means, you hope that with the release of the rim or just by itself.

Widen the bypass venting ◎.
The barrel has been opened holes for the gas bypass in two places. The wider path between the gas and dig deeper holes around, the more likely the gas is missing.
I hit the steel insert further modifications prevent you dig even impossible of course, but 3 mm, the effect is still high. Let the good work.

For additional movie.
20 was the target of fire, dud or ejection failure occurs in the middle really, what is the best this time of blazing 14,5. Have introduced a cut-cut throw 3 +.
The trigger guard is down the charm ^ ^.
The PC has become possible to put a new sound and throw it, it is quite powerful. In my mind while watching "Heat", and I really like that (meaning unknown).


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.


Last edited by Cerwyn on Tue Apr 05, 2011 12:47 pm; edited 1 time in total
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
Cerwyn
Cerwyn (Site Admin)
Cerwyn (Site Admin)
avatar

Number of posts : 10632
Age : 58
Location / Country : North Wales
Registration date : 2008-07-20

PostSubject: Re: Shiraaya's Definitive Guide ... Review & Tuning Mods   Tue Apr 05, 2011 12:46 pm

MARUSHIN COLT XM177E2
マルシン製・XM177E2


マルシン・XM177E2



(概要)

 全金属製モデルガンです。最近(14年3月)キットで再販されたものです。初期のものはボルトが亜鉛合金製で重く、発火性能はあまりよくなかったという評判です。それが、いつごろからかボルトがアルミ製の軽量タイプのものになり、性能は改善されたとの評判です。皇帝様もそのようなことをおしゃっておられました。現在販売中のものは全てアルミ製のボルトで、私の購入したものもそうです。ただ、組立を行ってみて痛感いたしましたのは、不調の原因はボルトのせいだけではないということです。ネット上でも、「動かない」という意見をいくつか目にいたしました。

詳細は以下に述べさせていただきますが、内部パーツ全体の研磨を行わないとはっきりいって動きません。もともと渋めに作ってあるところへもってきて、最近のモデルは内部まで塗装してありますのでたまりません!

初めてキットモデルに手を出される方には、少々厄介なモデルかもしれません。しかし、完璧作動は決して不可能ではありません。何とかなります。



(調整)

  組立に当たっては、とにかく、バリを取り、内部の塗装をはがし、磨き込むことです。繰り返しますが素組みでは、まず、作動しません!このことを十分に念頭に置き作業を進めるべきです。そして焦らないこと、あわてないこと。1日で仕上げようとは思わず、3日、4日かけて楽しみながら作業されることを望みます。

基本的にパーツ点数が多く、部位別に小分けされていますので、やたら取り出さずに取説(結構立派)を熟読した後順序良く取り掛かることが必要です。

なお、キットに付属の補足説明書では、7ミリと5ミリキャップ火薬の併用、あるいは、スプリングのカットが調整案として記載されていますが、それは最後の手段!!と、認識ください。そんなことしなくても立派に動きますよ!

(1)マガジンキャッチ

最初の難関はマガジンキャッチのねじ込みです。ネジが結構きつく、また、細いものですから折れてしまいそうでドキドキものです。実際ここでパーツを折り、作業をあきらめた方がいらっしゃるのを聞きました。

後は、なんせ、同じ様なサイズのピンとスプリングが多く、間違えてしまいそうになりますので、念入りな確認が必要です。

(2)ボルトルトは全面鏡面仕上げ(笑)を目指します。どこをさわってもツルツルになるまでペーパー、スチールウール、
特にこういう丸みのあるものに対してはスチールウールが効果的ですが、細かな金属のチリが飛びますのでマスク絶対に必要です。自分の健康のためです。また、汚れても良い服装で行ってください。そうしないと、後でご家族にしかられますよ。



(3)レシーバー内部

レシーバー内部にもバリがありますし、ご丁寧にこってりと塗装が乗っていますので、これらもできるだけはがし、指先で触ってスムースな感触が得られるまで磨きます。

この際有効だったのは、円筒形の真ちゅうブラシでした。ホームセンターの塗料売場とかに売っていると思います。私は600円ほどで購入しました。サイズ的にはレシーバー内部の径に比べちょっときつめ位の太さのものがよろしいようです。

また、私の場合、エジェクターをセット(セットすることもきつく、本体に入り込むエジェクターの側面を研磨する必要がある)し、ボルトを入れると明らかに互いが接触し、動きが相当妨げられたので、接触するエジェクターの上面をそぐような感じでやすりをかけ、調整しました。

この程度調整すれば何の抵抗もなくボルトはレシーバー内部で動くはずです。

また、ストック内部(リコイルスプリングが収納されるところ)も円筒形の真ちゅうブラシでしつこく磨きます。


(4)オートマチックシア

ちょっと厄介な箇所です。私はここが一番嫌でした。

オートマチックシアが私の眼にはどうしてもゆがんでいるようにしか見えず、試みにそのままセットしピンを入れ固定用のEリング(大嫌い!)を付けたら、やっぱりちっとも動きませんでした。

そこで、シアを万力にはさみ広がり度合いを少し狭く修正(微妙です)し、側面を研磨するなど調整しましたらようやく動きがスムースになりました。

やっといていうのもなんですが、万力の使用はできるだけ避け(何度も失敗した)、側面をペーパーで研磨する方向で調整されたほうが無難ではないかと思います。当て木などを使い平面出しする要領でされればよいと思います。

なお、何度もEリングをはずしたりしておりますとバカになりますが、同様なサイズのものはホームセンターなどで購入可能です。



(5)マガジン

マガジンのリップ部は裁断した状態のままで鋭く、指を切りそうになり、また、カートの側面にも食い込み抵抗にもなっていますので面取りします。

最終弾発射後、マガジンファロアーに押し上げられボルトストップが作動するはずなのですが、マガジンファロアーの形が良くないせいか、うまくボルトストップを押し上げないので、ファロアーのボルトストップとの接触面にゴム板を貼り付けました。これで、最終弾発射後確実にボルトはストップします。


(6)カートリッジ

カートに関してですが、キットに附属の補足説明書にあるとおり、7ミリキャップを向かい合わせ(一方は撃ちがらキャップ)にセットすると撃ちがらがガスシールの役目を果たすようです。

私は、最初この撃ちがらキャップの役割に気が付かず、これとは別にわざわざインテンスシートまでセットしていました(恥)。

この際、撃ちがらはしっかり真ん中に穴の開いた、汚れのないものを使用すれば不発やボルト不完全閉鎖の可能性も減ります。

ただし、カートは数回使用すると、リム部がファイアリングプレートとエジェクターの打撃痕でボコボコになります。

そのまま使用を続けますと、フル装填時などスプリングのテンションが高い場合に次弾に引っかかったりして装弾不良が発生します。また、カート内の内部が汚れていると、ボルト不完全閉鎖が発生しやすくなりますので注意が必要です。




(7)その他

ハンマーの、ボルトとの接触面は鏡面磨き対象です。チャンバー内も結構念入りに磨きこみました。

その他、特筆しませんでしたが、基本的に内部パーツは全部磨きました。側面は平面出しの要領で、コーナーはスチールウールで、軍手が真っ黒になり、指先がしびれるくらいがんばりました。

私はこれだけの作業を3日間(1日平均3時間)かけてした上で、初めて発火しました。それでも、最初は不発が発生しましたが、10発程度発火したあたりから調子がでてきて、その後はセミ、フルともほぼ完璧作動です。スプリング類に何も手をつけずとも、キャップ火薬1発で快調なセミ、フルブローバックが実現します。




(総括)

  私、別にMGCのABS製CP仕様のM16を所有しております。

両者を比較いたしますと、確かに発火時の発火音、平たい表現でいうと「バン!」という火薬が爆発する音はMGCのものが大きいようです。マルシンのものは、結構、作動音というか「ガシャッ!」て感じの音が目立ちます。マルシンのものは金属製ですから、どうしても作動にとられるエネルギーが大きく、その反対に音にまわるエネルギーが少なくなるのではないかと思います。私はそれなりにいい音だと思っているのですが・・・。

ただ、反動は、金属製ということもあり、マルシンのものが大きいように感じます。不発自体は両者ともほとんどありません。そして、どちらも発火すれば確実にブローバックします。ボルトの後退量も十分です。マルシンのものの長所は、金属製からくる重量感と剛性感、それと何より現在新品で購入(といっても数量限定の少数生産ではあるが)できる唯一のM16系の発火モデルだということでしょう。

調整に手間取ることはありますが、特別なテクニックはいりません。組立、調整もこの趣味の持つ大きな喜びの一つです。うまく出来上がり、完璧に作動したときの感激はひとしおです。また、それだけの努力をするに値するモデルだと思います。

以前の亜鉛ボルトモデルを所有されておられる方で作動が不調な方は、一度ボルトをアルミ製のものに換装されてはいかがでしょうか?



(発火シーン)

初めて撮った発火シーンです。その割にはうまく撮れていると思います。プローブLXさんにお願いして、同氏のページで紹介させていただいているものと同じです。プローブLXさん、その節はどうもありがとうございました。

15発装填してのフルによる全弾連続発火。もちろんキャップ火薬は1発のみ。4発目くらいから、銃口から発火ガスが噴出しているのがお分かりになると思います。排莢されたカートの勢いも相当なもので、独特なメカニカルな作動音も大変気に入っております。発火直前にカート内部にCRC(金属モデルですから使用しています)を吹きかけたせいか、ガスの量が相当多いようです。また、発火後、銃口からたなびくガスの動きが面白かったので少し長めにまわしています。

なお、これだけガスが噴出するのは、ガスバイパスカバーに0.5ミリのゴムシートでガスシールを自作し装着してあるからです。これをしないとハンドガードあたりからガスがモアモアと漂ってしまいます。ただ、バイパスカバー固定用のネジがチャンバーの固定ネジを兼ねていますので、あまり厚いシートを使用しますとネジの先端がチャンバーに届かず固定できなくなるので注意が必要です。本当は20発フル装填でチャレンジしたかったのですが、カートのリムがボコボコ状態で、フル装填すると装弾時に引っかかるものですから、面倒なので適当なところで折り合いをつけました。別に20発新品カートを入手しましたので次回はフル装填、全弾発火に挑戦してみます(気長にお待ちください)。これだけ調子が良いと30連マガジンがほしくなります。でも、マルシン本社に確認したところ再販の予定なし(14年4月現在)とのこと。
 おいおい、そんなもん、取説のオプションリストに載せておくなよ!




XM177E2新動画《2002・8・6収録画像》
 
 これも金キャップ1個による作動です。
 最初はセミでの作動、途中からフルでの指切り。といってもセレクターをフルにして、セミのようにトリガーを操作しただけですので、1発だけの発火であったり、3発バーストのなったりと結構適当。でもちゃんとその動きについてきてくれています。
 ただ、フルに比べてセミの安定度は少し落ちるような印象。いくつかバーストがあったのではないかというのが正直な感想です。
 それでも声を大にしていいたいのは、後退量不足によるジャムがなかったことです。キャップ火薬1個で確実にブローバックします。
 クーラーの風の影響でせっかくの発火ガスが四散してしまい、今ひとつ迫力がなく残念です。
 久し振りに発火してみましたが、やっぱりいいモデルです。
 フルでの腰だめ、セミでの肩付け、いずれも病み付きになりそうです。

2004・8「禁断のダブルキャップ発火(?)」

 久しぶりのマルシンXM。今回はダブルキャップ発火を試してみた。
 以前のレポートのとおりシングルで問題なく作動するが、以前に比べて派手好き(?)になったため試みた次第。
 その結果はムービーのとおり。当然発火音も大きく、エジェクトも勢いがあるし、ガス抜けも盛大。
 ただし、たまにマズルから発火炎が確認できかなり楽しめるが、パワーは過剰気味なので注意が必要。金属モデルだからといっても無理は禁物。

 今回気がついた点。
◎カートは絶対に新しい方が良い。
 リムを打つファイアリングプレートとエジェクターの影響でリム周りはすぐにボロボロになるが、そうなったら好調な作動は期待できない。リムが変形しエキストがしっかりくわえられないためと思うが、エジェクト不良が多発。また、不発も多くなる。
 だんだんと調子が落ちてきたら、まずカートを疑った方がいい。思い切って新品カートに交換しよう。
 といってもこのモデルのカートは1個200円と結構いいお値段。ましてやケース部は無傷とくるとなんとも惜しくて簡単に購入する気にはなれない。
 本体価格が比較的リーズナブルで、かつ、発火を楽しめる金属長物としてはほとんど唯一の存在であるだけに、消耗品であるカートの価格及び供給にも配慮が欲しい。マルシンさんにはぜひカートの価格を落としていただくか、あるいはリムのみを単独で発売していただくことを切に望む。

◎ガス抜きバイパスを広げよう。
 バレルには2箇所ガスバイパス用の穴が開けられている。この前後の穴と穴の間を深く掘るとガスの通り道が広くなり、ガスが抜けやすくなる。
 もちろん3ミリも掘れば改造防止用インサートの鋼材に当たるのでそれ以上は無理だが、それでも効果は高い。がんばってみよう。

 ムービーに関して補足。
 20連射が目標であったが、どうしても途中で不発やエジェクト不良が発生し、今回も14、5連射が最高かな・・・。紹介しているのは3カット+スローが1カット。
 なお、トリガーガードが下がっているのはご愛嬌^^;。
 PCが新しくなりスローでも音を入れることが可能となったが、これが結構迫力ある。見ていると頭の中が「ヒート」になり、私、かなり気に入っている(意味不明)。


_________________
Cerwyn

Hobby collector of Replica model guns and Militaria.
also member of Living History Reenactment Groups.
Back to top Go down
View user profile http://mp40modelguns.forumotion.net
 
Shiraaya's Definitive Guide ... Review & Tuning Mods
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1
 Similar topics
-
» Plasti-Dip
» GYTR exhaust
» 2010-2011 GSX1250FA tuning
» Info for Yamaha CVT clutch tuning and mods.
» GTiR buying & tuning guide

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
MP40's Modelguns Forum :: Marushin Modelguns :: Marushin M16/XM177 Series Modelguns-
Jump to: